閉じる


<<最初から読む

37 / 98ページ

行方

充実した空間たる愛。愛とは超巨大な箱であり、形を持たず、果てもない空間で孤立する聡明な物質であり、ふれるほどに反響する愛は、事実の中で繁栄を続けて、つたないものを運び出すか弱い手が、快活なものを掴み取り、とこしえになびく悠遠にゆらぎ、不自然で、遊蕩な道理にかまける余韻がドラスティックに衝突を続け、追憶で軋む過去から逃れ、健気に走り去るのが愛である。あらゆる阻害物を含んだ空気、窮理に潜む悪魔たち。勇敢に筆する先に現れるのは、疎外されても尚、書き進める先には、創造的な昇華を迎える。互いの呼吸が合わさり、確かな愛を出迎える。真実は、証拠を残すためだけに語られるものであるし、その空間に充満し、重複していくものは、気だるく重たいものばかりであるし、信じるべきを知らずに、願い祈ることはせずに、真実から放たれ、自らの理由に帰り着くまでの距離や過程から逃れて、献身的に命を加速させる。結末にこびりつく体制的な気配。背景には黒く濁った愛。縛られるだけの運命を破棄し、メカニカルなものが迫り、心が軽薄なものに隔てられるよりも速く走り去る。死は隠されていく。単純なものに覆われ、過ぎるのを静かに待ちながら、長らく攪拌され、何事も無かったかのようにして、死は静謐に物事をくぐり、死は季節を誘致し、自らの静寂に包まれる。愛を補完する余韻や、逸脱する感性が今を巻き込み、軽薄さに迫害されながら、定める意味も喪失しても、愛は悠揚に漂う。


分断

海辺を歩く君、あいまいな青さに支配された空、瞬く間に記号と化する命、顛末になびく永遠は、因果をつらぬいて、希望に打ち付けられた杭を引き抜いて、気配に攪拌される遊蕩を繰り返す事実に反して、球体をめぐり、不確かに派生していく物語から逸脱できずに、でたらめに真実を愛しては、差異などに苦しみながら、長いだけの日々で、惰性にかよわす思いの波形や、経過し続ける先に理想すらも駆逐され、好きなものすら嫌いになるのと、食らいつく先々で指揮を執るだけの、堕落するためだけに、傷つくためだけに、ためらわずに与えられる痛みが食い込むほどに、補完されていく喜びが、対価をもとめず、等価交換されるための情景との接点をも破壊して、自らの快楽のためだけに漁られる動機を漁り続ける君は、蓋然性をめぐる冒険から、恒常的な闘争により、常時締め付けられ、酩酊し、明晰さを損ないながら、ないがしろにする側面を破壊し、はびこる悪意が充当し、踏みにじられるだけの堕落した主体にインストールされる短絡的な王位から、繰り出される支配的なコードによって、独裁される精神に軽薄に接続される暗澹とした主体に再生される迎合されるための罪の意識に従うために、アップデートされ、ログインしては、妨げられ続ける言葉は、意識を遅くさせるだけで、常軌を逸していく精神がコマ送りになりながら、細分化される意思は、見た目ばかりを気にしては、機械的なものに高尚さはなく、最たる意味を損ないながら、即席の理由に侵され、自らの自由を得るための情報により、絶えず不自由になる。


甘美

永遠に貪り付き、私は無知なままに、まにまに迫る憂鬱なんかを処理できる最後の動物であり、快活に健気に消費する精悍な時折にリズミカルに歌い上げる平静や、ドラマチックな恋の汚穢や、迎合されるほどに、計画的な愛が貸し借りする金銭的な欲動や、従事するほどに、肉体は果て、継承されるものも、操作されるだけに至るし、完治しない苦悩の濃度の中をうねる高圧的な余韻にインタラクティブであるほどに、補完されずに、乾いてしまうだけにさまよい、唾棄する物事の顛末になびく饗宴やらに散華し、感傷的なアルカロイドを含んだ情念が、世界性を征服し、複製される所以に硬化していく面影に汚れながら、快活な要因の中で妨げられ、涅槃をめざす幼稚な理想に、起草していくものが、エモーションをたずさえ、些細な動機の彼方で、価値観を屠りながら、吐瀉していく情念のハーモニーや、リリカルな乳歯に生えたカビや、過敏な思春期の回路を汚すための呪文や、受胎していく先々で、意識的な位置に補填されていく瞬間が重なり続けては、みだりに迫る有形の事実が、実態をも破壊し、心情は信じることで葬られる豊かさと、儚さの差異から生まれたたわいないことが、答えを持て余し、戦争に至り、傷つくことに浸り、戦争は激化し、憎悪は、憎悪を呼ぶことしかできずに、どこかの正義は悪であり、誰かの悪は正義であり、絶え間ない善悪の闘争から、等差は生み出され、打算的にからまる先々で戒律を生み出し、理性から乖離し、理解を求めては、妨げられるだけに至る原罪から、匿われた意識は、匿名の中で傲慢になり、偽名の中で投下されるミサイルにより、跡形もなく破壊するだけに至るような、情報社会的な社会主義の中で偽装されていく真実が、あたかも事実のように語られる理想により操作されていく人々を貪る退屈を埋めるための倒錯から、発信される事実に食い込む認識が、正しさを利用し、正義を偽装し、犠牲にするための悪をねつ造していく。


類似

朴訥な夢に囲われ、不自然に壊れていく景色を尻目に、酩酊する現代に擦り寄る価値なんかが、改革なんかをうたいながら、忘我をむさぼるような、幼稚な仕組みに支配されては、散漫な儀式に参加し、閑散とした精神の波形や、経過していくだけの日々がかかえるジレンマなんかに戸惑い、遠のく意識は、歯がゆく募る意識的な汚穢なんかに埋もれ、奪われるだけの日々から逸脱できずに、慈しむほどに、離れていく思いは、抵抗できずに、出来合いのものを愛しては、配役を決められた日々で、連帯感などを求められ、徒らに今を消費しては、惨憺たる現在に打ち付けられた罪により揺動されるだけの日々に寄りかかり、堕落するだけである。血祭りにされて、打ち上げられた花火を傍観する。すれ違う意識に互換される、愛に似たようなものが交錯する日々、唐突な思いを旋回し、なじられる日々は、似たようなものを愛し、背景と同化しては、いびつな世界を愛することで、安心感を得るような情報に囚われている。散漫な儀式により、深まる位置的な苦痛に耐えるよりも、絶え間ない日々と遊び、見繕う意味などは、無意味に換算され、惨憺たるものに変わるだけの打算的な排出を繰り返す空疎な自己を破壊して、配される意味が窮屈になり、塗り替えるために、課せられたものを取り外して、相対するだけの短絡的な愛に咎められ、せき止められる日々は歪な換算を進める。


確信

延々としのぐ結末を追い続ける間に枯れてしまい、余韻に浸るだけの対比的な彼らの動機にからまるドラスティックな感動が、かぶれる時に貧するだけのインタラクティブな日々に引き継がれたものが、過干渉に至り、淫靡な結末に磔にされる原型をとどめぬものが放置される街の片隅、ロジカルな魔法が飛び交う画面の中、細胞を覆う栄養や、禁断のものをうたう初期衝動や、正気を失い、所持するものが、消費し続けるだけのつつがない日々に織り込まれていく時間により、還元されていくだけの日々に無数の私欲が健気に飛び交い、退廃的な絵画に纏わり、逍遥する思いが能動的であり続けるほどに、喚き続け、渡される思いはエモーショナルに伝い、つぐないを求めるだけの、堕落した感覚が還元するものが交わり、猥雑にかさばる動機がフラクタルであるほどに、行動とは、構造の中で凝り固まり、恒常的な苦しみに縛られ、市民権なんかを獲得するために、あくせく働き、曖昧な示唆から、模範的であるほどに、どこかニセモノくさくて、空疎な器官で牢獄を作り、自らを加工する肉体の果てで、波形を感じ、折れ曲がる言葉が、公共の物のように扱われ、関わるほどに、かかずらう生命は、酩酊を続け、さまよう意思は、魂を放棄して、定める罪の中で、カタストロフに至り、カタトニーにより、引き裂かれる精神と肉体は、生死という表現を超えて、誂えられた罪の中で跛行し、更新される罰を与えらるために、並び続ける君の罪との距離にたまる理想などを証言するために、荒廃する意思に擦り寄る君の理性すら、制限されるだけであり、自らの意思で選んだものですら、誰かや何かから借りたものに過ぎず、つぐないだけを求めるだけに至る。身体とは、自らが認識するよりも、誰かと分かち合い、身体であることを捨てることにより、この面倒な心身を放棄し、紳士的に身体を崇めるだけの、堕落した観念が作り出した、普遍的なかを考えにより、現実味を喪失し、同意されるためだけに、対価を払い、自らの価値を決めつけられるためだけに、ためらい続ける先で、些細な動機を作り上げ、あてがわれた罪に一体感を求め、紡ぎ出すグルーヴが、観念をめぐり、作り出された罪の尻尾を延々と咥える。



読者登録

小薗学さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について