目次
あいいん 合印 「あいじるし」とも読む
あしよわ 足弱
あん 案 案文ともいう
あんもん 案文 案ともいう
い 移
いけん 意見 異見とも書く
いけんふうじ 意見封事
いみけもんじょ 伊美家文書
かじょう 款状 「かんじょう」とも読む 欵状とも書く
かっせんておいちゅうもん 合戦手負注文 合戦太刀討注文ともいう
がひょう 賀表
かんもん 勘文 「かもん」とも読む
がんもん 願文 願書・願状・祈願状・祈願文ともいう
ぎしょ 偽書
きしんじょう 寄進状
きしんふだ 寄進札
きょうこう 向後 「こうご」とも読む
くぜんあん 口宣案
げ 解 解状・解文ともいう
けい 啓
げゆ 解由 解由状ともいう。
げゆじょう 解由状 解由ともいう
けんもつちょう 献物帳
こきゃくじょう 沽却状
こけん 沽券 估券・売券・沽却状・避状ともいう
こもんじょ 古文書
こ 孤
ごようじょう 御用状 御用書ともいう
ささえじょう 支状 陳状ともいう
さりじょう 去状
さりぶみ 去文
しぜん 自然 「じねん」とも読む
じひょう 辞表
じゅんたつ 順達
しょうしょ 詔書 「みことのり」とも読む
じょうしんもんじょ 上申文書
しょうそくせんげ 消息宣下
じょうだいとくしゅかなづかい 上代特殊仮名遣
じょうだいよう 上代様
しょうもん 正文
しょゐ 所為
しりょう 史料
すべて 都而 凡而とも書く
せきでんそうししょしゅうたはらもんじょ 碩田叢史所収田原文書
せにゅうじょう 施入状 
せんみょう 宣命
せんもん 占文
そう 奏
そうじしき 奏事式
そうまちだいちょう 惣町大帳(享保3~文久2)
たっし 達
だんそう 弾奏
ちゃくとう 着到
ちょうじょう 重畳
ちょく 勅 勅旨ともいう
ちんじょう 陳状 支状・答状ともいう
つけたり 附
てつぎけんもん 手継券文
てつぎじょう 手継状
てつぎしょうもん 手継証文
てつぎもんじょ 手継文書
どだい 土代
なんぎ 難儀
にちじかんもん 日時勘文 風記ともいう
にょほうぎょう 如法経
にょほうきょうりょうそくきしんふだ 如法経料足寄進札
ねんごうかんもん 年号勘文
のみ 而已 而己・而とも書く
ばいけん 買券
ばいけん 売券 沽券・估券・沽却状・売却状・売券状ともいう
ばいけんじょう 売券状 売券・沽券ともいう
はたらく 動・〔魚各〕・〔魚客〕・〔食客〕
はんせつのほう 反切の法
ひえきしき 飛駅式
ひっきょう 畢竟
ひょう 表
ひょうせんぶん 表箋文
ひょうびゃく 表白
ひょうぶん 表文
ひょうりのしょうもん 表裏の証文
ひらがな 平仮名
びんそう 便奏
びんそうしき 便奏式
ふしん 普請
ふどき 風土記
ふよげゆじょう 不与解由状
ぶんげん 分限 「ぶげん」ともいう
ぶんしょ (もんじょ) 文書
へんたいがな 変体仮名
ぼうしょ 謀書
ほうばい 傍輩 朋輩とも書く
ぼうはん 謀判
ほのき 風記
まんようがな 万葉仮名
みくだりはん 三行半
みもち 身持
もうしじょう 申状 言上状ともいう
もうしぶみ 申文 申状・解文ともいう
もんちゅうかんもん 問注勘文
もんちゅうじょう 問注状
りえんじょう 離縁状
りょうけん 了簡
りょうばう 凌暴
れんけん 連券 →手継証文
ろんそう 論奏
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

67 / 106ページ

ねんごうかんもん 年号勘文

年号勘文 ねんごうかんもん。 

 改元にあたって選考の資料として新年号の候補を、諮問を受けた学者らが提出した文書。

 年号は、元号ともいい、一定の元(起算点)を定めて年数を数える方法。中国では、漢の武帝の時から行われた。

 日本では、公式年号以前の法興・白鳳・朱鳥などの逸年号(私年号・偽年号ともいう)も伝えられている。

 法興(591~)は、崇峻天皇四年の年号とされ、白鳳は『続日本紀』にみえる天武天皇時代の年号であるが、正式のものではなかったらしい。

 日本最初の公式年号は、孝徳天皇時代の大化元(645)年とされている。しかし、これは後年に追号されたとする説もあり、大宝元(701)年以降、連続して用いられるようになった。

 古くは、一代の天皇の間に、祥瑞・災害・迷信などにより年号を変えることがしばしば行われた。

 年号勘文の作成者は、文章博士が主で、藤原氏・菅原氏・大江氏の三流が当り、室町時代中期以後、菅原氏が主となった。

 選出した数個の年号を、いちいちその理由を、出典をあげて記したもので、菅原氏と他氏では若干書式が異なる。

 菅原氏は、冒頭の「勘申」「年号事」を二行書きにし、末尾は「年月日・位・官・兼官・名」を記す。

 他氏は、冒頭を「勘申年号事」と一行書きにするほか、末尾は「官・兼官・名」のみを記し、年月日・位は書かない。

 納言以上の者の勘申は、この例によらなかった。

 選出の年号は、中国の古典、漢書・後漢書・史記・晋書・書経・詩経・礼記・文選に依拠する場合が多かった。

 

 

(製作中)

 


のみ 而已 而己・而とも書く

而已 のみ。而己・而とも書く。

 ばかり、だけ等の意。「の身」が原義。平成2年2月(平成6年補訂版第6刷)大野晋「基本助動詞・助詞解説」『岩波古語辞典(補訂版)』に、『のみ 起源的には、連体助詞「の」と「身(み)」との複合によって成った語であろうと思われる。それは、助詞「のみ」は奈良時代にnmの音を表わす万葉仮名で書かれており、「の身」の音と一致すること、また、「のみ」の用法から見て、「の身」つまり「それ自身」と解することが、助詞「のみ」の基本的な理解として適切だからである。つまり、「のみ」は、上に来る体言または体言相当の語について、それ以外の何ものでもないとして強調するのが古い用法である』とある。

 

(製作中)


ばいけん 買券

買券 ばいけん。

 財産の買得証明書。財産の売買を証明する証文を、買主の立場からみた場合に、このような言い方になる(平成13年 松井茂「ばいけん 買券」『古文書用語事典』柏書房)。

(製作中)


ばいけん 売券 沽券・估券・沽却状・売却状・売券状ともいう

売券 ばいけん。沽券・估券・沽却状(こきゃくじょう)・売却状・売券状ともいう。

 土地・家屋・諸職などを売買する時、売主が買主に渡す売却証文。

 律令制下では、土地家屋の売買は、官司の認可が必要で、京では坊令(ぼうれい・ぼうのうながし)・条令、諸国では郷長が売買の事実を記して売買当事者の署判をとり、京職または国郡司に解を提出し、許可をとった。この解が売券で、二通ないし三通、作成し、職国・郡に一通を留め、もう一通は手続終了後、買主に渡された(買人料・買主料・主料などという)。

 平安時代中期以降は、売主が作成して買主に渡す(本公験を副える)私券となり、私的な証人を立てたり、売買当事者間だけで行われるようになった。

 中世、徳政が頻発すると、徳政による売買契約破棄を恐れ、徳政文言を記入したり、寄進状をあわせそなえることもあった。このほか年季売や、買戻権保留の不動産売買(本物返)もあった。

(製作中)


ばいけんじょう 売券状 売券・沽券ともいう

売券状 ばいけんじょう。売券・沽券ともいう。

 財産の売買を行う際に、売買契約の合法的成立を保証するために売主から買主に与える証文をいう。

(製作中)



読者登録

日本史の森さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について