閉じる


<<最初から読む

4 / 108ページ

果てしない

雲の上を徘徊する飛行機、心が旋律を奏でる。空疎な思いをかかげ、面影に流動して、正義がすぐさま廃れて、空が明るい、僕らは疲れを知らずに、ただ突き進む様が、夏をほろぼして、ひんやりとした秋を呼び覚まし、恍惚とした冬に憎しみをこぼしては、延々と過ぎ去るために与えられた今の暇をつぶすのと、笑いながら泣く君の、仰々しい補完やらが、悲観的な感性を生み出し、詩的なノイズをまき散らしては、みじめな今を、すごくみじめな今を愛し始めるのであり、理屈をこねては、高尚な余韻に複雑に絡まる。無くした思いを拾い集める君たちが加速する容易な言葉が敷衍して、この世界を住みにくくするし、枢要なものなど、すぐさま無くなってしまうし、縛られるだけの日々に堕落しては、惰性にみちびかれる思いが干からびて、悲哀に満ち満ちた世界が、恒常的に苦しみを売買している。僕らの痩せた身体が儚く混ざる。途端に言葉は不潔になるから、だまったままで見つめる顔が歪んでしまい、がんじがらめの記憶に臆するだけの、打算的な愛にかじかみ、寛容なものにより、にぶくなってしまう思いに締め出されて、てなずけられるだけの日々に別れを告げて、つぐないを求め、老いては飢渇するだけの君の横顔、短絡的な証拠を集めては、正体を捨て去り、ささやかな愛を弔い、統合される豪勢な日々に緻密に奏でられる儚さを流浪し、老幼混ざるくたびれた傘がひろがる雨模様の中で、機械的に孕んだ懶惰な風邪、気負うだけの瞬間にジリジリと、忙しく伝わる答えにより退行し、高揚を重ねては、対比されるよりも、何かに縛られ、真理を植え付けられるよりも速く走り去り、何も残さぬようにと、揚々と飛び越える先には、果てすらもないから、寛容に暇と遊ぶ。


魔物

能動的な高揚感がせまる。ギラつく太陽を尻目に、ひんやりした部屋で宇宙を創造する。切実な翅をもたげ、たたずむ意識は、空疎な儚さを猥雑に設立させる。単調な悔悟と音が飾られ、建設的な妄想が痕跡をたどり、盲信し続けるほどに、思考停止しては、意思を昏睡させる。更迭される儀式的な意識がさすらい、犠牲的な季節を乗り越えて、はびこる悪意が健気に提示する闇をムシャムシャと貪る幼稚な餓鬼たちが、シュミレートする余韻がインタラクティブなものを求め、求められるものだけが、ここでは大切なのだよと、敵意むき出しでせまる互換性がある征服欲によって、私たちの愛は決められたものを、定めあるもののように感じながら、あたかも定めあるもののように演じながら、確かさをうたい、用いられるものを頼りに、理想などを軽やかにうたいあげ、奪い合うだけの世界で、身の丈にあったものなどを引き裂いて、透過していく思いを伝えながら、淡々と過ぎ去る日々のニキビを潰し、偶像と偶然のあいだで配役を決められ、似通い、決めつけられたものを愛するように強制する普遍性には、おかしいとは思わずに、その普遍的なもの不潔であり、悪であると定めるものは、容赦なく憎み、排除するという方針に包囲され、身動きもとられずに、途端に苦しみを受け入れ、計画的な退屈を自らに孕み、清貧に苦しみを経過しては、散々な意識を持つことが、普遍的なことごとくを淡々と受け入れ、経過すればするほどに、この苦しみは、わずらわしくも、一定のよろこびを効果的に波及し、枯渇せずに、センチメンタルになびく思いが、風景になびき、刹那的に愛するあいだに補完されるだけの思いが、継続的に意思に枷をはめられ、あたかも愛するべきだと、強制されるものだけを信じ込むような合間に、配される思いに磔にされ、最たるものをそこない、ぬかるみに足を取られては、形式化されたものこそを、愛し尽くすように強制される競争的な姑息さに締め上げられる。


画面の中

冷えた体に、よどんだスニーカー、ねころぶ夕日と、蓄積される際限ないよろこび、結末は激しく痛んで、他者から借りた憂鬱を捕食する動植物たちは、立場を用いてマウントを取りながら、攻め入れられるだけの羅列や、打算的な者が示す優劣なんかを蹴散らして、これがラストかもよ、と与太話を繰り返しながら、俯く君が緻密に計算して打ち出すものなどは、今に堕落するだけであるし、あらがう今に必要な犠牲を生み出しながら、満足をうたうのは、どんなだい?って疑問ばかりで、理屈的になるような感傷的なペシミストたちが監獄に入れたがり、監視して従えるためだけに、自らを犠牲にして、機械的な支配を受け入れるべきだと、放送や情報や広告と恋して、指定されて、義務的に世界を愛するふりをするのだよ。

 


真偽を捨てた青

独裁は加速する。僕らは簡単にやせ細って、誰かの機械として、密告に震えると、語るネズミ。名前もない君は、日々を短絡的に消化しながら、安酒に泥酔する。国なんていらないから、国なんて知らないから、勝手気ままに鳴り響くブルースハープ、そこかしこで愛がめばえて、誰もが憎しみ捨てたらとか、理想主義的な嘔吐を繰り返す蝶たちは、いつも情報により過食気味だし、すべてのギミックがねたましいと、よがる誰かの話なんて聞きたくもないから、乾いた風にゆらぐ。つたないものであっても、誰かに届いて継続され、その者を書き換え、革命に至らせるのが、革命であり、何かにおどらされるよりも早く行き着くよりも、天を超えて、へだてるものがない辺りから、こぼれるものが、愛と名付けられる以前の、ごく自然なぬくもりであり、それを愛として認識するよりも速く突き進んでは、どこにもたどり着こうとはせずに、馳せる思いは遠くで雷に変わり、雷鳴響く後には、何も残さぬようにと、容易にたどり着くものなどは、そこにあるものをそっけなく補完し、あたかもぬくもりあるもののように語られるものなどは、所詮はその愛により歪んでしまうならば、のらりくらりと散歩を続け、何かをたくさんふくんでも、複製され、簡易な満足感により陥るだけだと、打算的な破壊者により、情報は常用され、不確かなものすら、確かなもののように感じさせられ、正しくないとされるものに抑止され、抑圧されることに内包されることにより、正しいものとは、自らの力により歪ませられ、その正しさは、どこかでは悪と呼ばれ、毛嫌いされ、その悪とは、どこかでは、正しいものとして、崇め奉られ、拝まれ、願うものなどは、ねだるようなものであるし、粗末に扱われる神は、記号としての役目すら果たせずに、人により歪ませられ、蓄積する苦悩はやがて、憎悪に変わり、次々と人の間で繁殖し、伝染したものにより、強度は増して、自らを憎むように、他者を憎み続けるのかと、加担する義務に擦り寄る価値などを破棄し、世界から逸脱して、何も思わぬように、思い続けることにより、世界をつらぬき、宇宙からぬけだし、脱したあたりから無が敷衍し、何かから産まれるよりも、何かに吸収されるよりも、何かに寄りかかり、語られるものにより、自らを苦しめるよりも、健気につきぬける私がえらんだ孤独や、えらんだことにより、のしかかるものに、重いも軽いもなく、また、与えられたものに満足するとかしないとか、ないがしろにされ、不平不満を綴るよりも、折り込まれていく先には、無だけがひろがるよりも、その内側にそなわる空間に磔にされているだけの君たちの密度や、閉塞的な観念に押し込まれていくだけの、しあわせなどを追い求めるよりも速く突き進むことだけに専念する。


木漏れ日

擦り寄る思いが怨嗟を放ち、アイロニカルにつむぐ、似たようなものの連鎖により、世界は豊かになるらしく、らしからぬようなものを積み上げては、すべすべな足や、黄金の指から放たれる時間にへだてられぬものから、物語は加算されるものから離別し、輪唱される神話や真理などに入り混じるおぼこい動機なんかが演出され、あたかも自らの運命のように強制的に感じさせられ、連帯感なんかを求められては、てなずけられ、気配を攪拌され、確実なものは、今に過ぎ去るものの陰にしかならないと、ニヒリストは語るが、わたしから見れば、すべてはギラギラと輝き、痕跡を残しては、見えにくいものすら、見やすくするし、たやすく用いられる動機なんかに引きずられずに、何かにつけて同期なんかするわけもないし、そこで分け隔てられることなどは、どれも勘違いを孕んで、どれもは正しくないのだと、たやすい理想により、思想とはゆがんでいくならば、思想などはすぐさま捨てて、実在しないようなものとして、そっけなく世界を破棄し、世界などは、認識するためのツールでしかないのだと、ペシミストが暗い顔して、自らの疎外感をたくわえて、互い違いになるのは、世界の責任なのだと、食らいつく世界などは、世界として名付けられた途端に、その中におさまるための義務に抑圧され続け、強制的に孕ませられる虚空やら、孤独などに押し込まれる憎しみだけを増幅させ、複製され続ける言葉を輪唱させればさせるほどに、自らが産んだものにより苦しめられるからと、同化することをしないで、ただ孤高であるために、にらみつける日々などに交わるものが、あまりにもずさんだからって、荒むわけにもいかず、いぶかる先に最適なものなどがなくても、自らが貫くものに圧殺されても、なんども、なんどでも蘇るのが、わたしである。



読者登録

小薗学さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について