閉じる


<<最初から読む

33 / 98ページ

観念

血筋を破棄して、旋回する虚空、高揚感により、むくんだ身体、気配はフラクタルであり、平行する健気な意思に擦り寄る互換されるだけの、惰性でアンニュイとした支配の経路、数多に保持する理由がドメスティックにまじわり、等価交換されるだけの、堕落した世界で補完されるもののどれもが、満ち足りないように思えてしまい、しばらくに絡みつくアラカルトや、あがなうほどに、現れる汚さが弊害になり、ぬいつけられた過去も、徒らに逍遥を繰り返すだけの虫たちに邪魔され、時空を持つから、時間や史観に支配されて、縛られるだけに至るのかと、簡単に完結していく隙間に、くまなく現れる憎悪なんかが、多目的な像として崇められ、あるいは、神と名付けられ、連帯感なんかを強制的に背負わされながら、健気に支配される無垢な子供を演じ、ナンバリングされたら頭の数字をかきむしる機械的な我が子を傍観しながら、シナプスを乱さぬように浴びる神経ガスや、火傷した肌から現れた人工的な筋肉や骨にあてがわれた素数や、遊蕩し続ける先で、人間性は汚穢を攪拌させながら、老化するための結末によじれる主観に浪費されていく刹那が、エンドロールをうながし、終わった後でもデリカシーもなく求めるものにより、戦争は激化し、犠牲を絶えず生み出しては、すべてを踏み台にし、見せつけられるものを敬うのでも、羨むのでもなく、自らの価値すら捨てたあたりから、値などは死滅し、締め付けられることや、使命感に遮られることなく、際限なく答えを引き出すだけの、打算的な頭を捨て去り、支払いの義務なんかを無視して、報うためにあらがう都市から放たれ、互いを引き合い、離れることを恐れているだけの法則からも放たれ、度重なる孤独もなんのそのと、疎外されても尚、美しく輝く恒星で経過し、波形をたどる模様なんかを駆逐するような、するどいケモノであり続ける。


垂涎

走り回る君の音、コトコト鳴る君の鼓動、魂も抜けた蝉の抜け殻と、夏の青、愛された記憶の数々、たしなむ思いは夢の数だけ存在し、せいぜい生まれる範囲から、愛は加速し、心の枷を外し、ただよう意識は風に乗り、名前も捨てて、あるがままに世界を泳ぎ、カテゴライズされず、分岐する道をどんどんと進み、みちびかれるものに反し、自由を定めぬ限りは、善悪なんてものには囲われず、加工された真理などは、今を実証するための嘘に過ぎず、短絡的な同化は、勘違いを生みながら、そこかしこを踏み荒らし、自分の道みたいにふんぞり返るような連中が、ぶんどる世界などは、世界として秩序を保つために、意地になっているようなもので、そこで保たれるものなどは、保たれるべきだと矯正するために、力を使うから、誰もが疲れ果て、不安に酔いしれているだけだし、堕落したり、打算的になって、気配を隠し、君の寝込みを襲うような、卑怯なやり口や、口うるさくつきまとうような、勘違いを生み続けるためだけに、強要されるものなどから放たれて、自分の生き方なんかを売りさばくような馬鹿には従わずに、ただ優しく揺れる今が、威張りちらすならば、そんなものは放っておいて、自らが定めるものが、位置や距離などを測る前に、すぐさまそこから飛び立つべきなのであり、リアリティーなんかなくたって、無くなってしまうのが定めだとか、ニヒリストはそのような考えに還元される虚しさにより、諦めたり僻んだりしているだけだから、身体なんか捨てて、能動的にニヒリズムを食ってしまって、さらば、愛する君よと、口付けした甘い夜から敷衍する物語が、延々とステキなハーモニーを繰り出す日々に、幸すら求める必要なんてないのだから。


清遊

頭ん中に数多の言葉がふりそそぐ。理由は甘美な光りに照らされ、際限なく凌ぐ愛が風景を摩擦し、走り抜ける思いは健気で、エモーションを伝染させながら、軽々しく歌う風景を撫で、欠乏していく意識の中、快活な動機を保ちながら、互い違いになる意思は眠り、滑らかな思いは褐色で、たじろぐ瞬間にうつむく君のしどろもどろな心境や、シンドロームに迫る闇に渇する記憶と鼓動、出会いと別れの帰路、希望を喪失し、瞋恚に果てる微かな災いの寄与、感応するほどに繰り返す嘔吐と彼女の奇数、枢要な翅をもたげ、果実をかじり、呼吸と立体的な動乱の波形、宇宙とは、ただ薄い膜を何層にも重ねたものにすぎず、物質とは、ズキズキと痛む頭からこぼれるケミカルなものであるし、あらゆる制限を生み出すだけの、打算的な革命やらが、政治性を持ち出して、意志からジャンプするような、まやかしやら、アナクロニズムにより、引きずるだけの伝統により、苦しめられている徒らな日々に化粧をほどこして、我ら、活用されるための日々から抜け出し、奪い合うだけの意味から飛び出し、加算されるだけの日々に弛みながら、多産であることが、正義であるとカタルシスに至らせるような聖戦の合間で、充てがわれた思想により、あつらえられた希望とは、ただ幼稚なギミックをふくみ、企みながら、羨望するだけの者たちは、規制され、犠牲になるだけであるし、塗り替えるべき意味も、今に謀略により、固執するだけの観念をすり替えるための計略により、宣伝的な苦悩を打ち出すアノミーや、あらがうことを誤り、ただ一人、閉鎖的な格納を続ける容器としてしか、存在の誤りを正すこともできずに、理は拘泥するほどに、高慢になり、選民思想に陥り、構築される正しさを堅持するために、または、陥るために、陥れるだけの日々に達観するものなどの奴隷になり、カスタムされるだけの日々は、誰かのせいにして、制限されるだけに至る日々の怒りを加速させ、君自体を枷に変えてしまうのであるからして、日々とは適当に過ぎ去るものであるし、適度なんか無いからして、支配されずに、自由に歌うことに、権利を叫ぶ必要も、守る必要もなく、秩序とは、秩序の中でしか維持されずに、ただ意地悪く、今を締め付けるだけである。


堆積

身体にまとわりつく風や時間。状況は硬直しながら、なにかを企て、希望にへだてられながら、歪んだ価値を見出し、自らの進路を妨害する。考えとは、自由を呼び覚まし、自らに命令を下しては、意識化するものの襞に吸い込まれる。便宜上の価値を打ち出し、打算的に生み出されたシナリオに屈従しては、真因に溜まる理論的なケダモノに敗北し、自らの落ち度を責めるよりも、他者が打ち出したものによって錯乱し、意味に屈することにより、自らを硬化させていく。主体性を駆逐されたら後。つまずく結末にうずくまる君の青さ。苦味を帯びた冬の空気にゆらぐ刹那を読む。コードは利便的なものを追いかけ、欠乏していく意識は転落し、迎合するだけの罪の海辺で、呆然と立ち尽くす先に現れる忘我の席に座り、アンニュイな構造を逍遥する君は、信用などを求めては、退廃的な傲慢さを携えて、あらがうほどに蓄積する苦悩に隷従する君のふかふかな部分を探すような愛に敷衍していく玉響の規模。即席の理由を尋ね、禁忌をうたうだけの騒音や、幻想を追いかける季節的な汚穢や、引用される罪にはためく君が泣き叫ぶ前に、大切なものを教える。積載される量子的な還元、流動し、補完される言葉の領土、相違していくものどもの結末にわびしく募る、歯がゆい理想などは破棄して、詐欺的な輪唱を続ける宣伝的な信仰を捨て去る。信仰の雨が思いを錆びつかせ、考えに至る前に饒舌に語られる罪の意識が儀式化する前に飛び立つ私は、すべてを突き抜け、緊要に迫るものなどには、ビクともしない。


行方

充実した空間たる愛。愛とは超巨大な箱であり、形を持たず、果てもない空間で孤立する聡明な物質であり、ふれるほどに反響する愛は、事実の中で繁栄を続けて、つたないものを運び出すか弱い手が、快活なものを掴み取り、とこしえになびく悠遠にゆらぎ、不自然で、遊蕩な道理にかまける余韻がドラスティックに衝突を続け、追憶で軋む過去から逃れ、健気に走り去るのが愛である。あらゆる阻害物を含んだ空気、窮理に潜む悪魔たち。勇敢に筆する先に現れるのは、疎外されても尚、書き進める先には、創造的な昇華を迎える。互いの呼吸が合わさり、確かな愛を出迎える。真実は、証拠を残すためだけに語られるものであるし、その空間に充満し、重複していくものは、気だるく重たいものばかりであるし、信じるべきを知らずに、願い祈ることはせずに、真実から放たれ、自らの理由に帰り着くまでの距離や過程から逃れて、献身的に命を加速させる。結末にこびりつく体制的な気配。背景には黒く濁った愛。縛られるだけの運命を破棄し、メカニカルなものが迫り、心が軽薄なものに隔てられるよりも速く走り去る。死は隠されていく。単純なものに覆われ、過ぎるのを静かに待ちながら、長らく攪拌され、何事も無かったかのようにして、死は静謐に物事をくぐり、死は季節を誘致し、自らの静寂に包まれる。愛を補完する余韻や、逸脱する感性が今を巻き込み、軽薄さに迫害されながら、定める意味も喪失しても、愛は悠揚に漂う。



読者登録

小薗学さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について