目次
あいいん 合印 「あいじるし」とも読む
あしよわ 足弱
あん 案 案文ともいう
あんもん 案文 案ともいう
い 移
いけん 意見 異見とも書く
いけんふうじ 意見封事
いみけもんじょ 伊美家文書
かじょう 款状 「かんじょう」とも読む 欵状とも書く
かっせんておいちゅうもん 合戦手負注文 合戦太刀討注文ともいう
がひょう 賀表
かんもん 勘文 「かもん」とも読む
がんもん 願文 願書・願状・祈願状・祈願文ともいう
ぎしょ 偽書
きしんじょう 寄進状
きしんふだ 寄進札
きょうこう 向後 「こうご」とも読む
くぜんあん 口宣案
げ 解 解状・解文ともいう
けい 啓
げゆ 解由 解由状ともいう。
げゆじょう 解由状 解由ともいう
けんもつちょう 献物帳
こきゃくじょう 沽却状
こけん 沽券 估券・売券・沽却状・避状ともいう
こもんじょ 古文書
こ 孤
ごようじょう 御用状 御用書ともいう
ささえじょう 支状 陳状ともいう
さりじょう 去状
さりぶみ 去文
しぜん 自然 「じねん」とも読む
じひょう 辞表
じゅんたつ 順達
しょうしょ 詔書 「みことのり」とも読む
じょうしんもんじょ 上申文書
しょうそくせんげ 消息宣下
じょうだいとくしゅかなづかい 上代特殊仮名遣
じょうだいよう 上代様
しょうもん 正文
しょゐ 所為
しりょう 史料
すべて 都而 凡而とも書く
せきでんそうししょしゅうたはらもんじょ 碩田叢史所収田原文書
せにゅうじょう 施入状 
ぜん 然
せんみょう 宣命
せんもん 占文
そう 奏
そうじしき 奏事式
そうまちだいちょう 惣町大帳(享保3~文久2)
たっし 達
だんそう 弾奏
ちゃくとう 着到
ちょうじょう 重畳
ちょく 勅 勅旨ともいう
ちんじょう 陳状 支状・答状ともいう
つけたり 附
てつぎけんもん 手継券文
てつぎじょう 手継状
てつぎしょうもん 手継証文
てつぎもんじょ 手継文書
どだい 土代
なんぎ 難儀
にちじかんもん 日時勘文 風記ともいう
にょほうぎょう 如法経
にょほうきょうりょうそくきしんふだ 如法経料足寄進札
ねんごうかんもん 年号勘文
のみ 而已 而己・而とも書く
ばいけん 買券
ばいけん 売券 沽券・估券・沽却状・売却状・売券状ともいう
ばいけんじょう 売券状 売券・沽券ともいう
はたらく 動・〔魚各〕・〔魚客〕・〔食客〕
はんせつのほう 反切の法
ひえきしき 飛駅式
ひっきょう 畢竟
ひょう 表
ひょうせんぶん 表箋文
ひょうびゃく 表白
ひょうぶん 表文
ひょうりのしょうもん 表裏の証文
ひらがな 平仮名
びんそう 便奏
びんそうしき 便奏式
ふしん 普請
ふどき 風土記
ふよげゆじょう 不与解由状
ぶんげん 分限 「ぶげん」ともいう
ぶんしょ (もんじょ) 文書
へんたいがな 変体仮名
ぼうしょ 謀書
ほうばい 傍輩 朋輩とも書く
ぼうはん 謀判
ほのき 風記
まんようがな 万葉仮名
みくだりはん 三行半
みもち 身持
もうしじょう 申状 言上状ともいう
もうしぶみ 申文 申状・解文ともいう
もんちゅうかんもん 問注勘文
もんちゅうじょう 問注状
りえんじょう 離縁状
りょうけん 了簡
りょうばう 凌暴
れんけん 連券 →手継証文
ろんそう 論奏
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

83 / 107ページ

びんそう 便奏

便奏 びんそう。

 

 公式様文書の一つ。軽微な、または日常的な事柄を、太政官の少納言から奏する時に用いる。公式令には「鈴印(すずいん)請(う)け進(たてまつ)らむ、及び衣服(えぶく)、塩酒(えんしゅ)、菓食(くわじき)賜(たま)はむ、幷(あは)せて医薬(いやく)給(たま)はむ、此(かく)の如(ごと)き小事の類(たぐひ)をば、並に便奏(びんぞう)に為(つく)れ」とある。年月日の下には奏者の署名がなく、「依奏(そうによりぬ)」というような勅定があったのち、その旨と、奏者=奉勅者である少納言の位姓名を書く。また、文書を作らず口奏(くそう、口頭で奏すること)もできた。この場合は、あとで便奏式による文書を作成した。

(製作中)


びんそうしき 便奏式

便奏式 びんそうしき。

 

 公式令便奏式に規定された律令制下の公文書の一つ。

 下から天皇に奏上する文書で、太政官から天皇に上奏する事柄のうち、特に物品の下賜などの簡単軽微な事柄について、少納言から奏する時に用いる。事柄が軽微なので、必ずしも文書を作成せずとも、口奏でも良かったが、奏上後に、この書式による文書を作っておく必要があった。

 ただ、延暦九(790)年五月十四日付の内侍宣(『類聚符宣抄』六)によれば、「進奏之紙、臭悪者多」として、少納言が叱責されているから、やはり紙に書いて奏する方が多かったのであろう。ただし、実例は現存しない。なお、天皇の行幸中、皇太子が留守として監国する時は、この式に準じ、奏を啓に、勅を令にかえて用いるというが、この実例も存在しない。

(製作中)






 
 

 


ふしん 普請

普請 ふしん。

 土木・建築工事のこと。本来は、仏教用語で、禅宗寺院で多くの人々に請い、労役に服してもらうこと。

(製作中)


ふどき 風土記

風土記 ふどき。

 

 風土記は、地方のことを書き記した書物の意の普通名詞であるが、日本では、和銅六(713)年に元明天皇の詔によって諸国に命じて郡郷の名の由来・土地の肥痩・産物・古伝説などを記して撰進させた地誌をいい、本来は、地方より中央官庁への報告公文書(解(げ)の書式をとる)であった。
  風土は、ある地方の気候や地味・地勢などのありさま、気候と土地の生産力、土地の生活環境などの意で、大陸では『後漢書』以下の文献にしばしば見える。

 一例として、『後漢書』循吏・衛颯伝には「民居深山渓谷、習其風土」とある。
 風土記という書名も、周処撰の「風土記」という書名が、晋書〈周処伝〉・隋書〈経籍志〉・文選〈李善注〉に見える。
  和銅6年の元明天皇の詔というのは、『続日本紀』に「(和銅六年)五月甲子(二日)。畿内(うちつくに)ト七(なな)ツノ道(みち)トノ諸(もろもろ)ノ国(くに)・郡(こほり)・郷(さと)、名(な)ハ著(つ)ケヨ好(よ)キ字(な)ヲ、其(そ)ノ郡内(くぬち)ニ所ノ生(な)レル、銀(しろがね)・銅(あかがね)・彩色(いろとり)・草(くさ)・木(き)・禽(とり)・獣(けだもの)・魚(うを)・虫(むし)等(ら)ノ物(もの)ハ、具(つぶさ)ニ録(しる)シ色目(しなじな)ヲ、及(また)、土地(つち)ノ沃(こ)エタルト塉(や)セタルト、山(やま)・川(かは)・原(はら)・野(の)ノ名号(な)ノ所由(よれるよし)、又(また)、古老(ふるおきな)ノ相伝(つた)フル旧聞(ふること)異(あた)シ事(こと)、載(しる)シテ于史籍(ふみ)ニ言(マヲ)シテ上(たてまつ)レ」とあるのに因る。
 ここに、「畿内七道諸国郡郷、名著好字」とあるところは、一般に「畿内七道諸国ノ郡郷名ニハ好キ字ヲ著ケ」と読まれているが、植垣節也氏は、『ここでそう解したのでは、「名は好き字を著けよ」と範囲から国が除かれ、郡と郷の名だけに関する命令になってしまう。ところが実際には諸国の反応はは、木の国が紀伊の国に、津の国が摂津の国に、改名改字を行っているのである』として、「畿内と七つの道との諸の国・郡・郷、名は好き字を著けよ」と解読されている。
 現伝する古事記は、完本としては出雲国風土記が唯一で、省略本として常陸・播磨・豊後・肥前があり、ほかに、原本が散逸してしまい元の姿では伝来せず、他の本に引用されることによって復元できる逸文も、江戸時代初期の林羅山以下多くの学者によって採集が続けられている。
 出雲国風土記の巻末記は、
「 天平(てんぴやう)五年(ねん)二月(きさらぎ)卅日(みそか)勘(かむが)ヘ造ル。
              秋鹿(あいか)ノ郡(こほり)ノ人(ひと) 神宅(みやけ)ノ臣(おみ)金(かな)太理(たり)
 国(くに)ノ造(みやつこ)ニシテ帯(お)ビタル意宇(おう)ノ郡(こほり)ノ大領(おほみやつこ)ヲ外(げ)正(しやう)六(ろく)位(ゐ)上(じやう)勲(くん)十二等(とう) 出雲(いづも)ノ臣(おみ)広嶋(ひろしま)」
となっていて、公文書解(げ)の末尾の書式を示している。
 また、常陸国風土記の総記の冒頭は、
「常陸(ひたち)ノ国(くに)ノ司(つかさ)ノ解(げ)。申(まを)ス古老(ふるおきな)ノ相伝(あひつた)フル旧聞(ふること)ヲ事(こと)。
 問(と)フニ国郡(くにこほり)ノ旧事(ふること)ヲ、古老(ふるおきな)ノ答(こた)ヘテ曰(い)ハク、古者(いにしへは)、自(よ)リ相模(さがむ)ノ国(くに)足柄(あしがら)ノ岳坂(やまさか)以東(ひむがし)ノ諸(もろもろ)ノ県(あがた)ハ、惣(す)ベテ称(い)ヒキ我姫(あづま)ノ国(くに)ト。是(こ)ノ当時(とき)、不(ず)言(い)ハ常陸(ひたち)ト。唯(ただ)、称(い)ヒテ新治(にひばり)・筑波(つくは)・茨城(うばらき)・那賀(なか)・久慈(くじ)・多珂(たか)ノ国(くに)ト、各(おのもおのも)遣(や)リテ造(みやつこ)・別(わけ)ヲ令(し)メキ検(か)校(と)ラ。」
とあって、ここには明確に「常陸国司解」とある。

(製作中)

 


ふよげゆじょう 不与解由状

不与解由状 ふよげゆじょう。

 国司・在京諸司・役僧の交替に際して、後司が前司に対して直ちに解由状を与えることができない場合に作成される文書。

 

 

(製作中)



読者登録

日本史の森さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について