閉じる


<<最初から読む

52 / 101ページ

恍惚

なんでも利用して、吸い尽くされるだけの人々が堕落していく瞬間にせまる背徳や、幼稚な闇がつきまとい、毎日に惜別を伝え、ひっくり返される瞬間に純化していくものが、延々とエモーションを伝えて、対比される苦痛や、その場で悲劇を繰り返すだけの惰性な嗄声や、成否をつかさどる幼稚な理屈から、正しさとは体系的なものにそぐうために、偶像を生み出し、幼稚な支配から、代償や代価などをうるさく伝え、怠慢なものが悪いように伝うような世代間に交通する高尚などは、真理を知らずに、真偽を用いて、犠牲的な者を絶えず生み出し、今に踏み台にされるような者を十字架に磔にしながら、良いようにあつかわれ、あるいは崇められるほどに神に似てきて、国などを用いながら、モチーフとされる罪を汎用し、さまざまな思惑を煽りならがら、追従する者を犠牲的に狩り続けては、借りられた命だと、妥当な生命は惰性に生きるべきだと、あらゆる根源から発生する攻撃的な闇が加速し、意思に枷を嵌め、今に苦しむべきだと、惰性に生み出される打算的な性差から、採算を取るために、この命は規制され、あるいはなにかのためだけに消費され、処理されては手懐けられ、軽薄に生み出される罪に似た者を排斥しながら、しなびた記憶は犠牲的であればあるほど、それは正義による犠牲であり、正しいことなのだよと、うそぶく間に誠実さはそこなわれ、あらがうために硬直していく無神経な意味にいびつにからまる実用性などが、誰かをあつかうほどに、奴隷にし、奴隷になりながら、関わるほどに間柄には、継続的な罪と罰や、捕食されるために、保証される苦痛や、通過するほどにこじれていく思いが自堕落さが窮屈さを感じ、定められるほどに徒らに苦しみ、食い込む苦痛との対峙を続けるほどに、考えとは、干ばつしていく。


流浪

反復される面影は、か弱いだけで、何も残さず、そこに到達する意識は、形式的なものを投げかけ、そこで永続されるもの腰掛け、淡々と広がる景色に絶えずシンクロしていく思いが靄を放ち、すべてを見えにくくさせては、屈折していく意識は、際限あるものにとどまり、あたかも幸せなものを演じるだけで、存在は孤立し、そこから逸脱できずに、のらりくらりと意識下をさまよい、現実味を失っては、他者を羨んだり、憎しみながら、長らくの顛末に嬲られた風にゆらぎ、豊かさをうたいながら、発展し、発生するものなどに、何ら正しさはなく、ただ願う幸せは、祈ることだけに固執し、そこで孕むものは、短絡的な快楽か、怒りの傀儡として、システマチックにうごめく意識は、自らの不満をためこむだけの、空疎な器としてだけ存在し、そこかしこで可視化されるものを、あたかも現実のもののように受け取るだけの概念から逸脱するために、この存在とは編み込まれては、強度を増し、あらがうほどに生まれる矜恃は、自らを強靭なものに変化させ、課せられた義務などは、所詮は与えられたものに過ぎないのだから、自らが織り成し、作り上げたもので昇華させる。


完熟

悪気なんかなく、健気に騙す君の尺度、精神的な汚物でオブジェクトの生成をし続け、腐食していく心にダウンロードされる顛末に追従され、嫌気がさしたのと、君のノスタルジーに含まれていくものどもの結末に宿る荘厳な結末、延々と引き伸ばされていく代償や、優位を確保するだけの論理的な攻防や、空間的な欠如を埋めるための恋や、葬る先に咎められていく動機。統合されるほどに結末はもつれ合い、行き違いながら、長らくの孤独を埋めるための等差から生み出される憎悪の波にのまれ、若いが故に健気に騙していた君も、いつかは老い、単なる悪意だけにそそのかされ、指図され続ける先に沿うように、未熟な自己が付きまとう。孤独に蝕まれる人々が報いを受けるために、責め合う姿が滑稽だと、時間から放たれ、空間に支配されずに中空を彷徨う我を傍観する我がまた、違う自分を眺る姿。無をつねり、敏感な理想をくすぐるソースなんて、すぐ裏切るだけだから、惰性に見つめる先にめり込む言葉を拾い集めて、展開する理由が脳内で回転して、回避する先々で対立を深める理由が流出して、粒子に変わる我々は、天国にも地獄にもいかずに、そこかしこで敷衍して、普遍性なんか捨て去って、定める意味も、瞬く間に過ぎないし、進化なんか知らないし、進退なんて興味もないから、高らかに歌い上げるだけだし、代償なんていらないから、歪にまたぐ先に苛むものすらなく、うとましくからまる肌の感触だけが、愛を形にするから、誰もが誰かを邪魔に感じるのかと、可能であることとは、ここでは無意味なものに変わるし、やけに多く迫る情報を常用するから、頭はパンクするのであるし、つまらない日々でも、つつがないものが永続して、瞬間に終わるものは永遠にへりくだり、美しいものを演じるが、そこで美しいものと定められるものなどは、誰かが決めたものでしかないから、しがない日々をしがむ。そこには証拠すらなく、ただひたすらに引き伸ばされた今が継続するだけであるし、そこでの考えなどは、そっけなく君を押し潰したり、引き上げたり、高みまで登ったりすることを繰り返し、確かな意味だけが今を体感し、今に開花する。


高出力

時折にむすばれる言葉、健気な手当てを終え、報酬は無機質な彼らの核、窮乏する猫又がうたう次元との関連性から、軽薄な存在から放たれ、誕生日を憎む彼女たちの故郷からすなどる憐憫や、筐体として備え付けられる便利な彼らの慟哭がひびく、欲動するだけの深夜に高まる有益な心情なんかが売買を勧めては、リリカルなものこそが、宝飾に勝るのにもかかわらずに、物質的なものに妨げられ、美しい景色を見逃し、見過ごす時折がバラバラになる儚さなんかに、デカダンな連中は、乱立するペシミズムに閉鎖的になりながら、塗り替えられる時に寝返りしながら、願い事を続ける祈る手を蝋で固めて、そのまま動かないようにさせるあいだになびく嗄声なんかが、性差なんかをうたい、生産的な気配は、採算を合わせるために等価を用いて、意識を混濁させるようなあいだから、気配すらも失い、ただ見すぼらしく、見捨てられた自己を利己的に消費して、凝り固まるだけにいたるような出来合いの真実に、枯渇するだけの精神は、敬神などを続け、デリカシーもなく近づいて来ては、君を妨げる。証明するためだけに、この存在とは認識されるのではなく、自らの認識を深め、世界との乖離を求めるよりも、同一化をめざし、融合するよりも速く逃げることにより完結するよりも速く逃げ去り、些細な出来事がテンプレのように襲い、失意のどん底に至らせるために鈍麻な憐憫が制限を与えるようなあいまいな解答から、倒壊していく意識は、誰かと混ざり合うほどに軋轢を生み出し、汲み取る苦痛は、普通という観念を誇示するほどに苦しみを増加させ、夢の中ですら、見すぼらしい自己に苦しめられ、今に制限を生み出し、奪い合う事実から自立できずに、今に手なずけられ、健気に戦い続けるほどに孤独が自らを苛むから、ここでの孤独とは、世界との関係を深めるための確かなまじわりであり、そこで孤独であるということの認識を深めるよりも、世界を温め直し、あらがい続ける先に自己とは高まるものだと、そこでの存在などは、せいぜい存在する範囲に収まらずに膨張し、どこにもとどまらずに加速し、自らの枷を外し、世界にすらとどまらずに、空間を引き裂き、世界と名付けられたものの外に出るために、君とは存在するのであり、制限される善悪や生死から逃れ、絶えず襲いかかるだけの苦しみなどに苦しむこともなく、その先へと勢いよく進み続ける限りに、存在とは限りあるものや、限りないものの外へと一斉に放出される。


手入れ

死は何度も踏みつけられて、するどく突き刺さる。些細な死はとなりに存在し、そこに居たはずのものが、冷たく通り過ぎる。すがるほどに強度は増して、均等なものをたずさえて、延々と祭り上げられるだけの堕落した所以や、勇躍できずに、転んで怪我する君は、運命論者が引きずる、神との邂逅や、後悔もなく、その場でくたばるだけの日々に堕落して、ふやける世界は、ヒエラルキーをたずさえて、ルサンチマンをふやすだけで、ふざけて笑う懐疑論者は、満ち足りない今を埋めるためのエクスタシーを求め、さまよい制限を生み、正義をうたいながら、たゆたう履歴が、今に覆いかぶさり、去りゆく思いが行き過ぎては、淡々と捉える先にみちびかれるだけの、惰性のような人々の哲学の墓地では、幽霊より先に、人間たちが苦しむ呻き声が聞こえるらしく、レイシズムに集団感染した愛好家たちが、高揚する怒りにすり寄り、偏る思想で多目的に打ち付けられる罪を加速させ、世界を奪うだけに至るような、退屈な病の体系化を執り行う法が、今をがんじからめにし、生きていることは、今を使い尽くすことにあると、唱えるような憎しみにすがるだけの人々が捕縛され、禁止されるほどに、求める欲のための化け物たちが、夜を駆逐し、おぼつかない意思は、今をないがしろにし、憎しみばかりを増やしていく。



読者登録

小薗学さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について