目次
あいいん 合印 「あいじるし」とも読む
あしよわ 足弱
あん 案 案文ともいう
あんもん 案文 案ともいう
い 移
いけん 意見 異見とも書く
いけんふうじ 意見封事
いみけもんじょ 伊美家文書
かじょう 款状 「かんじょう」とも読む 欵状とも書く
かっせんておいちゅうもん 合戦手負注文 合戦太刀討注文ともいう
がひょう 賀表
かんもん 勘文 「かもん」とも読む
がんもん 願文 願書・願状・祈願状・祈願文ともいう
ぎしょ 偽書
きしんじょう 寄進状
きしんふだ 寄進札
きょうこう 向後 「こうご」とも読む
くぜんあん 口宣案
げ 解 解状・解文ともいう
けい 啓
げゆ 解由 解由状ともいう。
げゆじょう 解由状 解由ともいう
けんもつちょう 献物帳
こきゃくじょう 沽却状
こけん 沽券 估券・売券・沽却状・避状ともいう
こもんじょ 古文書
こ 孤
ごようじょう 御用状 御用書ともいう
ささえじょう 支状 陳状ともいう
さりじょう 去状
さりぶみ 去文
しぜん 自然 「じねん」とも読む
じひょう 辞表
じゅんたつ 順達
しょうしょ 詔書 「みことのり」とも読む
じょうしんもんじょ 上申文書
しょうそくせんげ 消息宣下
じょうだいとくしゅかなづかい 上代特殊仮名遣
じょうだいよう 上代様
しょうもん 正文
しょゐ 所為
しりょう 史料
すべて 都而 凡而とも書く
せきでんそうししょしゅうたはらもんじょ 碩田叢史所収田原文書
せにゅうじょう 施入状 
ぜん 然
せんみょう 宣命
せんもん 占文
そう 奏
そうじしき 奏事式
そうまちだいちょう 惣町大帳(享保3~文久2)
たっし 達
だんそう 弾奏
ちゃくとう 着到
ちょうじょう 重畳
ちょく 勅 勅旨ともいう
ちんじょう 陳状 支状・答状ともいう
つけたり 附
てつぎけんもん 手継券文
てつぎじょう 手継状
てつぎしょうもん 手継証文
てつぎもんじょ 手継文書
どだい 土代
なんぎ 難儀
にちじかんもん 日時勘文 風記ともいう
にょほうぎょう 如法経
にょほうきょうりょうそくきしんふだ 如法経料足寄進札
ねんごうかんもん 年号勘文
のみ 而已 而己・而とも書く
ばいけん 買券
ばいけん 売券 沽券・估券・沽却状・売却状・売券状ともいう
ばいけんじょう 売券状 売券・沽券ともいう
はたらく 動・〔魚各〕・〔魚客〕・〔食客〕
はんせつのほう 反切の法
ひえきしき 飛駅式
ひっきょう 畢竟
ひょう 表
ひょうせんぶん 表箋文
ひょうびゃく 表白
ひょうぶん 表文
ひょうりのしょうもん 表裏の証文
ひらがな 平仮名
びんそう 便奏
びんそうしき 便奏式
ふしん 普請
ふどき 風土記
ふよげゆじょう 不与解由状
ぶんげん 分限 「ぶげん」ともいう
ぶんしょ (もんじょ) 文書
へんたいがな 変体仮名
ぼうしょ 謀書
ほうばい 傍輩 朋輩とも書く
ぼうはん 謀判
ほのき 風記
まんようがな 万葉仮名
みくだりはん 三行半
みもち 身持
もうしじょう 申状 言上状ともいう
もうしぶみ 申文 申状・解文ともいう
もんちゅうかんもん 問注勘文
もんちゅうじょう 問注状
りえんじょう 離縁状
りょうけん 了簡
りょうばう 凌暴
れんけん 連券 →手継証文
ろんそう 論奏
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

79 / 107ページ

ひょうびゃく 表白

表白 ひょうびゃく。 「ひょうひゃく」とも読む。開白・啓白ともいう。

 

 法会の時、その趣旨を三宝および大衆に告白すること。また、その文。

 

 表白(へうはく、ひょうはく)は、あらわしもうすこと、述べあらわすこと。

 

 願文の一種(神仏に祈願の意を表わす文書)であるが、形式・内容とも明らかな差がある。一般に、仏教行事にあってその趣旨を三宝と大衆とに告げる文をいい、その法会・修法などの功徳を讃え表わすことに重きを置いている。

 書式としては、祈願の意趣を記し、呪文を副える点を特徴とし、さらに必ず読み告げる点で単なる文書と異なる。

 なお、法会・写経のさいの表白文には、呪が省略されていものが多い。

(製作中)


ひょうぶん 表文

表文 ひょうぶん。

 

 中国皇帝に上聞する文書。最高の使臣が皇帝に捧呈する。

 進貢船ごとに表文一通を持っていくが、ときに箋文を加えることもある。「琉球国中山王臣尚某謹奏」という書出しで始まり、「琉球国中山王臣尚某謹上奏」という文で終わる。

 ※表文は、また、君主・政府などにたてまつる文章の意にも用いられる。

(製作中)


ひょうりのしょうもん 表裏の証文

表裏の証文 ひょうりのしょうもん。

 

 表裏は、裏切ること。転じて、土地売買・所領寄進などに際し、所領移転によって生じがちな様々な弊害を回避するために、あらかじめ取交わされた裏契約の証文。

(製作中)


ひらがな 平仮名

平仮名 ひらがな。

 平安時代初期、漢字の草体(万葉仮名を簡略化して書いたもの)から作られた草(そう)の仮名を更に崩して作った音節文字。主に女性が用いたので「女手(おんなで)」と呼ばれたが、中世末に「ひらがな」の呼称が現れた。

 

 元慶元(877)年の檜扇の落書(東寺の千手観音像の臂中の内刳部から発見された)が、現存する最古の平仮名とされている。

 

 片仮名は、はじめ、漢字と共に用いられ、説話などの漢文体の混在した文章は片仮名と併用することによって一般に広まった。

 平仮名は、単独で用いられたが、後世には平仮名も漢字と混用された。

 

 

 

(製作中)


びんそう 便奏

便奏 びんそう。

 

 公式様文書の一つ。軽微な、または日常的な事柄を、太政官の少納言から奏する時に用いる。公式令には「鈴印(すずいん)請(う)け進(たてまつ)らむ、及び衣服(えぶく)、塩酒(えんしゅ)、菓食(くわじき)賜(たま)はむ、幷(あは)せて医薬(いやく)給(たま)はむ、此(かく)の如(ごと)き小事の類(たぐひ)をば、並に便奏(びんぞう)に為(つく)れ」とある。年月日の下には奏者の署名がなく、「依奏(そうによりぬ)」というような勅定があったのち、その旨と、奏者=奉勅者である少納言の位姓名を書く。また、文書を作らず口奏(くそう、口頭で奏すること)もできた。この場合は、あとで便奏式による文書を作成した。

(製作中)



読者登録

日本史の森さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について