目次
あいいん 合印 「あいじるし」とも読む
あしよわ 足弱
あん 案 案文ともいう
あんもん 案文 案ともいう
い 移
いけん 意見 異見とも書く
いけんふうじ 意見封事
いみけもんじょ 伊美家文書
かじょう 款状 「かんじょう」とも読む 欵状とも書く
かっせんておいちゅうもん 合戦手負注文 合戦太刀討注文ともいう
がひょう 賀表
かんもん 勘文 「かもん」とも読む
がんもん 願文 願書・願状・祈願状・祈願文ともいう
ぎしょ 偽書
きしんじょう 寄進状
きしんふだ 寄進札
きょうこう 向後 「こうご」とも読む
くぜんあん 口宣案
げ 解 解状・解文ともいう
けい 啓
げゆ 解由 解由状ともいう。
げゆじょう 解由状 解由ともいう
けんもつちょう 献物帳
こきゃくじょう 沽却状
こけん 沽券 估券・売券・沽却状・避状ともいう
こもんじょ 古文書
こ 孤
ごようじょう 御用状 御用書ともいう
ささえじょう 支状 陳状ともいう
さりじょう 去状
さりぶみ 去文
しぜん 自然 「じねん」とも読む
じひょう 辞表
じゅんたつ 順達
しょうしょ 詔書 「みことのり」とも読む
じょうしんもんじょ 上申文書
しょうそくせんげ 消息宣下
じょうだいとくしゅかなづかい 上代特殊仮名遣
じょうだいよう 上代様
しょうもん 正文
しょゐ 所為
しりょう 史料
すべて 都而 凡而とも書く
せきでんそうししょしゅうたはらもんじょ 碩田叢史所収田原文書
せにゅうじょう 施入状 
せんみょう 宣命
せんもん 占文
そう 奏
そうじしき 奏事式
そうまちだいちょう 惣町大帳(享保3~文久2)
たっし 達
だんそう 弾奏
ちゃくとう 着到
ちょうじょう 重畳
ちょく 勅 勅旨ともいう
ちんじょう 陳状 支状・答状ともいう
つけたり 附
てつぎけんもん 手継券文
てつぎじょう 手継状
てつぎしょうもん 手継証文
てつぎもんじょ 手継文書
どだい 土代
なんぎ 難儀
にちじかんもん 日時勘文 風記ともいう
にょほうぎょう 如法経
にょほうきょうりょうそくきしんふだ 如法経料足寄進札
ねんごうかんもん 年号勘文
ばいけん 買券
ばいけん 売券 沽券・估券・沽却状・売却状・売券状ともいう
ばいけんじょう 売券状 売券・沽券ともいう
はんせつのほう 反切の法
ひえきしき 飛駅式
ひっきょう 畢竟
ひょう 表
ひょうせんぶん 表箋文
ひょうびゃく 表白
ひょうぶん 表文
ひょうりのしょうもん 表裏の証文
ひらがな 平仮名
びんそう 便奏
びんそうしき 便奏式
ふしん 普請
ふどき 風土記
ふよげゆじょう 不与解由状
ぶんげん 分限 「ぶげん」ともいう
ぶんしょ (もんじょ) 文書
へんたいがな 変体仮名
ぼうしょ 謀書
ほうばい 傍輩 朋輩とも書く
ぼうはん 謀判
ほのき 風記
まんようがな 万葉仮名
みくだりはん 三行半
みもち 身持
もうしじょう 申状 言上状ともいう
もうしぶみ 申文 申状・解文ともいう
もんちゅうかんもん 問注勘文
もんちゅうじょう 問注状
りえんじょう 離縁状
りょうけん 了簡
りょうばう 凌暴
れんけん 連券 →手継証文
ろんそう 論奏
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

33 / 104ページ

じひょう 辞表

辞表 じひょう。

 

 職を辞する際、その旨を書いて差出す文書。

 辞表は、摂政・関白を辞する場合によくみられる。

 摂政・関白などが辞職する場合には、三度、表を奉ってのちに勅許されるのが慣例であった。

(製作中)

 


じゅんたつ 順達

順達 じゅんたつ。

 廻状などを、順次、当事者間で送達すること。

 近世、法令の布達にあたっては、多くこの方法によった。

(製作中)


しょうしょ 詔書 「みことのり」とも読む

詔書 しょうしょ。 「みことのり」とも読む。

 天皇の命令を伝え下す文書の一つ。

 文武四(700)年六月、刑部親王・藤原不比等らに、大宝律令を撰定させ、禄を賜った。

 大宝元(701)年八月、律令の撰定が完成し、刑部親王・藤原不比等らに禄を賜った。

 大宝律令の全文は伝存しないが、令集解などにより、その条文の一部を知ることができる。大宝令では、皇帝の勅命下達のための公文書に、詔書・勅旨の二種と、べつに勅符なるものがあったらしい。

 大宝令の字句として復元できる文字に、A「御宇日本天皇詔旨」、B「御宇」、C「御大八洲」、D「天皇詔旨」、E「詔書(ヵ)」がある。

 また、大宝令の施行期間では、イ「現神御宇倭根子天皇詔旨」四例、ロ「現神大八洲御宇(所知)倭根子天皇詔旨」三例、ハ「天皇詔旨(大命)」六例がある(昭和51年12月 井上光貞ほか校注『律令』岩波書店)。

 天平勝宝九(757)年五月、養老律令が施行された。

 『令義解』(りょうのぎげ、養老令の官撰註釈書)には、「詔書勅旨(ちょくし)同じく是れ綸言なり、但し臨時の大事を詔と為し、尋常の小事を勅と為す也」と説明されている。

 改元・改銭・大赦をはじめ、外国使臣に命を伝える場合、神社・山陵(さんりょう)の告文(こうもん)、立后太子、任大臣節会(せちえ)、五位以上の叙位(じょい)など、臨時の大事に用いられる。

 詔書と勅旨をどのような場合に使い分けるかについては、集解に諸説があり、これを大別すると、①臨時の場合に詔書を用い、尋常には勅旨を用いる(古記・朱説所引貞説)、②大事に詔書を、小事に勅旨を用いる(跡記)、③臨時の大事に詔書を、尋常の小事に勅旨を用いる(義解)、④宣命すべきときに詔書を、然らざるときに勅旨を用いる(穴記私案・朱説)等となる。

 

〇詔書の作成手続きと頒行(はんこう)方法

 詔勅(しょうちょく)発布の事を直接担当するのは中務省で、まず中務省の内記(ないき)が起草し、卿・大輔・少輔が連署して天皇のお手許にさし出し、御裁可の標(しるし)である御畫日(ごかくじつ、日付のうち日の数字を宸筆で記入された)をいただく。これは中務省に留めて案(控)とし、その写に中務卿・中務大輔・中務少輔が署名し、それぞれの署名の下に「宣(せん)」「奉」「行」と書き、中務印を押して太政官(だいじょうかん)に送る。

 

(製作中)

 


じょうしんもんじょ 上申文書

上申文書 じょうしんもんじょ

 身分の低い者より上位の者へ、下級官庁より上級官庁へと、下から上へ向かって差出す文書。

 古代・中世では、解(げ)・表(ひよう)・奏・勘文・申状(もうしじょう)・訴状・陳状・挙状・着到状・軍忠状(ぐんちゅうじょう)・請状・巻数(かんず)・願文・寄進状などが、その主なものであった。

 いずれも、上位へ向って書くものであるから、文章・文字ともに丁寧に書いてあり、読みやすい文書が多い。

 公式令は、符(ふ、上位下達文書)に対する下から上に出す文書の様式を三種規定している。

 一は解で、上下支配関係にある役所間での下の役所から上の役所に出すもの、二は牒(ちょう)で、すべて主典(さかん、四等官制の第四等官)以上の官吏が役所に申達するもの。三が辞で、四等官に属しない下級官吏(当時、雑任(ぞうにん)と総称した)が役所に申達するものである。そして、牒は、そのうえにさらに僧綱(全国寺院の統轄機関)および三綱(各寺院の中枢機関)が役所と文書を取り交わす場合に用いることとされた。

 ところが、実際は、この規定はあまり守られなかったらしく、官吏も役所も含めて、すべて下から上に差出す場合には、もっぱら、解が用いられるようになり、牒ははじめ副次的機能とされた僧綱・三綱と役所との応答に用いられ、さらに進んで、官制上、上下関係のあきらかでない役所の間にも用いられるようになった。(参考文献;左藤進一『古文書学入門』)

(製作中)


しょうそくせんげ 消息宣下

消息宣下 しょうそくせんげ。

 消息(書状)によって叙位・任官、その他朝議の結果を伝達すること。

 平安時代末期以降、朝議を決定する陣座(じんのざ)が省略される場合、決定事項は、口宣案に職事(しきじ)・上卿(しょうけい)・弁官などの消息を添えて伝達されるようになった。

 この方法で叙位される場合は、位記のかわりに口宣案が本人に手渡された。

(製作中)



読者登録

日本史の森さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について