閉じる


<<最初から読む

26 / 108ページ

反復する渦

彼女の母体を摘む意思、無重力の胎内では、転換される無意味さをぬくもりに変えるような、栄養の海。のどかで、静閑な雰囲気に固まる行方が岩のようだと、想念がカタルシスにいたり、いぶかる先には、何もないのであり、聡明な瞬間に宿る愛と名付けられたものが、連帯感などをうながして、即座に変換されていく苦しみが揺籃なんだと、うるさく付きまとうだけの正しさなどにそっぽ向いて、身近な運命から解き放たれ、たどたどしく渡る君の小さい手。運命を削ぐ音が重複し、壮大なノスタルジアを生み出す間に反響するものが、物語の挿入歌なんだと、誰かしらが、白々しく懈怠する合間には、俯瞰は死滅するんだと、破滅的な使者が騙る原理などから離れて、サナギのように豊かに眠ることで、言葉などは不必要になり、似合わぬ世界から放たれ、配備される哀感などにせめぎ合いながら、生き長らえることなんか、不潔だよねって、羽虫が語る瞬間には、羽虫の命は終わり、次なる生命を紡ぐ歌がなびいて、秋を揺籃に変えるんだって、老婆が永久凍土の中で語る先々では、時間は亡霊に変わり、即席の理由を踏みにじるアリス的な分裂症状から抜け出せずに、惰性に結ばれる無数の思いは、可愛さを武器にして、世界戦争に至らせては、自らの存在意義を示すために、自己愛的な倒錯を繰り返しては、違う世界線の世界をも破壊し尽くし、無になった後でも、誇大妄想にひたる彼女たちの理由により、世界はチグハグにツギハギに作り直されては、先の理由により、また同じように、同じだけ破壊される世界を傍観する自分を傍観するような離脱した自己が、自らのためだけに形成されるような世界を迎合し続けては、倦怠感を攪拌させ、猜疑心に至るだけの、惰性な自我が意思を混濁させ続ける。走り去る衝動を追い求める人々、駆逐されてく今を傍観し、静かに膨大に破壊されてく様を諦観し、見損なうだけの君の偏った理想や、思想なんていらないから、静かに筋書きを書き直して、画期的に生きて、勝手気ままに飛び続ける。


気配

匂い立つ世界。退屈な習慣を踏まえた不機嫌な人々。悠揚な事実に転換される言葉の翅が撫でる豊かな瞬間を知らないから、慢性的な痛みを抱えているような正義なんて、次々と犠牲を生み出すだけだし、発展は退廃を生んで、邪魔なものだと排除して、信じるものなんかないからと、独占される思いに支配されて、侵食される。果たして求めた自由とは、求めるほどにすべてを枯渇させては、埋まらない思いに攻め立てられ、これで幸せなのかと自問自答するほどに不安と不満で爆発するような人々の流れ。健全な朝の大気をふくんで、永遠性から放たれ、借り物の言葉が気配を攪拌し、修繕される希望が老化を加速させる前に、腫れぼったい目をして眺める先は、信用をうたうだけの堕落した世界である。自動的に裁かれるだけで、刹那に讒言がなびいて、蓄積する苦悩は粘っこく、うとましく熱情する。裁かれるだけの日常に隠された意図などに交わる季節に査定され、加工されるだけの意味に鬱積し、均等さなどを孕んだランダムな警鐘や、完全性をうたい、復元されるだけの結末に認証される願いなどを咆哮し、未熟なままにつむぐ歌が感情的に交わる先々で備蓄するエンコードや、理性を複製するだけの天国などを妄想するだけの平和などが、平和を保つために塀を作り、外から来るものを破壊し続けるような正しさが汎用され、同じであることを強制しては、つたない苦しみを共用し、幸せであることを演じる。


愚弄

約束とは破られるために存在するのだと世界は語る。乖離する動機や、まくし立てる出来事などがせめぎ合い、誰かが怒ったり苦しんだりやかましいし、蓄積する約束は漂うばかりで、なんの役にも立たないし、大切なものなんて、体制なんかに左右されて、大切なものを失うばかりだし、惰性で引き伸ばされた命は、生きたいから生きているのか、死にたくないから、生きるのかと、忙しく付きまとう問答から離れて、たたずむのもありだからと、採算合わしては、愛とは語られるほどに、愛とは名ばかりなものであり、バカバカしく騒ぎ立てる人々が誤魔化す本質や、真実や自由などは、至らぬままに過ぎ去り、即座に世界性を狭めては、恬淡に至らずに、虚無にひたるから、空回りし、勘違いばかりを生み出しては、踏み台になり、また踏み台を生み出したりと、足りないとか、威張り散らすばかりで、茨の道だらけで、いつわりもチクチク痛むし、言い訳ばかりで口うるさく、屈折するばかりの住まいたる地球に嫌気がさしたから、月にでも住もうかと思うような昨今、中庸などは要らず、そこかしこにそなわるそぐわぬものなどはそのままに、まかなえるものでまかなおうではないかと、加算される原理はバカげた台詞をけたたましく吐いて、はびこる愛は憎悪をもたらして、平和は歌われるばかりで、どこにも平和などはないからこそ、平和を求めるのかと、矛盾した摂理がカーストを生み出して、悲しみをカンストして、感情の汚物で化膿した身体からは、愛が腐敗して、腐臭を吐き出す瘴気と化して、すべてを自分の毒で溶かすような景色には、形式的なものがこびりついて、どっちが正しいとか論争している暇もないから、壊れたものはそのままサヨウナラ、また始まるものにはこんにちわと、今日もよそよそしく、揺動するだけの君たちの正しさに虐げられるよりは、健気に自らの意志で、意図的なものから離れて、配備されるものに貪婪に迫る君はカスタムされた番犬であり、その首輪がもたらす影響力だけにすがるだけの民がエクソダスして、エクスポートされたり、遠因に咎められたりしながら、真理を大合唱する様は、滑稽であるし、コピーペーストされたものを食パンに塗って、ばくばく食べるわんぱくぶりも、気色の良いものではないから、僕は怪訝な顔をして、乖離する事実との差異や、反復する理由などにたじろいだり、戦ったりしながら、かったるい現実などに証拠を残そうなどともがいたりはせずに、流れるままに歌うのがセオリーであるとか、決め込んだものこそ嫌いではあるから、適当に暴れて、あっという間に去る。


縁取る

機械的な街は饐えた香りを放ち、帰り道を失った彼女たちの故郷は潰え、懐疑的な日々をニヒリズムに書き換え、着替えるだけの毎日に保たれる不純な位置なんかに気配はなくなり、喪失感を委ねる立体的な虚空から発せられるエモーションが焦熱し、今にぬいつけられるノスタルジックな思いが消滅し、大胆に時間をロストしては、離別する今に瞬く一切が、いびつに混ざり合い、愛された記憶なんかをまさぐりながら、長いだけの日々は、一過性のものを巻き込み、実際は大切ですらないものを、あたかも愛しているかのように表現して、限界を生み出すだけの今に欺瞞を生み出し、奪い合うだけの思いに倒錯しながら、錯雑としていくシーンに毀れる思いが、朧気な残像を残し、計画を立てるだけの、打算的で堕落した思いが、発火を繰り返しては今にも消滅していく。縁取る思い出に、高鳴る過去、コアはあっさり割れて、展開していく思いを横暴にまさぐり、偶像をたずさえ、惨憺たる思いが利己的に加速し、感染していく思いは、高揚感を破棄して、画期的に道理を加工して、緻密に作られた加算されだけの、貪婪な容器に入れられるだけの、露骨な修繕から、終焉へと巻き込まれていく理由が、理屈を用いては、今を卑屈に消費していく。偏見と苦難の街、いろどりもなく、むなしく老化していく君たちの盗用した真理により、新たな心因性を生み出し、うたわれる罪により、新たな病は形成されて、今に苦しみを生み出していき、逸脱する心理は、散漫な施設の中で、定期的な苦しみを利用しては、次なる苦しみを自ら作り上げ、あがなう先であらがうことすらできずに、罪をあがめ、誰かを陥れることに、幸福を見出しては、見くびる今に死に行く過程は、回線を混濁させ、昏倒していき、異物感に苦しむかぎりは、限りない苦しみにより、摩耗していく精神は、簡単にちぎれるわけではなく、どんな状態や状況でも、簡単にちぎれてしまうのだ。


劇薬

カンディンスキーの胃の中で踊る。流用される真理を描くイタチたちの硬度、乱立していく主体がさまよい、猶予を与えるからと、道理をうたうだけの惰性な境界から派生する動機が加速し、感染していく衝動性から、整合性を用いて、政府をつくると語る子供たちのメタフィジカルな目が、酩酊する深夜にこぼす毒素や、公言される真意などは、芸術性もなく、くたばるだけの痩せた僕らは、朴訥に真偽を率いては、流動的に悲観するだけに至り、いぶかる境目から、慢性的な痛みを孕むドラスティックなグラデーションから、独占されるだけの定めから、最たる意味をつむぐだけの惰性な支配が潜り込む深夜の共同体を破壊するために、体制を切り刻む。惑星をパクパク食べて、しあわせだと、距離を持たぬ君が精神的に寄贈される多目的な終焉に巻き込まれて、混濁する意識は未熟な真意がおどろおどろしく同化し、収斂していく邂逅から、無縁にからまる君たちの応用する憧憬するだけの帰路から、無数に派生する思いに漁られ、有する価値に飲み込まれ、昏倒する意識はフォーマットされ、文化的な卑劣さに収容され、自らを閉じ込め、苦しむことだけに専念するような輩がうたう道理などにねじ伏せられるわけもないから、果たす義務などに糞食らえと伝えては、退廃的なモラリストがうたうアナクロニズムな還元により、何も変わらずに、ただ継続される苦しみを同じように感じるべきだと、同化することでしか、自分すらも認識できないような奴らに、幼気な思いを引き渡すな!!



読者登録

小薗学さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について