閉じる


<<最初から読む

44 / 101ページ

泡沫の裏側

くたびれた君と意味、捕捉される運命がぐんぐんと伸びて、たたずむ基礎や規律を破砕して、たんたんとしのぐあたりから、風景を摩耗させて、季節を折り返して、応用されるだけの真実に堕落するだけの粛清に耐えて、互い違いになる君のさえずりが、こまくをふるわせて、君の軌跡を包む波音や、制限を持たずに添い寝して、精錬される日々に一致する言葉が摩擦を繰り返して、空疎な自分を翻して、悲観するよりも速く突き抜けることが、次なる価値を見出すのですとか、出来合いのものを愛しては、つまらぬ日々を紡ぎ、なにかを愛しているという、理不尽な思いに詰め寄られ、つくづくに思うことが、枢要なもののように感じさせられ、簡単に消費され、収容されていく人々の群れは、機能するかしないかでしか、契約を結ばれずに、ずっと退屈な対価を追いかけては、不純な意味を見繕い、有るか無いかでしか判断できないから、伝達されたものを崇め、大切そうに奉り、退廃的な神に拝みながら、青空がひろがる美しさを知らず、ただ与えられ続けるものだけが、真実のように換算される間で、緩慢につながる日々が均等さをうたいながら、奪い合うことでしか、自らの正しさを見出せずに、いじらしく紡ぐ先々で、厭うだけの日々にまばらに現れる愚かで理不尽な慈しみに染み入る思いが朧気で、儚く結ばれる無数の思いが、宇宙の終わりに交わり、また始まり、同じことを、同じように繰り返し、時間を持たず、空間もないところから弾けた私たちは、継続し続けることにより強靭になり、成功するとか叶うことなど気にもとめずに、求めるほどにすり減るように感じることもなくなり、肝心なものとは、ずっと永遠のコアになびく果てに、果てすらもないのかと、敷衍する一切に結末が有ろうが無かろうが、中身が有るとか無いからも放たれて、度重なる無秩序な波形で、無住なままに、さまよう。


軽薄

夕闇の言葉を拾い集める。静謐なカップルたちが麗しく、正しさも捨てた二人は、自らの不和を隠すように、余韻にひれ伏している。わびしくたたずむ君を映すレンズ。一言もなく過ぎ去る出来事、途端に止んだ雨、香水のにおいが頭にこびりついて離れず、ずっと続いた寒さで凍えている君の理不尽な衝動がずさんに働くころ、紅葉している葉の音がガサガサとなびいて、僕らの歌が、世界を破壊するまでの距離を計算している君の無垢な逍遥。豊かなのは無数のジレンマがふかふかであることらしく、恒常的な破壊音が響き、論難しているだけの君らの営み。窮乏していく真理が干渉してくるからと、偏執していくだけの、幾ばくかの翅。獣たちはケミカルなものに汚れているからと、統制されない感情が終末論をうながしては、横切る動機がはためきながら、排斥される理由が証拠も残さずに遠ざかる。


日々

浪費されるための日々のニキビ。ここにおとずれるものとズレたって、お構いなく進むのが、私であるし、あらゆる方向を無視して、無我夢中に貪る陽気なだけの私は、堕落したって気にも留めないし、気が気でないことでも、気分が良いし、動揺すらしない。犬のような猫と散歩して、散漫な君の快楽とやらと会話を続ける。いつだって人は堕落するものだし、惰性に引き伸ばされる命は美しくないのって、君は猥雑な空に悲哀を投げかけるから、乾いた風は、受け入れるべき運命なんかなく、ただ流れに反して、ただ勢いよく滑空すべきだと語り、加算されるものなどは、あっという間に他者を介して、暴力的なものに変わるし、感情的に歪む優美な結末も、過ぎ去れば、いつしか憎悪に変わるものであるし、あらゆる阻害を生み出して、今を踏み台にして、誰かを蹴落とすような快楽だけが、あたかも今を意味のあるようなものに変換し、侵食してくる予兆に飲み込まれ、無惨に散りゆく様を傍観する。女はある一定の年を超えると、空を飛ぶらしいと、広告がうたう健気な夜。きらめく衝動性の匂いや、結合される瞬間だけが、意志的な自由を感じるのと、君は阻害されるだけの今に補完され、悲観的な夜を飛びながら、感傷的なアスファルトにばらまかれた生々しい血との接合を求め、古びた感情に引き戻される。秒針が刺さった人形。上面の言葉が時代を硬直させ、安易な考えが抑圧を生み出し、深入りするほどに増していく不快感に捕まえられる。


幻想

たばねた数多の事実の塊。理由が粒子状になり、いえ真理に入り込み、インタラクティブな破壊を続ける。君の切実な願いを強請るだけの妬ましい午後。排出される思いが、俗悪なものに変化して、偏執していくまでの間にくるまる行き先に戸惑いながら、長らくに発信されるコードに根絶やしにされて、些細な出来事が補完させる過去が、高尚な夢を見させる間から敷衍していく確かさが、足かせに変わり、世界を狭めながら、センチメンタルなものを運び出し、絶え間ない苦痛と、退廃的な談合を続けては、懈怠していくだけのドラマチックな観念から、軽快に抜け出すのが、我らの役目であり、果たすべきものなどはなく、ただ儚く交わる先に通過していくだけの日々に実体すらなく、最たる意味を再現するだけの惰性な吸血を続ける。元となるものもなく産まれた君は、ただ与えられた理由に指図され、再発していく痛みを絶えず蔓延らせ、バビロンが吐き出す瘴気に汚れては、軽薄なものを流動させ、ネガティブなものを描いては、怠惰な理由を操縦する君の傲慢な差異から、ニセモノであるために絶えず更新されるルールにより、線引きされた価値が、君を閉じ込める間に排斥される思いが、世界を破壊し尽くすころには、簡易な孤独を散漫に吐き出しながら、未熟な成因は、精神を膠着させ、すべてを見えにくくさせる。偶像に合わさる卑屈な君の理想。エモーションが反響し、巻き込まれていく思いが昇華させる瞬間が哀傷を促し、今を錆びつかせる。


優しいリズム

カエルもぺたんこなって干からびて、ミミズも、もう歩けんようなって、とか懐かしむ暇もあれへんような世界で、ままならんままに大きなって、なんか勘違いばっかりしながら、応用する日々に追われて、覚悟しても、なんか味気ないとか言うてる君の横顔が、刹那に瞬いて、艶やかなもんとか、ゆっくり動くもんとかに高揚せんと、たじろぐ一生は、一瞬やし、歪なビルが迫る憎しみばかりを補完する身体は悲観的なもんをこしらえて、あたかも生きてるような感覚を与え、麻痺した精神は、清貧であることをうたうばかりで、実際は欲に純粋であるべきであり、その求めるもんを履き違えへんかったら、なんか勝ち負けより大きなもんにたどり着くとかいう意識すら邪魔である。膨大な愛にもつれた君は、やがて歪んだ消費を終えて、用いられた愛を憎しみに変換するとか、資本主義的な結末に移行していく不自然で、窮屈な汚穢をたずさえて、延々と引きずる命は、健やかさなんかを宣伝しながら、シナプスを腐らせよるし、よってたかって、誰彼構わずにいじめ尽くして、貪るだけの正義こそが、いちばんの悪に成り代る様を忘我から眺め、酩酊する先にあるんは、どうしょうもない事実が、跛行しながらも、淡々と世界というものを利用して、ただ卑屈に笑うだけに至るような軽薄な終末論なんかに、汚されるわけにはいかんのだよ。



読者登録

小薗学さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について