目次
あいいん 合印 「あいじるし」とも読む
あしよわ 足弱
あん 案 案文ともいう
あんもん 案文 案ともいう
い 移
いけん 意見 異見とも書く
いけんふうじ 意見封事
いみけもんじょ 伊美家文書
かじょう 款状 「かんじょう」とも読む 欵状とも書く
かっせんておいちゅうもん 合戦手負注文 合戦太刀討注文ともいう
がひょう 賀表
かんもん 勘文 「かもん」とも読む
がんもん 願文 願書・願状・祈願状・祈願文ともいう
ぎしょ 偽書
きしんじょう 寄進状
きしんふだ 寄進札
きょうこう 向後 「こうご」とも読む
くぜんあん 口宣案
げ 解 解状・解文ともいう
けい 啓
げゆ 解由 解由状ともいう。
げゆじょう 解由状 解由ともいう
けんもつちょう 献物帳
こきゃくじょう 沽却状
こけん 沽券 估券・売券・沽却状・避状ともいう
こもんじょ 古文書
こ 孤
ごようじょう 御用状 御用書ともいう
ささえじょう 支状 陳状ともいう
さりじょう 去状
さりぶみ 去文
しぜん 自然 「じねん」とも読む
じひょう 辞表
じゅんたつ 順達
しょうしょ 詔書 「みことのり」とも読む
じょうしんもんじょ 上申文書
しょうそくせんげ 消息宣下
じょうだいとくしゅかなづかい 上代特殊仮名遣
じょうだいよう 上代様
しょうもん 正文
しょゐ 所為
しりょう 史料
すべて 都而 凡而とも書く
せきでんそうししょしゅうたはらもんじょ 碩田叢史所収田原文書
せにゅうじょう 施入状 
せんみょう 宣命
せんもん 占文
そう 奏
そうじしき 奏事式
そうまちだいちょう 惣町大帳(享保3~文久2)
たっし 達
だんそう 弾奏
ちゃくとう 着到
ちょうじょう 重畳
ちょく 勅 勅旨ともいう
ちんじょう 陳状 支状・答状ともいう
つけたり 附
てつぎけんもん 手継券文
てつぎじょう 手継状
てつぎしょうもん 手継証文
てつぎもんじょ 手継文書
どだい 土代
なんぎ 難儀
にちじかんもん 日時勘文 風記ともいう
にょほうぎょう 如法経
にょほうきょうりょうそくきしんふだ 如法経料足寄進札
ねんごうかんもん 年号勘文
ばいけん 買券
ばいけん 売券 沽券・估券・沽却状・売却状・売券状ともいう
ばいけんじょう 売券状 売券・沽券ともいう
はんせつのほう 反切の法
ひえきしき 飛駅式
ひっきょう 畢竟
ひょう 表
ひょうせんぶん 表箋文
ひょうびゃく 表白
ひょうぶん 表文
ひょうりのしょうもん 表裏の証文
ひらがな 平仮名
びんそう 便奏
びんそうしき 便奏式
ふしん 普請
ふどき 風土記
ふよげゆじょう 不与解由状
ぶんげん 分限 「ぶげん」ともいう
ぶんしょ (もんじょ) 文書
へんたいがな 変体仮名
ぼうしょ 謀書
ほうばい 傍輩 朋輩とも書く
ぼうはん 謀判
ほのき 風記
まんようがな 万葉仮名
みくだりはん 三行半
みもち 身持
もうしじょう 申状 言上状ともいう
もうしぶみ 申文 申状・解文ともいう
もんちゅうかんもん 問注勘文
もんちゅうじょう 問注状
りえんじょう 離縁状
りょうけん 了簡
りょうばう 凌暴
れんけん 連券 →手継証文
ろんそう 論奏
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

53 / 104ページ

ちゃくとう 着到

着到 ちゃくとう

 

 中世の武士が、軍勢の催促に応じて、または自発的に、馳せ参じること。

 着到は、「所定の場所へ到着する」意で、役所に出勤する官人の姓名を記入した帳簿、また、知行高およびそれに応じて負担すべき人数・武具なとの軍役を銘細に記入した書付けも着到という。

(製作中)


ちょうじょう 重畳

重畳 ちょうじょう。ちょうでふ。

 かさねがさね。かさねたゝむ。重なり合っていること。幾重にも重なること。また、満足である、大変喜ばしいなどの感謝の気持ちを表す時も用いる。この上もなく満足であること。甚だ好都合なこと。

(製作中)


ちょく 勅 勅旨ともいう

 ちょく。 勅旨(ちょくし)ともいう。

 天皇の命を伝える文書。律令制では、天皇が下す仰せごと、またはその文書をいう。

 詔が国家の大事に用いられるのに対し、天皇の意志を表したり、通常の小事を伝える時に使われた。

 すなわち、摂政関白に随身(ずいじん、護衛の従者)を賜り、皇子に源氏の姓を賜り、内親王を三宮(太皇太后・皇太后・皇后)に准ぜられ、封戸(ふこ、ヘヒトとも読む=食封)に充てられる場合などに用いられ、詔書に比べて実際的なものとされていた。

 発行手続きは公式令(くしきりょう)にみえる(公式令には勅書ではなく勅旨とある)。

〔公式令所載の勅旨式〕

勅旨式

勅旨云云

   年 月 日

   中務卿位姓名

   大輔位姓名

   少輔位姓名

奉 勅旨如右。符到奉行。

  年 月 日     史位姓名

大弁位姓名

中弁位姓名

少弁位姓名

 

  勅は、その様式・手続ともに詔書を簡略にしたものではあったが、手続煩瑣のため正式手続による勅はほとんど用いられず(この公式令の勅旨式はその実例をほとんどみない)、のちに、綸旨(りんじ)などがこれにかわって用いられた。

(製作中)


ちんじょう 陳状 支状・答状ともいう

陳状 ちんじょう。 支状(ささえじょう)・答状(とうじょう)とも云う。

 

 中世の法的訴訟の場合に、訴人(原告)より訴状をもって訴えられた論人(被告)が、裁判所よりの問状を受けて、訴状に弁駁(べんばく)するために出す陳弁書(ちんべんしょ)。訴人が提出する訴状に対する語。

 

 中世、訴訟(相論)に際し、訴人(原告)は訴える趣旨を述べた訴状を提出。これに対し、論人(被告)は訴状を弁駁する陳状を提出した。

 この訴状・陳状の応酬を「訴陳を番(つが)う」といい、黒白が決しない場合、公家法では2回、幕府法では3回、繰返すことが認められ、その後に両者を出廷させて対決させ、その結果、裁許(判決)が行われた。三問三答の場合、初度の訴状を初問状または本解、以下、二問状・三問状といい、陳状は支状(ささえじょう)ともいい、初度を初答状、以下を重陳状といい、二答状・三答状とも云った。

 

 

(製作中)






つけたり 附

 つけたり。 「付」とも書く。

 江戸時代、幕府・諸藩が作成・公布した法度・条目・定書・覚などの箇条書の文書のなかで、必要に応じて個別の条文のあとに一段おとして並記して振る付文のこと。付は、条文に必要な補足・説明・執行・事項などについて付記しており、条文の本文と同一の規定効力をもつ。箇条書の条文に付されている但書とほぼ同じもの。なお、一般に「付(つけたり)」は、主なものに対して、それに付け加えたもの・付録・おまけとして添えられたもの・そえもの、の意に用いられる。

(製作中)



読者登録

日本史の森さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について