twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション 童話・絵本 , ノンフィクション 作者 ヒノモト テルヲ
価格 無料
タグ 人工知能ロボットプログラム遺伝子クローン
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

47 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 10ページ (Web閲覧)
11ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
人工知能は大量のデータ処理能力と速度において既に人間を超えているが・・・
機械的ロボットは人の作ったプログラムと、電気が無ければ動かない。けれど生物学的な物は遺伝子というプログラムがあり、生体内に電気をもっていたり、作ったりできる。クローンやコピーもロボットとすれば、彼らはかってに生きていくこともできるのだ。

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

100円
泣き虫ボッチ2 第十二歩目「小さなお姫様」

この本を開く

甘やかされて育った糖尿病のジェンヌちゃん。食事制限もお注射も、ジェンヌちゃんがイヤなことは一切したく...

この本を開く

方子さんはどうしようもない方向音痴です。名前が悪かったのでしょうか。当人は至ってお気楽なのですが、周...

この本を開く

人は神さまに逆らって色のついた羊を造りはじめる・・・*アルファポリスの絵本ひろばでは「R」が付いてい...

この本を開く

1971年から1990年までの20年間にテレビ放映された日本の特撮ヒーロー番組に登場する「悪の組織」...

もっとみる