目次
第1章 あ~そ
あいいん 合印 「あいじるし」とも読む
あいしん 哀心
あいしん 愛心
あいれん 愛憐
あしよわ 足弱
あん 案 案文ともいう
あんもん 案文 案ともいう
い 移
いけん 意見 異見とも書く
いけんふうじ 意見封事
いみけもんじょ 伊美家文書
うれひあはれみ 䘏
えい 咏 詠と同字
えん 焉
かじょう 款状 「かんじょう」とも読む 欵状とも書く
かっせんておいちゅうもん 合戦手負注文 合戦太刀討注文ともいう
がひょう 賀表
かんもん 勘文 「かもん」とも読む
がんもん 願文 願書・願状・祈願状・祈願文ともいう
ぎしょ 偽書
きしんじょう 寄進状
きしんふだ 寄進札
きょうこう 向後 「こうご」とも読む
くぜんあん 口宣案
くほん 九品 「くぼん」とも読む
げ 解 解状・解文ともいう
けい 啓
げかん 下浣
げゆ 解由 解由状ともいう。
げゆじょう 解由状 解由ともいう
けんもつちょう 献物帳
こきゃくじょう 沽却状
こ 孤
こくづけ 刻付
こけん 沽券 估券・売券・沽却状・避状ともいう
こもんじょ 古文書
ごようじょう 御用状 御用書ともいう
ささえじょう 支状 陳状ともいう
さしがみ 差紙 指紙(さしがみ)とも書く
さりじょう 去状
さりぶみ 去文
し 使 「しむ」「せしむ」とも読む
しし 偲偲
じじん 慈仁
しぜん 自然 「じねん」とも読む
じっせんきゅうこう(じつせんきうかう) 實踐躬行
しひ 誣ひ
じひょう 辞表
しぼ 思慕
じゅんたつ 順達
しょうしょ 詔書 「みことのり」とも読む
じょうしんもんじょ 上申文書
しょうそくせんげ 消息宣下
じょうだいとくしゅかなづかい 上代特殊仮名遣
じょうだいよう 上代様
しょうもん 正文
しょき 庶幾
しょゐ 所為
しりょう 史料
しんらい 賑賚
すべて 都而 凡而とも書く
せがれ 世忰 倅・伜・悴・忰・躮とも書く
せきでんそうししょしゅうたはらもんじょ 碩田叢史所収田原文書
せっし 切至
せにゅうじょう 施入状 
ぜん 然
ぜんじん 全人
せんみょう 宣命
せんもん 占文
そう 奏
そうじしき 奏事式
そうまちだいちょう 惣町大帳(享保3~文久2)
第2章 た~ん
たっし 達
てつぎもんじょ 手継文書
てつぎじょう 手継状
てつぎしょうもん 手継証文
てつぎけんもん 手継券文
つけたり 附
ちんじょう 陳状 支状・答状ともいう
ちょく 勅 勅旨ともいう
ちょうじょう 重畳
ちゃくとう 着到
だんそう 弾奏
どだい 土代
とぜん 徒然
なにかど 何角 何廉とも書く
なんぎ 難儀
にちじかんもん 日時勘文 風記ともいう
にはく 二白 二伸(しん)・追白・追申ともいう
にょほうぎょう 如法経
にょほうきょうりょうそくきしんふだ 如法経料足寄進札
ねんごうかんもん 年号勘文
のみ 而已 而己・而とも書く
ばいけん 買券
ばいけん 売券 沽券・估券・沽却状・売却状・売券状ともいう
ばいけんじょう 売券状 売券・沽券ともいう
はたらく 動・〔魚各〕・〔魚客〕・〔食客〕
はんせつのほう 反切の法
ひえきしき 飛駅式
ひっきょう 畢竟
ひょう 表
ひょうせんぶん 表箋文
ひょうびゃく 表白
ひょうぶん 表文
ひょうりのしょうもん 表裏の証文
ひらがな 平仮名
ひんく 貧窶
びんそう 便奏
びんそうしき 便奏式
ふ 孚
ふしん 普請
ふどき 風土記
ふよげゆじょう 不与解由状
ふれじょう 触(觸)状
ぶんげん 分限 「ぶげん」ともいう
ぶんしょ (もんじょ) 文書
へんたいがな 変体仮名
ぼうしょ 謀書
ほうばい 傍輩 朋輩とも書く
ぼうはん 謀判
ほのき 風記
まんようがな 万葉仮名
みくだりはん 三行半
みもち 身持
めい 明
もうしじょう 申状 言上状ともいう
もうしぶみ 申文 申状・解文ともいう
もんちゅうかんもん 問注勘文
もんちゅうじょう 問注状
や 乎
やしなふ 鞠
りえんじょう 離縁状
りゅうてい 流涕
りょうけん 了簡
りょうばう 凌暴
りん 稟
れんけん 連券 →手継証文
ろんそう 論奏
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

72 / 139ページ

そうまちだいちょう 惣町大帳(享保3~文久2)

惣町大帳 そうまちだいちょう。 奥平豊前中津藩・中津惣町町会所記録。

 享保3年~文久2年までの奥平豊前中津藩の中津惣町の町会所記録。

 146年間110冊が現存(但し、欠年あり)。

 

〔惣町大帳 総目録〕

1.享保3年6月~8月 (1)半田隆夫校訂

2.享保3年9月~同4年 (2)同上

3.享保5年1月~    (3)同上

4.享保9年1月~    (4)同上

5.享保10年       (4)同上

6.寛保3・4年     (4)同上

7.延享2・3・4年   (4)同上

8.寛延2年~宝暦3年  (5)同上

9.宝暦2年~同6年   (6)同上

 

 

(製作中)

 

 


たっし 達

 たっし。 御達。御沙汰・申渡し、ともいう。

 達は、通知・告げ知らせること。

 上意下達・下意上達の双方が見られるが、名詞として使われる場合は、一般に、公的な通知あるいは法度・命令など関係官庁への通知をさす。

 御達は、江戸幕府の法令のうち関係官庁または関係者のみに通達する書付けをいう。

 これに対して、比較的広く一般に触れるものは触(ふれ)・触書(ふれがき)といった。

 達には、口達・口達書・演達などの用法があり、達が口頭でなされる場合は、それを口達(くだつ。「こうたつ」「こうだつ」とも読む)といい、文書でなされる時はその文書を達書(たっしがき)などという。

 

(製作中)

 


てつぎもんじょ 手継文書

手継文書 てつぎもんじょ。 →手継證文。


てつぎじょう 手継状

手継状 てつぎじょう。 →手継證文。


てつぎしょうもん 手継証文

手継證文 てつぎしょうもん。 手継証文とも書く。手継文書(てつぎもんじょ)・手継文・手継状(てつぎじょう)・手継券文(けんもん)・連券ともいう。

 平安時代末期より中世を通じて使用された権利伝承を証明する文書。

 平安・鎌倉時代以降、私的土地所有の発展に伴い、荘園の所職や名田など、すべてその土地の諸権利を主張するに際しては、その権利の正当な入手を証明し得る文書類が必要であった。権利の移転を明示する売券・譲状・寄進状また紛失状など、既存の文書をはじめ、訴訟の裁許状や安堵状・判物などを含む全部が代々相うけて伝えられて、その永続的な権利を証明するものとなった。これらの一連の一括文書を手継証文とよぶ。土地私有制成立以後、不動産移転の際に、その財産が旧所有者のもとに相伝された由来を立証することが必要となり、以前の譲状や売券を一括して新所有者に手渡した。原物を渡すことができない場合は、写しを作製し証判を加えて渡した。この一連の文書は、時代順に貼り合わせてあり、なかには数世紀に及ぶものもあった。

(製作中)



読者登録

日本史の森さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について