目次
あいいん 合印 「あいじるし」とも読む
あしよわ 足弱
あん 案 案文ともいう
あんもん 案文 案ともいう
い 移
いけん 意見 異見とも書く
いけんふうじ 意見封事
いみけもんじょ 伊美家文書
かじょう 款状 「かんじょう」とも読む 欵状とも書く
かっせんておいちゅうもん 合戦手負注文 合戦太刀討注文ともいう
がひょう 賀表
かんもん 勘文 「かもん」とも読む
がんもん 願文 願書・願状・祈願状・祈願文ともいう
ぎしょ 偽書
きしんじょう 寄進状
きしんふだ 寄進札
きょうこう 向後 「こうご」とも読む
くぜんあん 口宣案
げ 解 解状・解文ともいう
けい 啓
げゆ 解由 解由状ともいう。
げゆじょう 解由状 解由ともいう
けんもつちょう 献物帳
こきゃくじょう 沽却状
こけん 沽券 估券・売券・沽却状・避状ともいう
こもんじょ 古文書
こ 孤
ごようじょう 御用状 御用書ともいう
ささえじょう 支状 陳状ともいう
さりじょう 去状
さりぶみ 去文
しぜん 自然 「じねん」とも読む
じひょう 辞表
じゅんたつ 順達
しょうしょ 詔書 「みことのり」とも読む
じょうしんもんじょ 上申文書
しょうそくせんげ 消息宣下
じょうだいとくしゅかなづかい 上代特殊仮名遣
じょうだいよう 上代様
しょうもん 正文
しょゐ 所為
しりょう 史料
すべて 都而 凡而とも書く
せきでんそうししょしゅうたはらもんじょ 碩田叢史所収田原文書
せにゅうじょう 施入状 
せんみょう 宣命
せんもん 占文
そう 奏
そうじしき 奏事式
そうまちだいちょう 惣町大帳(享保3~文久2)
たっし 達
だんそう 弾奏
ちゃくとう 着到
ちょうじょう 重畳
ちょく 勅 勅旨ともいう
ちんじょう 陳状 支状・答状ともいう
つけたり 附
てつぎけんもん 手継券文
てつぎじょう 手継状
てつぎしょうもん 手継証文
てつぎもんじょ 手継文書
どだい 土代
なんぎ 難儀
にちじかんもん 日時勘文 風記ともいう
にょほうぎょう 如法経
にょほうきょうりょうそくきしんふだ 如法経料足寄進札
ねんごうかんもん 年号勘文
ばいけん 買券
ばいけん 売券 沽券・估券・沽却状・売却状・売券状ともいう
ばいけんじょう 売券状 売券・沽券ともいう
はんせつのほう 反切の法
ひえきしき 飛駅式
ひっきょう 畢竟
ひょう 表
ひょうせんぶん 表箋文
ひょうびゃく 表白
ひょうぶん 表文
ひょうりのしょうもん 表裏の証文
ひらがな 平仮名
びんそう 便奏
びんそうしき 便奏式
ふしん 普請
ふどき 風土記
ふよげゆじょう 不与解由状
ぶんげん 分限 「ぶげん」ともいう
ぶんしょ (もんじょ) 文書
へんたいがな 変体仮名
ぼうしょ 謀書
ほうばい 傍輩 朋輩とも書く
ぼうはん 謀判
ほのき 風記
まんようがな 万葉仮名
みくだりはん 三行半
みもち 身持
もうしじょう 申状 言上状ともいう
もうしぶみ 申文 申状・解文ともいう
もんちゅうかんもん 問注勘文
もんちゅうじょう 問注状
りえんじょう 離縁状
りょうけん 了簡
りょうばう 凌暴
れんけん 連券 →手継証文
ろんそう 論奏
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

2 / 104ページ

あしよわ 足弱

足弱 あしよわ。

 歩行力の弱いこと。また、老人・婦人・子供など。

 

(製作中)


あん 案 案文ともいう

 あん。 案文ともいう。→案文(あんもん)。

 文書の草案・下書・控。

 「案」は、本来、神事で神に供える食物や幣帛(へいはく)を乗せる台のことであったが、中世以降になると、文房具を乗せる書案として読書や習字の際の用具の名称となり、文書の草案・下書・控も案(案文)というようになった。

 

 案は、文書(正文)に対する語で、文書正文の控・なんらかの効力を有する写しのことであるが、下書のことをいう場合もある。しかし、厳密には下書として作成された草案と、正文(本文書)を何らかの役割を果たすべく書写された案(案文)とは区別した方が良い。

 

 正文が紛失しても、土代・草案が残存する場合もあり、研究上重要な史料となる。

(製作中)


あんもん 案文 案ともいう

案文 あんもん。 案ともいう。

 文書の控、なんらかの効力を有する写しのこと。

 これに対して、本文書を正文(しようもん)という。

 正文の紛失に備えて所持者は写しを作った。また、正文を渡し得ない時、訴訟のときの証拠提出の際、作成された。

 

 下書のことを案(案文)という場合もあるが、下書は草案あるいは土代といい、厳密には、下書として作成された草案(土代)と、正文(本文書)を何らかの役割を果たすべく書写した案(案文)とは、区別した方が良い。

 

 案文は、次のような場合に作成される。

①朝廷や幕府などが発した法令などを全国に通達・布告する場合。

 例=口宣案→くぜんあん 口宣案の項参照。

②文書の授受に際して正文を渡すことが出来ない場合。

 ・所領の分割移譲の場合など。文書の裏にその旨を書く(これを「裏を毀(こぼ)つ」という)。

③種々の主張を述べる際に証拠書類として提出するため。

 ・訴訟のときの証拠提出に際し、案文が作成された。

④文書の控(ひかえ)として保存するため。

 ・正文の紛失に備えて所持者は案文を作った。

⑤文書を紛失(ふんしつ)した場合。

 ・紛失状=案文を特に正文に準じさせるために、しかるべき権威者に裏書をしてもらうことがある。これを「裏を封ず」という。

 

(製作中)


い 移

 い。

 養老令に定められた公文書の一つで、所管を異にする同等級の官相互の間、上下関係のない役所間または律令制政治機構上、正確に位置づけにくい機関と官司の間で取り交わされた。例えば、民部省と大蔵省、摂津国と大和国、中宮職(しき)と皇后宮職(しき)(この両職はともに中務省の所管であった)のような間で取交わされた。ただA省の被官B官司からC省に直接移すことは、令文の禁ずるところであって、そのような場合は、BからAに解をもって上申し、AからCに移すことになっていた。しかし、天平時代の皇后宮職などでは、直接他省に移を発している例もある。
移の書式例
 移式
 刑部省移式部省
 其事云云。故移。
      年 月 日   録 位 姓 名
 卿 位 姓
   ※もし事によって管隷する場合は「故移」を「以移」とする。
 移式による書式の規定は、「因事管隷(仕事上仮に管轄下に入っている)」のときは書止めを変えなければならないなど、発給側に面倒であったためか、律令制の衰退とともに、次第に牒がもっぱら用いられ、移は用いられなくなり、平安時代末ごろのものを最終に、みられなくなった。

 

(製作中)


いけん 意見 異見とも書く

意見 いけん。 異見とも書く。

 

 ①天皇の詔によって、律令官人から徴される政治上の問題についての見解。こうして上奏される密封の意見書を意見封事という。

 ②中世では、一般的な個人的見解をいう。

 ③室町幕府訴訟制度上の判決原案作成手続。室町時代中期以降、幕府の訴訟決済は将軍親裁であったが、将軍は判決原案を右筆衆に諮(はか)った。その答申を意見、記述文書を意見状という。

 ④惣庄、惣村、あるいは領主などの間での二者の相論に対する中人(ちゅうにん)の調停。

 ※中人は、仲人とも書き、中世には、とくに争論の仲裁をする人をさした。江戸時代以降は、結婚の仲介をする媒酌人をさすようになった。

 ⑤近世では、諫戒・忠告の意に用いられた。

(製作中)



読者登録

日本史の森さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について