閉じる


<<最初から読む

8 / 26ページ

 ヤコブに誘られた魅力ある仕事について聞いてみることにした。「先輩、さしはら旅館より、魅力ある仕事って、どんなんですか?給料ががべらぼうにいいとか?」安田は、苦笑いしながら、返事した。「まあ、それもある。でも、それだけじゃない。日本のためになる仕事だと思ったからだ。今、若者は、貧困と不当労働に苦しみ、自殺者が増えてるというじゃないか。今の政府に頼っていては、若者はみんな殺されてしまう。そう思わないか?ヤコブが紹介してくれたカツラAIシステムズは、九州にAIベンチャー企業を建設し、優秀な若者にチャンスを与えるというものだ。また、日本人だけでなく、イスラエルの若者もやって来るという。そこで、俺たちに、日本とイスラエルの懸け橋になってもらいたいというんだ」

 

 腕組みをして聞いていた鳥羽は、もっともらしい話にうなずいたが、俺たちという言葉に引っかかった。「先輩、俺たちって、ほかにだれか?」安田は、ニコッと笑顔を作り、返事した。「九学連の三島だ。ヤツも一緒に誘われた。そこで、二人で話し合い、いい条件だというので、入社することに決めたんだ。三島は、母子家庭だろ。当初は、警察官志望だったんだが、母親の老後のことを考えると、すこしでも給料がいいところに、就職したいそうなんだ。でも、三島も、日本の若者のためになるならばと思い、カツラAIシステムズに決めたんだ。気持ちは、俺と同じだ」鳥羽は、コクン、コクンと何度もうなずいた。一呼吸おいて鳥羽は返事した。「なるほど、若者のためですか?確かに、AIベンチャー企業は、早急に求められている。それは、わかります。僕も、賛成です。でも・・」

 

 安田は、鳥羽の顔を覗き込んだ。でも、とはいったいどういうことなのか、気にかかった。「おい、でも、ってどういうことだ。いいことじゃないか。やりがいのある仕事だと思うが。何か、引っかかることでもあるのか?」鳥羽は、ヤコブが二人を誘った理由が気になっていた。カツラAIシステムズといえば、外資系の超一流の企業。F大のアホが就職できるところではない。それなのに、なぜ、ヤコブは、二人を誘ったのか?何か、不吉な予感がした。「いや、国際的な超一流企業に就職するわけですから、すごいことですよ。T大卒でもなかなか入れないと聞いています。頑張ってください。もう、入社試験は、合格したんですか?内定もらったんですか?」


 

 安田は、ちょっと不安になった。ヤコブから、就職を勧められただけで、入社試験も面接も受けていなかった。だから、当然、内定通知も貰っていなかった。もしかしたら、騙されていたのではと思った瞬間、安田の顔から血の気が引いた。だが、確かに、ヤコブはモサド採用を約束した。そうか、俺たちはモサドに採用されたのであって、カツラAIシステムズに採用されたのではない。そのことに気付いた安田は、鳥羽にはモサドのことを話すことにした。万が一、親友に話したことで採用を取り消されたならば、それでもいいと思った。というのも、なんとなく不吉な予感がした。また、万が一、何かあった時、助けてくれるのは鳥羽しかいないように感じたからだ。

 

 顔を引きつらせた安田は、ゆっくりと話し始めた。「そうか、入社するからには、入社試験も面接もあるよな。俺たちは、まったく、そんなものはない。ヤコブの言葉を信用しただけだ。しかも、今、思い出してみると、俺たちを採用するのは、カツラAIシステムズではなかった。モサドだ。俺たちは、モサドに採用されたんだ。そうだよな、超一流企業に三流大学の俺たちアホが入れるはずがない。鳥羽、そういうことだ。ヤコブは、俺たちをモサドに採用すると約束したんだ」鳥羽は、事情がつかめ、疑問が解けた。ヤコブは、二人をモサドに引き込んで何をさせるつもりなのか?鳥羽の心は、不安でいっぱいになった。「先輩、モサドに、本当に、入るつもりですか?モサドはイスラエルのスパイ組織ですよ。そんなところに入って、大丈夫なんですか?命を狙われることだってあるんですよ」

 

 安田の全身に震えが走った。モサドはスパイ組織。命が狙われる。そう思った瞬間、やはり、判断を間違っていたような気になってしまった。でも、俺たちは、承諾してしまった。特に、三島は、お金のためなら、何でもやるといっていた。三島は怖気着いて、引き下がることはないだろう。俺も、いまさら、怖くなったからといって、三島がやる限り、引き下がるわけにはいかない。しかも、モサドの話は、俺が三島に持ちかけたのだ。リノには、申し訳ないが、もはや、後には引けない。安田は、自問自答するように、つぶやき始めた。「そうだよな。スパイであれば、万が一、発覚して捕まれば、拷問にかけられる。拷問の挙句、殺される場合もある。でも、二人で決めたことだ。後には、引けない。鳥羽、万が一のことがあったら、助けに来てくれるか?」

 

 


 鳥羽は、即答できなかった。たとえ、親友といえども、助けに行くということは、自分もやられることになる。軽はずみな返事はできなかった。しばらく黙っていると安田が話し始めた。「いや、悪かった。自分の始末を親友に頼むとは。俺もどうかしている。バカなことを言ってしまった。今言ったことは、忘れてくれ。俺たちがモサドに入ることは、他言してはいけないことになっている。鳥羽、モサドのことは、きれいさっぱり忘れてくれ。今日の俺は、どうかしている。いったい、どうしたっていうんだ」鳥羽は、安田の気持ちがよく分かった。モサドに入ることに恐怖が起きたに違いない。これは、当然のことだ。三島は、お金が必要だといっていた。おそらく、安田が引き下がっても、三島は引き下がらいように思えた。安田は、そのことを察して、三島と心中する覚悟を決めたに違いない。

 

 鳥羽は、二人が危機に陥ってもどうすることもできないと思ったが、何か、アドバイスはできるように思えた。「おそらく、万が一捕まれば、拷問は覚悟したほうがいいです。モサドは、CIAKGBMI6のどこよりも、仲間を大切にすると聞いています。でも、必ず、救出されるとは限りません。僕は、何もできないと思います。ただ、先輩にアドバイスはできるように思います。でも、先輩とやり取りすれば、先輩が機密情報を漏らしたことになる。そうなれば、裏切者として、モサドに消されるかもしれません。僕は、どうしたらいいんでしょうか?先輩のお役に立ちたいとは思うのですが」

 

 安田は、顔をしかめ、今にも泣きそうな表情になっていた。「いや、本当に、浅はかだった。俺たちのようなアホにスパイなんかできるはずがない。いったい、どうして、ヤコブは俺たちをモサドに引き入れたんだ。意味が、さっぱり分からん。要は、捨て駒ということか。そんなことにも気づかないなんて、ホンマ、アホやな。お金に目がくらんだ俺たちは、バカだった。でも、俺は死にたくない。こうなったらやけくそだ。俺は、鳥羽のアドバイスを受ける。万が一、発覚した時は、その時だ。三島も俺の気持ち、わかってくれるだろう。鳥羽、俺たちに知恵を貸してくれ。今のままでは、おそらく、俺たちは、やられる。腹は、決まった。頼む、鳥羽」

 


 鳥羽は、返事に少し躊躇した。確かに、二人は捨て駒に違いないと思えた。おそらく、ここという時に、モサドは二人を捨て駒として使うに違いない。先輩を見殺しにはできない。鳥羽も腹を決めた。「わかりました。先輩を見殺しにはできません。でも、いったい、どうやって、先輩と連絡を取るかです。電話やメールでは、すぐに発覚します。それと、三島さんには、先輩と僕のことは黙っていてください」安田は、少し気持ちが落ち着いたのか、ホッとした表情で返事した。「そうだな。このことは、鳥羽と俺の秘密にしておこう。三島は、びくつかなくてすむ。もし、危険な任務に就いた場合、どうやって、鳥羽にそのことを伝えるかだ。慎重にやらないと、コレだからな」安田は、右手の親指で首を切る仕草をした。

 

 鳥羽も絶対にバレない連絡方法を考えることにした。「そうです。まだ時間はあります。じっくり考えてみましょう。ところで、リノさんには、イスラエルでの研修のことは伝えたんですか?」安田は、顔をしかめて返事した。「それがだな~~。まだなんだ。それに、リノのヤツ、妊娠したみたいなんだ。困ったな~。妊娠が本当だったら、出産は、4月か、5月ってことだろ。まだ、出発時期は、はっきりしてないんだが、1年間、イスラエル研修に行くと言ったら、どう思うだろうか。いや~~、困った」鳥羽は、安田の優柔不断な気持ちが気にかかった。「先輩、モサドは、スパイです。感情に流されるようじゃ、判断ミスをして、即、やられてしまいます。リノさんには、モサド入隊の了解は取っているんでしょ。ならば、はっきりと、言わなければなりません」

 

 安田は、これからモサドになることを改めて気づかされた。万が一、リノに反対されるようだったら、きっぱりと、モサドを断ることにした。三島には悪いと思ったが、リノに反対されてまで、モサドにはなりたくなかった。「わかった。今、はっきりというべきだな。アドバイス、ありがとう。さすが、鳥羽。リノは、日本救済のモサドの仕事には賛成してくれた。俺よりも男らしい。大したもんだ。万が一、俺がやられたら、リノと再婚してくれ。鳥羽だったら、許す」目を丸くした鳥羽は、即座に返事した。「何、バカなことを言ってるんですか。死ぬなんてことは、考えてはいけません。とことん、生き抜くんです。それに、リノさんは、僕にはムリッス」安田は、ワハハと笑い声をあげて、氷が解けて水っぽくなったコーヒーを一気に飲み干した。

 

 


             AI脳実験

 

 86日(火)広島原爆の日。夕食後、キッチンテーブルで向かい合ったイサクとヤコブは、いつものAI脳についての雑談を始めた。イサクは尋ねた。「AI搭載は、頭頂葉が最適なのか?」ヤコブは首をかしげて返事した。「今のところ、頭頂葉が最適だと考えている。左右の海馬をAIにすることも考えたが、まずは、頭頂葉にAIを設置し、海馬と間脳に電気信号を送り、グリア細胞活性化のテストをすることにしている。しかし、当初考えていたより、かなり、やっかいだ」イサクは自分の意見を述べた。「やはり、無理があるんじゃないか。AIを設置できたとしても、AI信号は人間のニューロンに適合しないと思うんだ。シナプスの伝達物質は、単なる電子ではないんだろ。しかも、あまりにも複雑だし」

 

 腕組みをしたヤコブが一度うなずき返事した。「確かに、その通りだ。AIからニューロンへの電気作用は、今のところ、実験を繰り返さないと何とも言えない。だから、まずは、AIでグリア細胞を活性化させることにしたんだ。つまり、第一段階として、AIを使って海馬と間脳に電気信号を送る。これによって、グリア細胞を活性化させる。グリア細胞は海馬をさらに活性化させる。活性化された海馬が大脳皮質を高度に機能させる。これに成功すれば、第二段階として、左右の海馬にAIを設置し、AIデータを利用できる大脳皮質を形成する。今は、第一段階を成功させることが目標だ。まずは、エージェントAI脳を作り、次に、科学者AI脳をつくる」イサクは、AI脳の実現がまじかに迫っているように思えて笑顔を作った。「なるほど、まずは、エージェントAI脳だな」

  

 ヤコブは、話を続けた。「そうだ。第一段階の実験では、今言ったように、AI頭頂葉から海馬と間脳に電気信号を送る。それによって、グリア細胞の機能を高める。結果的に、大脳皮質の高度機能につながる。何といっても、本来、人間が持っているグリア細胞を最大限に活用することが、脳機能には不可欠だ」イサクは、笑顔で返事した。「なるほど、ヤコブがいつも口にしているグリア細胞の最大活用だな。面白そうだな」ヤコブが、身を乗り出し、話し始めた。「そうさ。なんといっても、まずは、グリア細胞の活用だ。ニューロンとグリア細胞は相互に作用しあって、脳は高度に機能するんだ。問題は、実験だ。モルモットが必要となる。しかも、猿やオラウータンではだめだ。人間モルモットが必要だ」



読者登録

サーファーヒカルさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について