目次
あいいん 合印 「あいじるし」とも読む
あしよわ 足弱
あん 案 案文ともいう
あんもん 案文 案ともいう
い 移
いけん 意見 異見とも書く
いけんふうじ 意見封事
いみけもんじょ 伊美家文書
かじょう 款状 「かんじょう」とも読む 欵状とも書く
かっせんておいちゅうもん 合戦手負注文 合戦太刀討注文ともいう
がひょう 賀表
かんもん 勘文 「かもん」とも読む
がんもん 願文 願書・願状・祈願状・祈願文ともいう
ぎしょ 偽書
きしんじょう 寄進状
きしんふだ 寄進札
きょうこう 向後 「こうご」とも読む
くぜんあん 口宣案
げ 解 解状・解文ともいう
けい 啓
げゆ 解由 解由状ともいう。
げゆじょう 解由状 解由ともいう
けんもつちょう 献物帳
こきゃくじょう 沽却状
こけん 沽券 估券・売券・沽却状・避状ともいう
こもんじょ 古文書
こ 孤
ごようじょう 御用状 御用書ともいう
ささえじょう 支状 陳状ともいう
さりじょう 去状
さりぶみ 去文
しぜん 自然 「じねん」とも読む
じひょう 辞表
じゅんたつ 順達
しょうしょ 詔書 「みことのり」とも読む
じょうしんもんじょ 上申文書
しょうそくせんげ 消息宣下
じょうだいとくしゅかなづかい 上代特殊仮名遣
じょうだいよう 上代様
しょうもん 正文
しょゐ 所為
しりょう 史料
すべて 都而 凡而とも書く
せきでんそうししょしゅうたはらもんじょ 碩田叢史所収田原文書
せにゅうじょう 施入状 
せんみょう 宣命
せんもん 占文
そう 奏
そうじしき 奏事式
そうまちだいちょう 惣町大帳(享保3~文久2)
たっし 達
だんそう 弾奏
ちゃくとう 着到
ちょうじょう 重畳
ちょく 勅 勅旨ともいう
ちんじょう 陳状 支状・答状ともいう
つけたり 附
てつぎけんもん 手継券文
てつぎじょう 手継状
てつぎしょうもん 手継証文
てつぎもんじょ 手継文書
どだい 土代
なんぎ 難儀
にちじかんもん 日時勘文 風記ともいう
にょほうぎょう 如法経
にょほうきょうりょうそくきしんふだ 如法経料足寄進札
ねんごうかんもん 年号勘文
のみ 而已 而己・而とも書く
ばいけん 買券
ばいけん 売券 沽券・估券・沽却状・売却状・売券状ともいう
ばいけんじょう 売券状 売券・沽券ともいう
はたらく 動・〔魚各〕・〔魚客〕・〔食客〕
はんせつのほう 反切の法
ひえきしき 飛駅式
ひっきょう 畢竟
ひょう 表
ひょうせんぶん 表箋文
ひょうびゃく 表白
ひょうぶん 表文
ひょうりのしょうもん 表裏の証文
ひらがな 平仮名
びんそう 便奏
びんそうしき 便奏式
ふしん 普請
ふどき 風土記
ふよげゆじょう 不与解由状
ぶんげん 分限 「ぶげん」ともいう
ぶんしょ (もんじょ) 文書
へんたいがな 変体仮名
ぼうしょ 謀書
ほうばい 傍輩 朋輩とも書く
ぼうはん 謀判
ほのき 風記
まんようがな 万葉仮名
みくだりはん 三行半
みもち 身持
もうしじょう 申状 言上状ともいう
もうしぶみ 申文 申状・解文ともいう
もんちゅうかんもん 問注勘文
もんちゅうじょう 問注状
りえんじょう 離縁状
りょうけん 了簡
りょうばう 凌暴
れんけん 連券 →手継証文
ろんそう 論奏
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

44 / 106ページ

せきでんそうししょしゅうたはらもんじょ 碩田叢史所収田原文書

碩田叢史所収田原文書 せきでんそうししょしゅうたはらもんじょ。

 碩田叢史は、後藤碩田(文化2~明治15)の著述および採集した史料を筆録した五百余冊におよぶ叢書。

 所収の田原文書は、天保14(1843)年5月に、「豊後古文章」として碩田叢史に収録されたもので、その目録に、「田原家文章 杵築家中入江孫三郎家蔵之内ゆゑ阿りて此分所〃散在せしを写三千八百通之中と云云」とあって、田原家文書三十八点および断簡・年月日花押部分のみの書写多数が収録されている。

(製作中)




せにゅうじょう 施入状 

施入状 せにゅうじょう。

 

 社寺に資財・所領などを寄進する際、寄進・施入の品目と趣意を記して奉った文書。

 古くは、献物帳ともよばれ、のちには、寄進状ともいわれた。

 施主の長寿延命・所願成就、死者の冥福、仏教興隆・報恩・天下泰平・外敵撃滅などの祈願のため、田畠・荘園・敷地・布帛などの施入品目を書上げ、そのあとに施入の趣意を願文の形式で記し、起請・誓約の詞を副える場合が多い。起請の詞は、のちの起請文の先駆形態をなしている。

 天平感宝元(749)年閏五月廿日の聖武天皇が南都諸大寺などに、絁(あしぎぬ)・綿・布・稲・水田を喜捨した際に作った施入状が最も古いものといわれる。

 天平勝宝八(756)年、孝謙天皇が先帝の聖武天皇御物を東大寺に施入するにあたって作った献物帳には、現在の正倉院御物が書き上げられている。

(製作中)


せんみょう 宣命

宣命 せんみょう。

 「宣命」は、天皇が宣(の)りたまう大命(おおみこと、命令)の意で、天皇の命令を漢文だけの和文体で記した文書。

 もともと、君主の意思を人民に下達(かたつ)するには、直接人民を集めて呼びかける(宣誥せんこうする)ものであったから、その伝統が残って、文字をもって詔勅(しょうちょく)を作る段階になっても、やはりこれを人民に読み聞かせる(命を宣る=勅命を宣読する)形式をとった。

 元来、宣命は、勅命を宣読することであったが、それが宣読せられる文書の名称となった。

 公式令に䂓定されている詔書五型はすべて宣命体であるが、大宝公式令制定後、まもなく、漢文体詔書が作成されるようになり、平安時代以降、区別して、その漢文体のものが、もっぱら、詔書と称せられ、和文体のものは特に宣命と呼ばれた。この文体を宣命体(たい)、その表記法を宣命書(がき)、また宣命を読み上げる使者を宣命使(し)、宣命を記す紙を宣命紙(し)という。

 宣命体は、詔書を、官吏・人民に宣(の)り聞かせるため、漢字を訓読みし、万葉仮名によって天爾遠波(てにをは)を付し、細字で右によせて書く、一種独特の和文体で書かれた。

 平安時代以降、貴族層に漢文体が普及し、宣命体は、神社・山陵への告文、践祚大嘗祭(せんそだいじょうさい)の時などに用いるものとされ、以前の用語が固定し、次第にこの文体が宣命体といわれ、宣命体で書くことを宣命書キというようになった。

 漢字を仮借(かしゃ、適当する漢字がないとき同音の他の漢字を借りて宛て用いる)して、国語を写し、漢文を国語風に読み下すのは、あたかも、朝鮮古代の吏讀(りと、吏道とも吏吐とも書き、漢字の音訓を借りて朝鮮語を記すのに用いたもので、新羅の神文王の時、薛聰によって創められたという)と同様の遣り方で、これを弘く利用して日本独特の国文を創り出した。

 

(製作中)


せんもん 占文

占文 せんもん。

 

 占卜の結果を注記して差出す文書。

 占文は「占いの表にあらわれた文言」の意もあるが、王朝時代、中国の風を承け、天然人文の変異は時の政治に対する神意が現れるものとして、変異の吉凶を神祇官と陰陽寮(おんみょうりょう)に占わしめた。この時、その結果を記して差出す文書。

(製作中)






 
 

 


そう 奏

 そう

 

 口頭または文書をもって天皇または上皇に申し上げること。

 公式令では、文書をもってするときの書式として、論奏・奏事・便奏・奏弾・飛駅(上式)・奏授位記の各式を定めているが、奏のすべてが文書で行われたとは考えられず、便奏式(びんぞうしき)条に「其口奏者」(其れ口(く)に奏(そう)せむは)とあり、小事については、口奏(くそう、口頭の奏上)も可能であった。太政官が天皇の裁可を得る時に上呈される文書としては、事柄の大小により、論奏式(ろんぞうしき)・奏事式(そうじしき)・便奏式の三書式が定められていた。

 中務省より直接奏するもの(上表)、弾正台より直接奏するもの(奏弾)、密封して奏するものに意見(意見封事)・天文異事(天文密奏)などもあった。

(製作中)



読者登録

日本史の森さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について