目次

閉じる


 5 楽器やさんの仕事

 

 その日から、やまねこの男の子は、毎日、うさぎの楽器やさんを手伝いに来るようになりました。

 やまねこの男の子の名前は、ニノくんといいました。

 楽器やさんが、新しい楽器を、作っている間、ニノくんは、お店の掃除をしたり、お客さんとお話したり、お店がひまな時は、ふえを吹いて、練習をしました。

 驚いたことに、ニノくんは、ふえの吹き方を、何も、知りませんでした。

 初めて吹いた時の、あれは、なんだったのだろう?と、うさぎの楽器やさんは、不思議でなりませんでした。

 うさぎの楽器やさんは、楽器を作る合間に、ふえの吹き方を教えました。

「あんまり、強く押さえると、割れちゃうからね、軽く持って。」「口の形と、息の量で、調節して。いい音が出れば、それがいいんだ。」

 教え始めると、やはり、筋がいいようで、1オクターブが出せるまで、大した時間は、かかりませんでした。

 それに、あの、不気味だったふえが、よく通るいい音を出すのです。

「この分なら、吹きこなすのに、そう時間はかからないな。次に、半音階を教えて、2オクターブも出せれば、大抵のメロディーが演奏できる。」うさぎの楽器やさんは、ニノくんの上達が、楽しみになりました。

 

 楽器やさんの仕事は、楽器を作ったり、売ったり、教えたり、修理したりするだけではありません。森の動物たちに、すばらしい音楽を届けることもします。どうやって、届けるかというと、すばらしい演奏を聴くことのできる、コンサートを開くのです。

 森には、動物たちのオーケストラがありますが、森の外にも、もっと、いろんな演奏家がいることや、たくさんのリズムや音色があることを、うさぎの楽器やさんは、伝えたいと思っています。

 うさぎの楽器やさんは、楽器を、ひとつ、作り上げてから、ニノくんを呼びました。

「えー、ニノくん。つぎの満月の夜、森の広場で、コンサートを開くことになりました。我々、うさぎの楽器やは、会場の準備と、チケットを売ること、そして、演奏家をサポートする、アシスタントをします。」

「はい。うさぎの楽器やさん、いったい、どんな演奏家を呼ぶんですか?」ニノくんは、興味しんしんです。

「それは、私が大ファンの、ピアノ・トリオに来てもらえることに、なったのです。」ピアノ・トリオとは、ピアノと、あと2つの楽器の三重奏です。

「えー、前々から、ぜひ、来てもらいたいと思っていたのですが、いろいろと、都合が悪いことがあって、今まで、実現しなかったのです。」うさぎの楽器やさんは、ニコニコしています。「ニノくんには、演奏家のアシスタントをしてもらいたいと思います。」

 ニノくんは、ワクワクしました。演奏家たちの、お世話をしながら、お話もできるし、すぐ近くで、すばらしい演奏を、聴けるのですから!

 うさぎの楽器やさんは、ニコニコしながら、続けました。

「ニノくんは、やまねこなので、きっと大丈夫です!」

 

つづく  

 <うさぎの楽器やさん 6 ピアノ・トリオ>に続きます。 現在作成中です。

 


この本の内容は以上です。


読者登録

銀色すずさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について