目次
第1章 あ~そ
あいいん 合印 「あいじるし」とも読む
あしよわ 足弱
あん 案 案文ともいう
あんもん 案文 案ともいう
い 移
いけん 意見 異見とも書く
いけんふうじ 意見封事
いみけもんじょ 伊美家文書
えん 焉
かじょう 款状 「かんじょう」とも読む 欵状とも書く
かっせんておいちゅうもん 合戦手負注文 合戦太刀討注文ともいう
がひょう 賀表
かんもん 勘文 「かもん」とも読む
がんもん 願文 願書・願状・祈願状・祈願文ともいう
ぎしょ 偽書
きしんじょう 寄進状
きしんふだ 寄進札
きょうこう 向後 「こうご」とも読む
くぜんあん 口宣案
くほん 九品 「くぼん」とも読む
げ 解 解状・解文ともいう
けい 啓
げかん 下浣
げゆ 解由 解由状ともいう。
げゆじょう 解由状 解由ともいう
けんもつちょう 献物帳
こきゃくじょう 沽却状
こけん 沽券 估券・売券・沽却状・避状ともいう
こもんじょ 古文書
こ 孤
ごようじょう 御用状 御用書ともいう
ささえじょう 支状 陳状ともいう
さしがみ 差紙 指紙(さしがみ)とも書く
さりじょう 去状
さりぶみ 去文
し 使 「しむ」「せしむ」とも読む
しぜん 自然 「じねん」とも読む
じっせんきゅうこう(じつせんきうかう) 實踐躬行
しひ 誣ひ
じひょう 辞表
じゅんたつ 順達
しょうしょ 詔書 「みことのり」とも読む
じょうしんもんじょ 上申文書
しょうそくせんげ 消息宣下
じょうだいとくしゅかなづかい 上代特殊仮名遣
じょうだいよう 上代様
しょうもん 正文
しょき 庶幾
しょゐ 所為
しりょう 史料
すべて 都而 凡而とも書く
せがれ 世忰 倅・伜・悴・忰・躮とも書く
せきでんそうししょしゅうたはらもんじょ 碩田叢史所収田原文書
せにゅうじょう 施入状 
ぜん 然
ぜんじん 全人
せんみょう 宣命
せんもん 占文
そう 奏
そうじしき 奏事式
そうまちだいちょう 惣町大帳(享保3~文久2)
第2章 た~ん
たっし 達
てつぎもんじょ 手継文書
てつぎじょう 手継状
てつぎしょうもん 手継証文
てつぎけんもん 手継券文
つけたり 附
ちんじょう 陳状 支状・答状ともいう
ちょく 勅 勅旨ともいう
ちょうじょう 重畳
ちゃくとう 着到
だんそう 弾奏
どだい 土代
とぜん 徒然
なにかど 何角 何廉とも書く
なんぎ 難儀
にちじかんもん 日時勘文 風記ともいう
にょほうぎょう 如法経
にょほうきょうりょうそくきしんふだ 如法経料足寄進札
ねんごうかんもん 年号勘文
のみ 而已 而己・而とも書く
ばいけん 買券
ばいけん 売券 沽券・估券・沽却状・売却状・売券状ともいう
ばいけんじょう 売券状 売券・沽券ともいう
はたらく 動・〔魚各〕・〔魚客〕・〔食客〕
はんせつのほう 反切の法
ひえきしき 飛駅式
ひっきょう 畢竟
ひょう 表
ひょうせんぶん 表箋文
ひょうびゃく 表白
ひょうぶん 表文
ひょうりのしょうもん 表裏の証文
ひらがな 平仮名
びんそう 便奏
びんそうしき 便奏式
ふしん 普請
ふどき 風土記
ふよげゆじょう 不与解由状
ふれじょう 触(觸)状
ぶんげん 分限 「ぶげん」ともいう
ぶんしょ (もんじょ) 文書
へんたいがな 変体仮名
ぼうしょ 謀書
ほうばい 傍輩 朋輩とも書く
ぼうはん 謀判
ほのき 風記
まんようがな 万葉仮名
みくだりはん 三行半
みもち 身持
めい 明
もうしじょう 申状 言上状ともいう
もうしぶみ 申文 申状・解文ともいう
もんちゅうかんもん 問注勘文
もんちゅうじょう 問注状
や 乎
りえんじょう 離縁状
りょうけん 了簡
りょうばう 凌暴
りん 稟
れんけん 連券 →手継証文
ろんそう 論奏
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

118 / 123ページ

りょうけん 了簡

了簡 りょうけん。 了見・量見とも書く。

 思慮、考え、分別。考え選ぶこと。判断すること。

(製作中)


りょうばう 凌暴

凌暴 りょうばう。

 しのぎて乱暴なること。

 

(製作中)


りん 稟

 りん。漢音・呉音ともに「リン」。

 動詞としては「ウク」。本義は賜りたる穀。故に〔亠回〕(こめぐら)と禾を合す。転じて天よりうけ得たる性質の義。

 

(製作中)


れんけん 連券 →手継証文

連券 れんけん。 →手継證文。


ろんそう 論奏

論奏 ろんそう。

 

 太政官より出す文書のうち、天皇に上奏する最も重要なもの。

 書式を論奏式といい、公式令に定められていた。ただし、大宝令では「論事奏式」と表記されていた可能性が大きい(『律令』〔日本思想大系3〕補注21公式令2d)という。

 太政大臣以下連署ののちに年月日を記して奏上し、天皇の御画(ぎょかく)を得た(天皇は「聞」を畫す)。奏上責任者が官位・姓を記入し、保存した。

 太政官から天皇に上奏する事柄のうち、大祭祀(大嘗祭など)、支度国用(国家予算の立案)、増減官員など重要な事項九種について、議政官から奏する時に用いる。

 書出しは「太政官謹奏」で、その下に事書があり、次行から太政大臣以下の議政官の名を書きつらねて「等言」とし、本文があって、書止めは「謹以申聞、謹奏」(謹以(かしこみかしこ)みも申(まう)したまふことを聞(きこ)しめせと謹(かしこ)む奏(まう)す)で、末行に年月日を書く。

 諸書引用以外の遺例としては、天平宝字二(758)年に太政官を乾政官(けんせいかん)と改称した時のものの鎌倉時代の写しが、平安博物館にある。

(製作中)



読者登録

日本史の森さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について