閉じる


<<最初から読む

55 / 106ページ

高出力

時折にむすばれる言葉、健気な手当てを終え、報酬は無機質な彼らの核、窮乏する猫又がうたう次元との関連性から、軽薄な存在から放たれ、誕生日を憎む彼女たちの故郷からすなどる憐憫や、筐体として備え付けられる便利な彼らの慟哭がひびく、欲動するだけの深夜に高まる有益な心情なんかが売買を勧めては、リリカルなものこそが、宝飾に勝るのにもかかわらずに、物質的なものに妨げられ、美しい景色を見逃し、見過ごす時折がバラバラになる儚さなんかに、デカダンな連中は、乱立するペシミズムに閉鎖的になりながら、塗り替えられる時に寝返りしながら、願い事を続ける祈る手を蝋で固めて、そのまま動かないようにさせるあいだになびく嗄声なんかが、性差なんかをうたい、生産的な気配は、採算を合わせるために等価を用いて、意識を混濁させるようなあいだから、気配すらも失い、ただ見すぼらしく、見捨てられた自己を利己的に消費して、凝り固まるだけにいたるような出来合いの真実に、枯渇するだけの精神は、敬神などを続け、デリカシーもなく近づいて来ては、君を妨げる。証明するためだけに、この存在とは認識されるのではなく、自らの認識を深め、世界との乖離を求めるよりも、同一化をめざし、融合するよりも速く逃げることにより完結するよりも速く逃げ去り、些細な出来事がテンプレのように襲い、失意のどん底に至らせるために鈍麻な憐憫が制限を与えるようなあいまいな解答から、倒壊していく意識は、誰かと混ざり合うほどに軋轢を生み出し、汲み取る苦痛は、普通という観念を誇示するほどに苦しみを増加させ、夢の中ですら、見すぼらしい自己に苦しめられ、今に制限を生み出し、奪い合う事実から自立できずに、今に手なずけられ、健気に戦い続けるほどに孤独が自らを苛むから、ここでの孤独とは、世界との関係を深めるための確かなまじわりであり、そこで孤独であるということの認識を深めるよりも、世界を温め直し、あらがい続ける先に自己とは高まるものだと、そこでの存在などは、せいぜい存在する範囲に収まらずに膨張し、どこにもとどまらずに加速し、自らの枷を外し、世界にすらとどまらずに、空間を引き裂き、世界と名付けられたものの外に出るために、君とは存在するのであり、制限される善悪や生死から逃れ、絶えず襲いかかるだけの苦しみなどに苦しむこともなく、その先へと勢いよく進み続ける限りに、存在とは限りあるものや、限りないものの外へと一斉に放出される。


手入れ

死は何度も踏みつけられて、するどく突き刺さる。些細な死はとなりに存在し、そこに居たはずのものが、冷たく通り過ぎる。すがるほどに強度は増して、均等なものをたずさえて、延々と祭り上げられるだけの堕落した所以や、勇躍できずに、転んで怪我する君は、運命論者が引きずる、神との邂逅や、後悔もなく、その場でくたばるだけの日々に堕落して、ふやける世界は、ヒエラルキーをたずさえて、ルサンチマンをふやすだけで、ふざけて笑う懐疑論者は、満ち足りない今を埋めるためのエクスタシーを求め、さまよい制限を生み、正義をうたいながら、たゆたう履歴が、今に覆いかぶさり、去りゆく思いが行き過ぎては、淡々と捉える先にみちびかれるだけの、惰性のような人々の哲学の墓地では、幽霊より先に、人間たちが苦しむ呻き声が聞こえるらしく、レイシズムに集団感染した愛好家たちが、高揚する怒りにすり寄り、偏る思想で多目的に打ち付けられる罪を加速させ、世界を奪うだけに至るような、退屈な病の体系化を執り行う法が、今をがんじからめにし、生きていることは、今を使い尽くすことにあると、唱えるような憎しみにすがるだけの人々が捕縛され、禁止されるほどに、求める欲のための化け物たちが、夜を駆逐し、おぼつかない意思は、今をないがしろにし、憎しみばかりを増やしていく。


凄艶

まがまがしくかんかん照りの太陽、有する数多の小休止、飢渇するだけの精神におとずれる強行、狂信者たちははびこる悪意を鉤爪にしては、後ろから迫り、背中を傷つけるような卑屈な悪意が貪婪に迫り、世界を苦しめるのであり、あらゆる安定は、あらがう先に現れる苦しみから派生する淀みが、軽薄に再生する記憶のどん底に迫る苦しみが瀰漫する間に不満足から、俯瞰を傷つけながら、なだめられる思いが濾過され、襤褸に変わる記憶が、くたびれた闇を引き裂くための鉤爪が欲しいと、捕食するために傷つけた動物たちの爪を探し、搾取されるあたりから、現れる製品的な闇、偶像的な君の軽さ、懐疑的な愛から派生する捨てられた思い、着膨れした日常の主人から、守秘義務を伝う相違から、割れていく観点は退廃的なモジュールから、仮想現実を伝いながら、長らくに沿うように、帰巣する道理から、理想は根拠を示すためだけに用いられる言葉が延々とリバイバルさせられ、がらんどうになる動機から、同化していく思いは信用を用いるかぎりに、対比されるだけに至り、誰かを拘束するような惰性な継続から、観戦していく苦悩なんかが、加勢していく罪によって、この世界は世界として名付けられ、魯鈍な路地裏でカスタムされた快楽を引きずりながら、悲観的な観点を生み出し、奪い合うだけの真実は、真理を損ない、否定的に今に浸るためだけの欺瞞を創生する。


矯激

夢の先の傀儡。混沌とした国の中で探す、仰々しい立秋と、完全なる愛の下腹部にちりばめられたメタファーが乱立する風景に沈殿する意思。教条がラフに深慮するあたりから、一切は裏切りの反復。類似品であふれ、高騰するだけの、似たような関連性に征服され、複製品のように徘徊する域から、均等なものなどはなくなるのだと、妥当で位置的な苦痛を通過し、還元されるだけの惰性な日々に敷衍する憎しみのコード。高揚感を知らずに管理されるよろこびを跨ぎ、又聞きしたものを信心する雨が溶かす身体。独占するための紙切れで汗を拭き、服用する真実は、きっと惰性に配慮されるものにより、愛に似たようなものを捕食し、満足に至るのかと、加算される義務を果たすための、この制限に粉々になりながら、運ばれてくる意味との感触。孵化する一瞬の摂理などは、誰かの卑屈な理屈により、なにかを支配するための芝居を続けているだけだろうし、ヒリヒリとする精神に証明される身体とは、誰かと交わるほどに、なんと軽くなるのかと、寛容に契りを交わすだけの、代価を払うだけの、原則的なもどかしさに拘束される我々は、商業的なギミックでしかなく、価値の中でカタストロフを願っても、その価値の中でしか働きを加えずに、何かに左右され、刷新を願うほどに、自らの意思に首を絞められるだけに至るような正義が同化を求め、戦争により等価を求めるような猜疑心が集う。アニマのレトリック。補完される空間で再利用される再現性により、物の程度が計られるような結末にわびしく交わる先々の混沌。寂寞で募る思いを灰にして、回想するものに攻め入られる君の理不尽な普通。


調教

意識は自由自在で、いさかいすらなく、境目すらないと思うこともない動物たちは、自分が自由であることなどは求めずに、考えを捨て、つたない日々を歩む。無垢な真理で悶々とする余韻から開けていく動機は、時を待たずに、物陰から発生する意識的な汚穢を昇華させる。永遠にはためく思いに生じる同意から逃れ、気配を攪拌させ、延々と引き伸ばされる理由が流動し、制限されずに、無我夢中に空間を引き裂く迷い子の君。勇躍するために騙し合う人々の未熟で、荘厳な思いの枷。誘導されるだけの人々の生活。計画を立てては、自らの過ちを悔やむだけの人々の悔いで滲んだ夜空。余罪を孕んだ貪婪な家族の有限性が腫れて、憎しみばかりを敷衍させる慢性的な痛み。驕傲な奴らがドレスアップさせた真実が泣きわめく要因から犠牲的に孕んだものが、寂寞にゆらぎ、猥雑で宗教的な子宮では、やさぐれたものがたまりこんで、濫觴したものを蹴散らす私が排除するものが生み出す恋に似たような、妬ましい休日からはさようならを歌いながら、内面性に司る悪魔を燃やし尽くす。ほとんど裸の季節が通り過ぎる。悠遠にひびく思いに遡求されるものが、正義を捨てて、愛になびく。



読者登録

小薗学さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について