目次
あいいん 合印 「あいじるし」とも読む
あしよわ 足弱
あん 案 案文ともいう
あんもん 案文 案ともいう
い 移
いけん 意見 異見とも書く
いけんふうじ 意見封事
いみけもんじょ 伊美家文書
かじょう 款状 「かんじょう」とも読む 欵状とも書く
かっせんておいちゅうもん 合戦手負注文 合戦太刀討注文ともいう
がひょう 賀表
かんもん 勘文 「かもん」とも読む
がんもん 願文 願書・願状・祈願状・祈願文ともいう
ぎしょ 偽書
きしんじょう 寄進状
きしんふだ 寄進札
きょうこう 向後 「こうご」とも読む
くぜんあん 口宣案
げ 解 解状・解文ともいう
けい 啓
げゆ 解由 解由状ともいう。
げゆじょう 解由状 解由ともいう
けんもつちょう 献物帳
こきゃくじょう 沽却状
こけん 沽券 估券・売券・沽却状・避状ともいう
こもんじょ 古文書
こ 孤
ごようじょう 御用状 御用書ともいう
ささえじょう 支状 陳状ともいう
さりじょう 去状
さりぶみ 去文
しぜん 自然 「じねん」とも読む
じひょう 辞表
じゅんたつ 順達
しょうしょ 詔書 「みことのり」とも読む
じょうしんもんじょ 上申文書
しょうそくせんげ 消息宣下
じょうだいとくしゅかなづかい 上代特殊仮名遣
じょうだいよう 上代様
しょうもん 正文
しょゐ 所為
しりょう 史料
すべて 都而 凡而とも書く
せきでんそうししょしゅうたはらもんじょ 碩田叢史所収田原文書
せにゅうじょう 施入状 
せんみょう 宣命
せんもん 占文
そう 奏
そうじしき 奏事式
そうまちだいちょう 惣町大帳(享保3~文久2)
たっし 達
だんそう 弾奏
ちゃくとう 着到
ちょうじょう 重畳
ちょく 勅 勅旨ともいう
ちんじょう 陳状 支状・答状ともいう
つけたり 附
てつぎけんもん 手継券文
てつぎじょう 手継状
てつぎしょうもん 手継証文
てつぎもんじょ 手継文書
どだい 土代
なんぎ 難儀
にちじかんもん 日時勘文 風記ともいう
にょほうぎょう 如法経
にょほうきょうりょうそくきしんふだ 如法経料足寄進札
ねんごうかんもん 年号勘文
のみ 而已 而己・而とも書く
ばいけん 買券
ばいけん 売券 沽券・估券・沽却状・売却状・売券状ともいう
ばいけんじょう 売券状 売券・沽券ともいう
はたらく 動・〔魚各〕・〔魚客〕・〔食客〕
はんせつのほう 反切の法
ひえきしき 飛駅式
ひっきょう 畢竟
ひょう 表
ひょうせんぶん 表箋文
ひょうびゃく 表白
ひょうぶん 表文
ひょうりのしょうもん 表裏の証文
ひらがな 平仮名
びんそう 便奏
びんそうしき 便奏式
ふしん 普請
ふどき 風土記
ふよげゆじょう 不与解由状
ぶんげん 分限 「ぶげん」ともいう
ぶんしょ (もんじょ) 文書
へんたいがな 変体仮名
ぼうしょ 謀書
ほうばい 傍輩 朋輩とも書く
ぼうはん 謀判
ほのき 風記
まんようがな 万葉仮名
みくだりはん 三行半
みもち 身持
もうしじょう 申状 言上状ともいう
もうしぶみ 申文 申状・解文ともいう
もんちゅうかんもん 問注勘文
もんちゅうじょう 問注状
りえんじょう 離縁状
りょうけん 了簡
りょうばう 凌暴
れんけん 連券 →手継証文
ろんそう 論奏
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

99 / 106ページ

もんちゅうかんもん 問注勘文

問注勘文 もんちゅうかんもん。

 

 問注勘状ともいう。

 問注ののち、判官が、審議結果に対する上司の決裁を求めて作成する上申文書。

 はじめに、担当機関の名称(公文所など)を記し、次に「問注甲(訴人)訴申乙(論人)申詞記」と書き、本文中では、論人への質問とその返答、および訴人への質問とその返答を載せる。書止めは「以前彼此申詞問注如件」の如くにし、日付のあとに、担当機関の職員の連署を記すのを原則とした(以上、鈴木国弘「もんちゅうかんもん 問注勘文」『古文書用語事典』柏書房、参照)。

(製作中)


もんちゅうじょう 問注状

問注状 もんちゅうじょう。

 

 問注勘状ともいう。訴訟で訴人・論人両方に尋問してえた返答を注記した文書。

 鎌倉・室町幕府下の訴訟事件に際し、訴人・論人双方を尋問した結果を注記したもの。

 中世の訴訟裁判は、問注所内所務賦(局)への訴訟提出、賦奉行(くばりぶぎょう)による関連文書の五方引付への配賦、引付における訴・論人双方に対しての書面審理(三問三答)、訴・論人相互の口頭弁論(対決)、頭人・引付衆・奉行人の評議、引付勘録事書(判決草案)の作成と評定沙汰(執権・連署・評定衆参加の会議)への上程、判決文の作成と引付頭人から勝訴人へのその下付、という順序によって行われた。問注状は、このうち、口頭弁論に際して作成されたものである(以上、鈴木国弘「もんちゅうじょう 問注状」『古文書用語事典』柏書房、参照)。

(製作中)


りえんじょう 離縁状

離縁状 りえんじょう。 去状・去文・三行半(三下半)ともいう。

 江戸時代、庶民にあって夫が妻や養子との縁を切るために与えた書状(離別するときに渡す書状)。

 古代では、婚姻の解消は、夫の一方的な権利であったが、棄妻(きさい=夫が妻を一方的に離別)の条件としては七出三不去(しちしゅつさんふきょ)により、両者の祖父母・父母の同意を要した。

 中世にも、夫の側からする棄妻・棄捐の原則は変わらず、去状や物品を与えてその証としたが、この際、再縁権を妻に与えた。

 江戸時代、武家社会では、双方の実家からの幕府への届出により、庶民の間では三行半と呼ばれる離縁状を夫が妻に与えることによって、離縁が成立した。与える書状の形式は「我等勝手ニ付離縁致候、然ル上ハ何方江片付候共少も構無御座候」といった決まり文句で、内容は離別を明確にし、妻の再婚は差し支え無いとすることから成っていた。内容がこのように簡略化されているので三行半に書かれることが原則となって、俗に三行半(三下半)とよばれた。離婚の権利は夫だけが持ち、妻は離縁状がないと再婚できなかった。なお、妻からも離縁を求めることができたが、夫が同意しなければ、いかんともし得ず、残された道は縁切寺に駆込むことだけであった。

 明治六(1873)年、太政官布告162号により妻からの離婚出訴権を認め、明治民法では離縁は養子縁組の解消の用語となった。

 

※(注)七出三不去 しちしゅつさんふきょ。 七去三不去ともいう。

 日本の令制における棄妻についての規定。

  唐令の七出に倣(なら)ったものといわれ、七去は、夫が一方的に妻を離別(棄妻)できる七つの事由。

 養老の戸令によれば、

(1)無子(子のないこと)、

(2)淫泆(淫乱なこと)、

(3)舅姑に不仕(父母に従順でないこと)、

(4)口舌(おしゃべりなこと)、

(5)窃盗(盗みを働くこと)、

(6)妬忌(嫉妬すること)、

(7)悪疾(たちの悪い病気のあること)、の七つであった。

 このうち、(2)と(7)の場合を除いては、妻に次の三つの事実があれば、棄妻は許されなかった。舅姑の喪を果たした場合、娶る時は賤であったのがのち富貴になった場合、帰る家のない場合。これを三不去という。

 以上のような条件で妻を離婚する場合、その旨を手書して牒状をつくり、近親の連署をもって官司に提出した。しかし、夫が棄妻するか否かは自由で、たとえ条件に合っていても強制はされなかった。

  なお、大宝令には「六出之状」とあり、(7)の悪疾が無かったと推定されている。しかし、大宝律令施行期の天平感宝元年につくられた万葉集巻十八大伴家持「教喩史生尾張小咋歌」の題詞に「七出例云…」とある。

 

(製作中)






 

 

Last updated  2019/08/12 11:10:15 AM
コメント(0) | コメントを書く
[古文書学&古文書用語事典] カテゴリの最新記事

りょうけん 了簡

了簡 りょうけん。 了見・量見とも書く。

 思慮、考え、分別。考え選ぶこと。判断すること。

(製作中)


りょうばう 凌暴

凌暴 りょうばう。

 しのぎて乱暴なること。

 

(製作中)



読者登録

日本史の森さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について