目次
あいいん 合印 「あいじるし」とも読む
あしよわ 足弱
あん 案 案文ともいう
あんもん 案文 案ともいう
い 移
いけん 意見 異見とも書く
いけんふうじ 意見封事
いみけもんじょ 伊美家文書
かじょう 款状 「かんじょう」とも読む 欵状とも書く
かっせんておいちゅうもん 合戦手負注文 合戦太刀討注文ともいう
がひょう 賀表
かんもん 勘文 「かもん」とも読む
がんもん 願文 願書・願状・祈願状・祈願文ともいう
ぎしょ 偽書
きしんじょう 寄進状
きしんふだ 寄進札
きょうこう 向後 「こうご」とも読む
くぜんあん 口宣案
げ 解 解状・解文ともいう
けい 啓
げゆ 解由 解由状ともいう。
げゆじょう 解由状 解由ともいう
けんもつちょう 献物帳
こきゃくじょう 沽却状
こけん 沽券 估券・売券・沽却状・避状ともいう
こもんじょ 古文書
こ 孤
ごようじょう 御用状 御用書ともいう
ささえじょう 支状 陳状ともいう
さりじょう 去状
さりぶみ 去文
しぜん 自然 「じねん」とも読む
じひょう 辞表
じゅんたつ 順達
しょうしょ 詔書 「みことのり」とも読む
じょうしんもんじょ 上申文書
しょうそくせんげ 消息宣下
じょうだいとくしゅかなづかい 上代特殊仮名遣
じょうだいよう 上代様
しょうもん 正文
しょゐ 所為
しりょう 史料
すべて 都而 凡而とも書く
せきでんそうししょしゅうたはらもんじょ 碩田叢史所収田原文書
せにゅうじょう 施入状 
せんみょう 宣命
せんもん 占文
そう 奏
そうじしき 奏事式
そうまちだいちょう 惣町大帳(享保3~文久2)
たっし 達
だんそう 弾奏
ちゃくとう 着到
ちょうじょう 重畳
ちょく 勅 勅旨ともいう
ちんじょう 陳状 支状・答状ともいう
つけたり 附
てつぎけんもん 手継券文
てつぎじょう 手継状
てつぎしょうもん 手継証文
てつぎもんじょ 手継文書
どだい 土代
なんぎ 難儀
にちじかんもん 日時勘文 風記ともいう
にょほうぎょう 如法経
にょほうきょうりょうそくきしんふだ 如法経料足寄進札
ねんごうかんもん 年号勘文
ばいけん 買券
ばいけん 売券 沽券・估券・沽却状・売却状・売券状ともいう
ばいけんじょう 売券状 売券・沽券ともいう
はんせつのほう 反切の法
ひえきしき 飛駅式
ひっきょう 畢竟
ひょう 表
ひょうせんぶん 表箋文
ひょうびゃく 表白
ひょうぶん 表文
ひょうりのしょうもん 表裏の証文
ひらがな 平仮名
びんそう 便奏
びんそうしき 便奏式
ふしん 普請
ふどき 風土記
ふよげゆじょう 不与解由状
ぶんげん 分限 「ぶげん」ともいう
ぶんしょ (もんじょ) 文書
へんたいがな 変体仮名
ぼうしょ 謀書
ほうばい 傍輩 朋輩とも書く
ぼうはん 謀判
ほのき 風記
まんようがな 万葉仮名
みくだりはん 三行半
みもち 身持
もうしじょう 申状 言上状ともいう
もうしぶみ 申文 申状・解文ともいう
もんちゅうかんもん 問注勘文
もんちゅうじょう 問注状
りえんじょう 離縁状
りょうけん 了簡
りょうばう 凌暴
れんけん 連券 →手継証文
ろんそう 論奏
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

36 / 104ページ

じょうしんもんじょ 上申文書

上申文書 じょうしんもんじょ

 身分の低い者より上位の者へ、下級官庁より上級官庁へと、下から上へ向かって差出す文書。

 古代・中世では、解(げ)・表(ひよう)・奏・勘文・申状(もうしじょう)・訴状・陳状・挙状・着到状・軍忠状(ぐんちゅうじょう)・請状・巻数(かんず)・願文・寄進状などが、その主なものであった。

 いずれも、上位へ向って書くものであるから、文章・文字ともに丁寧に書いてあり、読みやすい文書が多い。

 公式令は、符(ふ、上位下達文書)に対する下から上に出す文書の様式を三種規定している。

 一は解で、上下支配関係にある役所間での下の役所から上の役所に出すもの、二は牒(ちょう)で、すべて主典(さかん、四等官制の第四等官)以上の官吏が役所に申達するもの。三が辞で、四等官に属しない下級官吏(当時、雑任(ぞうにん)と総称した)が役所に申達するものである。そして、牒は、そのうえにさらに僧綱(全国寺院の統轄機関)および三綱(各寺院の中枢機関)が役所と文書を取り交わす場合に用いることとされた。

 ところが、実際は、この規定はあまり守られなかったらしく、官吏も役所も含めて、すべて下から上に差出す場合には、もっぱら、解が用いられるようになり、牒ははじめ副次的機能とされた僧綱・三綱と役所との応答に用いられ、さらに進んで、官制上、上下関係のあきらかでない役所の間にも用いられるようになった。(参考文献;左藤進一『古文書学入門』)

(製作中)


しょうそくせんげ 消息宣下

消息宣下 しょうそくせんげ。

 消息(書状)によって叙位・任官、その他朝議の結果を伝達すること。

 平安時代末期以降、朝議を決定する陣座(じんのざ)が省略される場合、決定事項は、口宣案に職事(しきじ)・上卿(しょうけい)・弁官などの消息を添えて伝達されるようになった。

 この方法で叙位される場合は、位記のかわりに口宣案が本人に手渡された。

(製作中)


じょうだいとくしゅかなづかい 上代特殊仮名遣

上代特殊仮名遣 じょうだいとくしゅかなづかい。

 

 奈良時代、仮名で書く音節の音には、母音に二種の別があり、それをかき分ける万葉仮名の使い方を上代特殊仮名遣という。

 平安時代以後にはエキケコソトノヒヘミメヨロおよびその濁音合計20の仮名で書く音節の音が、奈良時代にはそれぞれ二類に分かれて(古事記にはモの仮名も)、エはア行、ヤ行の別、他は母音の二種の別で、それを書き分ける万葉仮名の使い方があり、その仮名文字を、エ以外、甲類・乙類と名付けられている。
  江戸時代に、石塚竜麿が、このような奈良時代の特殊な仮名遣いを発見し、明治末期に橋本進吉が別個に研究して石塚の硏究を世に紹介した。

 

(製作中)


じょうだいよう 上代様

上代様 じょうだいよう。

 平安時代中期の純日本風の仮名書。

 日本の書は、中国から渡来した書風を基礎としながら、十世紀の中頃から、日本化の傾向が現われ、十一世紀初頭に至って、上代様と呼ばれる和様書道の完成をみた。その書家として、小野道風・藤原佐理・藤原行成らが代表的。

 また、藤原行成の後を受けた世尊寺流、藤原忠通の法性寺流などをもさす。

 これは、尊円親王の流れを汲む青蓮院流ないし御家流からみると、きわめて古い日本風とみなされる。

(製作中)




しょうもん 正文

正文 しょうもん。

 差出者と受取者との間に意志を伝達するために発給される文書の原本。

 草案・土代(どだい)・案・案文(あんもん)などの下書が差出者の手許に残るのに対し、受取者である名充人に直接発給され、相手方に送られる。

 また、正文の控も、案・案文といい、はじめ案文として作成されたものが、正文紛失のとき、正文に準じて取扱われることもあった。

 ほかに、写・控などの正文を書き写したものもある。

(製作中)



読者登録

日本史の森さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について