目次
あいいん 合印 「あいじるし」とも読む
あしよわ 足弱
あん 案 案文ともいう
あんもん 案文 案ともいう
い 移
いけん 意見 異見とも書く
いけんふうじ 意見封事
いみけもんじょ 伊美家文書
かじょう 款状 「かんじょう」とも読む 欵状とも書く
かっせんておいちゅうもん 合戦手負注文 合戦太刀討注文ともいう
がひょう 賀表
かんもん 勘文 「かもん」とも読む
がんもん 願文 願書・願状・祈願状・祈願文ともいう
ぎしょ 偽書
きしんじょう 寄進状
きしんふだ 寄進札
きょうこう 向後 「こうご」とも読む
くぜんあん 口宣案
げ 解 解状・解文ともいう
けい 啓
げゆ 解由 解由状ともいう。
げゆじょう 解由状 解由ともいう
けんもつちょう 献物帳
こきゃくじょう 沽却状
こけん 沽券 估券・売券・沽却状・避状ともいう
こもんじょ 古文書
こ 孤
ごようじょう 御用状 御用書ともいう
ささえじょう 支状 陳状ともいう
さりじょう 去状
さりぶみ 去文
しぜん 自然 「じねん」とも読む
じひょう 辞表
じゅんたつ 順達
しょうしょ 詔書 「みことのり」とも読む
じょうしんもんじょ 上申文書
しょうそくせんげ 消息宣下
じょうだいとくしゅかなづかい 上代特殊仮名遣
じょうだいよう 上代様
しょうもん 正文
しょゐ 所為
しりょう 史料
すべて 都而 凡而とも書く
せきでんそうししょしゅうたはらもんじょ 碩田叢史所収田原文書
せにゅうじょう 施入状 
ぜん 然
せんみょう 宣命
せんもん 占文
そう 奏
そうじしき 奏事式
そうまちだいちょう 惣町大帳(享保3~文久2)
たっし 達
だんそう 弾奏
ちゃくとう 着到
ちょうじょう 重畳
ちょく 勅 勅旨ともいう
ちんじょう 陳状 支状・答状ともいう
つけたり 附
てつぎけんもん 手継券文
てつぎじょう 手継状
てつぎしょうもん 手継証文
てつぎもんじょ 手継文書
どだい 土代
なんぎ 難儀
にちじかんもん 日時勘文 風記ともいう
にょほうぎょう 如法経
にょほうきょうりょうそくきしんふだ 如法経料足寄進札
ねんごうかんもん 年号勘文
のみ 而已 而己・而とも書く
ばいけん 買券
ばいけん 売券 沽券・估券・沽却状・売却状・売券状ともいう
ばいけんじょう 売券状 売券・沽券ともいう
はたらく 動・〔魚各〕・〔魚客〕・〔食客〕
はんせつのほう 反切の法
ひえきしき 飛駅式
ひっきょう 畢竟
ひょう 表
ひょうせんぶん 表箋文
ひょうびゃく 表白
ひょうぶん 表文
ひょうりのしょうもん 表裏の証文
ひらがな 平仮名
びんそう 便奏
びんそうしき 便奏式
ふしん 普請
ふどき 風土記
ふよげゆじょう 不与解由状
ぶんげん 分限 「ぶげん」ともいう
ぶんしょ (もんじょ) 文書
へんたいがな 変体仮名
ぼうしょ 謀書
ほうばい 傍輩 朋輩とも書く
ぼうはん 謀判
ほのき 風記
まんようがな 万葉仮名
みくだりはん 三行半
みもち 身持
もうしじょう 申状 言上状ともいう
もうしぶみ 申文 申状・解文ともいう
もんちゅうかんもん 問注勘文
もんちゅうじょう 問注状
りえんじょう 離縁状
りょうけん 了簡
りょうばう 凌暴
れんけん 連券 →手継証文
ろんそう 論奏
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

97 / 107ページ

みもち 身持

身持 みもち。

 身の持ち方・所行の意であるが、品行の意味にも用いられる。

(製作中)


もうしじょう 申状 言上状ともいう

申状 もうしじょう 言上状ともいう。

 

 申文と同じく、下位の者から上位の者に差出す上申文書の一種。「本解状トハ最初ノ訴状ナリ、又申状トモ云」(『沙汰未練書)とあるように、訴訟のさいの訴状のことも申状といい、本解状や目安と同義に用いられることがあった。また「百姓等申状」などのように、農民たちが荘園領主に対してさまざまな要求や要請を行うさいの上申文書として作成されることもあった。冒頭に「―謹言上」または「―謹申」などと書き、書止めは「言上如件」または「申状如件」で結ぶのが一般的であった。

 

(注)沙汰未練書 元応1(1319)年頃成立した鎌倉幕府の訴訟手続の解説書。著者未詳。幕府の複雑な訴訟手続・訴訟法・術語・文書様式などを初心者のために平易に解説している。

(製作中)


もうしぶみ 申文 申状・解文ともいう

申文 もうしぶみ 申状・解文ともいう。

 下位の者から上位の者に対して出す上申文書の一種。特定の形式・内容に制限はないが、名称の由来は、第一行に「申(もうす)」あるいは「解申(げしもうす)」との字があることによる。令制に定める解の内容・形式が拡大してできた文書とみられる。多く個人が官庁・上位者に差出す文書。多くは、何らかの非違・窮状を訴え、改善を嘆願する内容。

 このうち、諸官人が叙位任官・官位昇進を申請・自薦する申文は、特に、款状(かんじょう)という。平安時代以降になると、諸官人が叙位・任官あるいは官位昇進などを朝廷に申請するために提出する款状のことも申文といっており、中世においては、この種の文書をもっぱら申文というようになった。それは、希望する官職などをあげ、さらに傍例や自分の経歴などを詳しく書いて自薦する形式をとっている。→款状 かんじょう。

(製作中)


もんちゅうかんもん 問注勘文

問注勘文 もんちゅうかんもん。

 

 問注勘状ともいう。

 問注ののち、判官が、審議結果に対する上司の決裁を求めて作成する上申文書。

 はじめに、担当機関の名称(公文所など)を記し、次に「問注甲(訴人)訴申乙(論人)申詞記」と書き、本文中では、論人への質問とその返答、および訴人への質問とその返答を載せる。書止めは「以前彼此申詞問注如件」の如くにし、日付のあとに、担当機関の職員の連署を記すのを原則とした(以上、鈴木国弘「もんちゅうかんもん 問注勘文」『古文書用語事典』柏書房、参照)。

(製作中)


もんちゅうじょう 問注状

問注状 もんちゅうじょう。

 

 問注勘状ともいう。訴訟で訴人・論人両方に尋問してえた返答を注記した文書。

 鎌倉・室町幕府下の訴訟事件に際し、訴人・論人双方を尋問した結果を注記したもの。

 中世の訴訟裁判は、問注所内所務賦(局)への訴訟提出、賦奉行(くばりぶぎょう)による関連文書の五方引付への配賦、引付における訴・論人双方に対しての書面審理(三問三答)、訴・論人相互の口頭弁論(対決)、頭人・引付衆・奉行人の評議、引付勘録事書(判決草案)の作成と評定沙汰(執権・連署・評定衆参加の会議)への上程、判決文の作成と引付頭人から勝訴人へのその下付、という順序によって行われた。問注状は、このうち、口頭弁論に際して作成されたものである(以上、鈴木国弘「もんちゅうじょう 問注状」『古文書用語事典』柏書房、参照)。

(製作中)



読者登録

日本史の森さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について