目次
はじめに
第一部 私と台湾
日本語は私と台湾の架け橋(アンディチャン)
台湾の楽しい思い出 (池田徳三郎)
何故台中市は大好きなのだろうか?(池田徳三郎)
台湾に残る狛犬たちを訪ねて(市来訓子)
私を台湾へ導いてくれた台中のご縁(伊勢寛)
埔里で日本語教師をして (伊藤直哉 )
いりぐち(大竹千紘)
台湾の神社に魅惑された私 (金子展也)
慰霊訪問団に参加した孫の感想(小菅亥三郎)
ドライブと温泉(駒井教雄)
私の台湾人生(酒井充子)
私の台湾史(佐藤晋)
台湾の日本語世代からのエール(佐藤民雄)
台湾へ出向(鈴木誠真)
台湾へ留学の思い出(高橋美代子)
お爺ちゃんとの思い出(舘量子)
台湾の世相の変化(陳秋蘭)
台湾の鐡道に魅せられて (戸井智博)
私と台湾(飛石秀樹)
台湾物語(中須賀重幸)
台湾と中国のはざまで揺れた心(中山孔明)
台湾と祖父母と私(永峯美津保)
環島(西川洋美) 
私と台湾 (丹羽文生)
台湾との邂逅(福田真人)
変わるものと変わらないもの(松尾功子)
台湾を歩いて(松任谷秀樹)
台湾で観たお月さま(森順子)
台湾は台湾 (李中元)
私と台湾のご縁(山本幸男)
私と台湾のかかわり (山元與一 )
日本語と私(林玫芳 )
台湾で見つけた人生の目標 (若尾彩加)
第二部 湾生と日本語人
私の一生(木村英一)
故郷の川(島崎義行)
暖かい台湾の心(瀬戸省三)
勇気ある質問(泰一則)
台中にて(堀部二三男)
二つの故郷(溝口啓二郎)
詩「戦後60年」(許育誠)
皇太子殿下のご成婚に期待をかけて(許昭栄)
昔の夢にふける(洪伯若)
冬(曹劉金花)
回顧(游大坤)
母の思い出(李栄子)
終戦当時の思い出 (李英妹)
詩「故郷」(劉心心)
私達と日本語(林陳佩芳)
僕の軍隊経験(林啓三)
私の少女時代(林翆華)
水産学校(林彦卿)
編集後記
編集後記
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

27 / 54ページ

変わるものと変わらないもの(松尾功子)

 

                                         変わるものと変わらないもの

 

                                                          台中市 松尾 功子 

  

平成の時代が終わろうとしています。

 

平成三十一年。日本では、今上天皇陛下が御譲位され、年号が改められます。次の北回帰線は、新たな年号での発行となります。

 

 「平成」という時代から、次はどのような時代が始まるのか。現在の子どもたちは、平成の時代に学校に入学し、次の新しい年号で卒業を迎えます。年号は変わりますが、学校は変わらない。平成最後の年の北回帰線の巻頭言は、【変わるものと変わらないもの】について、考えてみたいと思います。

 

台中日本人学校は、今年創立四十二年目を迎えています。昭和の時代に開校し、平成となり、地震を乗り越えて、今の台中校の姿があります。

 

子どもたちの数は、大きく変わりました。昭和五十二年の創立時は、小学生六名でした。その後、平成元年の子どもの数は、小学部百十一名、中学部二十九名、合計百四十名。そして、現在は、小学部八十九名、中学部二十六名、合計百十五名。十年ほど前は、二百名に近くなったこともありましたが、ここ数年、少しずつ減少していることは、寂しいことです。台中校の変わるものは、子どもの数です。

 

校舎も、変わるものの一つです。平成十一年の集集大地震で崩壊した太平の校舎から、この秀山里の校舎に移りました。わずか一年の工事で、多くの方々の寄付によって、この美しい校舎が建てられました。

 

学校の規模や校舎の他にも教育内容や教材、先生方など、変わるものは多くあります。

 

反対に、四十二年の中で変わらないものの最たることは、やしまるとやしまるの子どもたちでしょう。

 

台中校のシンボルツリーである「やしまる」。正門の前で、毎日、

孤高に凛として立つ。雨にも日照りにも、台風にも負けず、愚痴を言うこともなく、ずっと子どもたちを見守り、そびえ立っている。その強い姿は、子どもたちの憧れでもあります。そんな姿を子どもたちが、「やしまる」にして、台中校のキャラクターとして表してくれました。バナナを持つ可愛いやしまるの姿は、三十周年記念に誕生しました。今では、大きなパネルになって、職員室の入り口で子どもたちを出迎えています。時々は、ほんもののやしまる(木が動くのではありません)が登場することもあります。七夕集会で登場することが恒例になっており、子どもたちは大歓声でやしまるを迎えています。

 

 そして、変わらないもののもう一つは、「台中っ子魂」だと思います。

 

台中日本人学校の子どもたちは、優しさを持っています。とてつもなく寛大な心を持っているのだと思います。それは、子どもたちに様々な状況があり、それを受け入れ、飲み込み、今の状況をより良くするために努力してきた結果、身に付いたものでしょう。また、この台湾の地の人間的に大きく温かい風土に関係があるのかもしれません。小学部六年生の学級目標は「ベストフレンド」でした。ベストフレンドであるために、友だちを責めない、良いところを見る、励まそうと努力する態度に感心しました。六年生だけでなく、台中校の子どもたちの多くが、この優しい心を持っていることを、この三年間で見ることができました。優しさをいつまでも持ち続けてほしいと願っています。台中校の変わらないものは、やしまると子どもたちの優しさです。

 

私の台中校での任期も終わりを迎えようとしています。十四代の校長から十五代の校長へとバトンを渡します。台中校の変わるものはより新しくより良く、変わらないものは永遠に変わらず続いてほしい。

 

灼熱の太陽を身に浴びて 異国の友と手をつなぎ 

 

みんなの学校 台中校  永遠に 栄えあれ


台湾を歩いて(松任谷秀樹)

 

「台湾を歩いて」

 

                           杉並区 松任谷秀樹

  

80歳半ばの母と台湾に何回も行った。母は足が不自由だったので、移動の際は車椅子を利用した。台湾では、街中だけでなく郊外にも行ったので、通常のトイレタイム以外にも、行き先にトイレがあるかどうか分からないと頻繁にトイレに行きたがった。 その度に車椅子を押し女性用トイレに行った。母は平らなところは杖で歩けるので、トイレ内に段差がなければ一人で使用できるが、段差があると手助けをしなければならない。なので女性用トイレの中をその度ごとに見に行った。

 

 男が女性用トイレを見ているので、日本では怪訝そうに見られることも多かったが、台湾では母のために見ているのが分かると、大概はウェルカムでもっと中まで見るよう勧められることも多かった。言葉は通じないけれども、台湾の人の持っている年長者や弱者に対する敬意を肌で強く感じた。とても気持ちが温かくなった。

  

2 母は好奇心があったので、台湾の街中でも、あっちに行こうこっちに行こうと街中を車椅子を押し随分歩いた。

  ところが、例えば台鐵の台中駅から宮原眼科に行くにも、街の中を歩いて五分ぐらいの距離なのに、歩道を歩いて行けない。亭仔脚の名残なのか、歩道が段差ばかりだ。車椅子では歩道を行けない、車道を車を気をつけながら随分歩いた。その度ごとに、車椅子を押しながら不自由を随分感じた。

 

 

3 料理店にもよく行った。初めての台湾行の際、どのガイドブックにも載っているような台湾料理の店に行った。どの料理も皆美味しかったが、特に杏仁豆腐が美味しかった。 なので、次の機会にも同じ料理店に行き同じ杏仁豆腐を注文したが、味が薄く、がっかりするくらい美味しくなかった。

  それでも最初の味が忘れられず、三回目行って同じく杏仁豆腐を注文した。すると、皿の中の一部が美味しく、一部は美味しくなかった。 その場では理解出来なかったが、後で、杏仁豆腐を作る際、混ぜ方が均等でなく、器の下は濃くなり、上は薄くなるのではないかと思った。

 

 4 今の日本人は、同じ一万円を使うとしたら、山登りよりディズニーランドに行くことを好む人が多いという。山登りは、予定時点では分からない天候次第で、最高にも最悪にもなるが、ディズニーランドは一定しているので、同じ一万円を使うのに満足できる可能性が高いからだという。

 

 5 台湾を歩いて、心暖かい町や人を感じるか、不自由を感じるか、濃厚な味にあたるか、上澄みの薄い味を感じるか、分からない。同じ一万円を使うとして、満足できるかは、その時次第で謎ばかりだ。

  

6 これからは、台湾を歩くだけでなく、台湾に滞在して、謎を少しでも解決したいと思っている。

 


台湾で観たお月さま(森順子)

台湾で観たお月さま

                                        

                                                      島根県 森順子

 

私達家族が台湾を訪れたのは2017年10月。

亡き伯父磯田謙雄が日本統治時代総督府に赴任し白冷圳に関わった御縁で銅像を作って頂き、その頃私の父謙四郎(謙雄の弟)も台湾に住んでたということもあり、2人に想いを馳せて 私、主人、息子夫婦、娘夫婦とお婿さんのご両親と総勢8人で行きました。

亡き伯父との思い出は、私が高校生の時金沢に行き案内してくれた事。偶々我校がバスケのインターハイで金沢に来てて体育館の場所も教えてくれ、建設会社に勤めてた時この体育館も関わったとも。これが伯父と会った最後だったので、あれから50年、台湾での再会⁇どんな気持ちになるのかなあと思いながら… 最初は家族だけで伯父の銅像に会い、近くの景色見て帰る予定でしたが伯父のひ孫にあたる直子さんの計らいで、新社の皆様がわざわざ時間を作ってくださり、温かく迎えて下さいました。言葉は通じなくても、銅像にまだ対面してなかったのに、何だろう・・懐かしく なぜか涙があふれて止まりませんでした。

お陰様で灌漑工事のスケールの大きさや、そこに関わられた皆様、台湾の現地の方たちも含めて多くの方々のご苦労や偉大さを感じた一生忘れられない有意義な時間に成りました。

 

折りしも台中を訪れたのが中秋の名月の日。

夕食食べようとしてもどこもお店が早く閉まり、やっとで開いてた所がカラオケも出来る小さなお店でしたが、若い女性の方がスマホを使いながら一生懸命料理の説明してくださり食事も美味しくいただき、流れてたカラオケの歌も耳に心地よくこれ1曲聴いてから帰ろうかと話してたら、そのお姉さんが私たちの前にあったカラオケをガチャガチャと。

流れてきたのは森山良子の「涙そうそう」

マイクを私たちの所に!

 

 

 

 歌詞は中国語?かな、でも息子夫婦はアカペラやってるので日本語で熱唱(息子は風邪気味で声が…)し、台湾の人たちからも拍手喝采頂き、この出逢いも忘れられない心温まる楽しい思い出に成りました。

また台北では帰国当日の朝早く、娘夫婦とホテルの近くのお寺に散歩がてら行きました。台湾の最後の日だなあと、早朝の爽やかな風を感じなら歩いて行く途中で太極拳してる人達見かけたり、お寺では日本の方ですか?と年配の男性が声かけて下さり、こうやって日本人と話し日本語覚え、日本の歌も孫に聞かせてると。お寺の案内もして下さり奥の方にエレベーターがあり、上がると台北市内が見え、ここでも街を見渡し、今日でお別れ等々感慨にふけりました。

 

そして日本に帰ってから主人と見た建築家の津端さんご夫婦のドキュメンタリー映画『人生フルーツ』当時津端さん90歳、奥様87歳の物語。

映画の中でも台湾の映像が。

戦時中海軍に入り将校だけが優遇される事に違和感を感じ、台湾少年工達{募集を受け台湾から優秀な12歳から19歳の少年達が日本に!}の寄宿舎で一緒に暮らしてた写真や、その当時 弟の様に可愛がってた青年を戦後探して、亡くなってたことを知り、台湾に行かれた時お墓参りされてる所や設計された団地(台北から40分位離れた海の近くのニュータウンと)が映り、映画を見た帰り主人があの団地台湾で見たよねと!

そういえば淡水に行く電車の中から見たあの団地かもと。

こんなに日本と関わりある国なのにお恥ずかしい話ですが極端な言い方すれば、台湾も他の外国の中の一つ位にしか思ってませんでした。

今回旅行し自分の足で歩き、目で見て聞いて感じ、お陰様で心温まる出逢いを沢山頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。

台中から観た中秋の名月。日本でもこのお月さま観てるだろうな。繋がってるんだよねと。

 

  ( 

伯父達含めご先祖様が遺してくれた徳。それを

戴いて 今がある様に、私は何が出来るのだろうか?

この繋がってる空の世界中の子ども達に戦争のない

平和な日々が訪れますようにと願いながら

これからも私に出来ること、徳積みしていけたらと思ってます。

台湾の皆様有難うございました。


台湾は台湾 (李中元)

 

             台湾は台湾

 

            屏東県 李中元

  

第二次戦争中、戦死された戦友達が思い出されて悲しくてたまりません。軍歌を歌いながらいつもそういう悲しい昔の姿が浮かんできて涙が溢れてしまう。

 

 当時としては仕方なかったと。でもね、たったひとつ、政府から「過去の台湾の軍人軍属の皆さん、ご苦労さんでした、ありがとうございました」、そのひと言がぼくはほしいんですよ。それを願っとるんですよ。どうしてひと言だけでももらえないかと。年金ももらっていない。日本人だけにしかやれないそうです。なんでこんなにまで見捨てられてしまうかと、これがわたしはほんとに悔しいです。政府としてはなにひとつしてくれていない。国のために死を覚悟して僕たちは志願して行ったんですよ。何も自分のためでなんのご褒美があるからと言ってそこに行ったわけじゃないですよ。だから、ぼくはすごく、政府に対しては了解できません。

 

 いつも口癖のように言いますけど、日本の皆さんには親しみを感じますよ。たしかに昔のぼくたちの同胞だと。ぼくは今でも支那人だと、そういう観念がないです。毛頭ないです。まだ日本人だというふうにね、生きてきましたよ。皆さんに会えて縁がつながってすごく楽しかったしかも、こういう年を取ってるおじいさんに対してすごくいたわってくれて、これぼくは感謝してます。

 

 でも、政府に対しては了解できません。日本の皆さんにお詫びしたいけど、実際言うとこれがほんとのわたしの気持ちですから、それを吐き出さないとほんとに胸が詰まって苦しいんですよ。

 

 日本が台湾統治した当時、2年間以内に自由に自分の国籍を決めることが出来ると公布していました。選択は三つありました。「1.清朝に帰る、2.華僑として台湾に住む、3.日本国籍で台湾に住む」があり私達は3.に決めました。それで私の身分証では

 

「祖籍は福建、国籍は日本国」。それにしても、私はいま、何者なのでしょうか。

 

19451025日陳儀行政長官が発布、「今日より台湾は正式に再び中国の領土になり、全ての土地と住民は中華民国国民政府(国民党政権)の主権下におかれる」。この声明は台湾の領有権の変更のみならず、台湾人の意思にかかわらず一方的に、その国籍を日本から中華民国に変更するものであった。この点、日清戦争後の台湾割譲に伴い、台湾住民には2年間の猶予期間が与えられ、国籍の選択が認められたのとは、著しい違いであった。

 

 鄭成功は赤嵌のプロビンシャ城を占領すると、ただちに行政区域の画定に着手した。まず台湾全島を「東都」(中国の東)と改名し、破壊したぜーランジャ城周辺の地を安平鎮と命名した。赤嵌とその周辺、つまり今日の台南市一帯を承天府とし、その

 北に天興県、南に万年県を設け、さらに膨湖島に安撫司をおき、一府ニ県一安撫司からなる東都の行政区画を整えた。また、オランダに組みした先住民の動向を警戒し、自らの一部の軍勢を率い、いくつかの社(部落)を訪れて威圧した。鄭成功はこの東都を明王朝再興の基地とし、帝位を僣称することなく「藩主」の地位にとどまった。台湾に到着した一年足らずの16625月に鄭成功反清復明の志を遂げないまま、波乱に満ちた39才の生涯を終えた。その死後、オランダを追い払い、台湾を開拓した功績を讃える移住民に「開山王」と崇められ。台南に「開山廟」が建てられた。清王朝時代の1874年に至り、勅許を得て「延平郡王祠」が建廟され、正殿には鄭成功、後殿には母の田川氏が祀られている。鄭成功の人気は日本にも及び、江戸時代には近松門左衛門の「国性爺合戦」がある。又台湾を領有した日本は「延平郡王祠」を「開山神社」に改め、鄭成功の神格化に与っている。子、鄭経は鄭成功の死から19年後の1681年に父と同じ39才で死去するまでの間、中国での征戦に腐心ゆし、政務を顧みる余裕も関心もなかった。そのため政務はもっぱら鄭成功以来の重臣である陳永華に委ねられた。

 

 陳永華は鄭氏政権の台湾経営に最も貢献した人物であり、農地開発に伴う土地制度及び戸籍の整備など統治の基本となる行政機構と制度を確立し、鄭氏政権の基礎を整えた。更に人材養成のための住民教育や、財源確保のための海外貿易を積極的に進めた。「開山王」鄭成功の陰にあって、陳永華の業績は隠れがちであるが、むしろ台湾開発に果たした貢献はより大きいものがある。しかしながら、反清復明を国是とする、軍事政権ともいうべき鄭氏政権への貢献の大きさは同時に苛劔銖求の圧政ともなり、台湾住民を苦しめた。これで台湾からの統一主導権は如何に難しいかがわかりました。

 

 1947(昭和22)227日の晩、遅くまでラジオ聴きながらその晩の事件のことを聞いておりました。闇タバコの取締中に市民一人が射殺されたという事件です。デモ隊が目指した專売局の表門は閉まっていて入れないから、脇の門から太鼓をたたきながら入っていきました。ぼくはそこはついて行っていません。すごく長い時間が過ぎました。学生も市民も皆んな来るんですよ。どんどん人が集まって来る。ワイワイ騒いで。1140分あたりかなと思うんですけど、専売局のベランダに王民寧という、戦争中は重慶に逃亡した台湾の人、この人が少将に新任されて警察の役人だったんですがこの人が現れてここは誰もいないから、ぼくが陳儀行政長官のところに連れていってあげるとデモ隊を先導して行った。行政長官公署に向かった。

 

 そこに入った途端に機銃掃射があったんです。中山路と忠孝路の十字路の真ん中にロータリーがあってそこに何人か倒れておった。それで群衆は人殺しやと言って駅の方に逃げていった。お山さんがこういう風に無残に台湾人に向けて掃射した。台湾人は甘いことで踊らされて自分の同胞だというがこういう風に殺されている、という記事を書きました。ぼくは編集長が新聞に出してくれたかどうかわからなかった。

 

 私の見方では、戦後来た大陸の人達は、台湾を治めるという気持ちはなかった、台湾は俺たちが制圧した戦利品だから、と言う気持ちで台湾に来ておって。なんでも金になるものは、自分たちのもんだという考えで来たわけだ。だから来た人達は文化的に法というものを守っていません。俺らが制圧したところだから、なんでも全部取れると。だから摩擦が毎日あるわけ。私から見たら文化衝突だ。もう一つは文化よりも心の思い。台湾を統治する、という思いがない。法を守って統治しているんじゃない。

 

 私の爺さんは日清戦争の禍いで日本に帰化し父は第二次世界大戦の禍いで祖籍に戻されて戦禍でいつも捨てられる台湾はほんとに涙の島、罪の島でございます。

 

 これからまた、世界のどの国か台湾の宗主国だとして言って来たら私達は経験からすると頑として信用しないで怒鳴り返しますでしょう。台湾という国は私達台湾人が神様から頂いた賜物です。神様への恩返しの重荷は私達台湾人の肩に担わせて頂きます。

 

 台湾は民主政治の国家です。人民達は神様を信じて國作り、法守りは勿論のことです。神様は特別に顧みて頂きましたからこういう政治が成し遂げられました。その中に有名な民主闘士が犠牲を惜しまず民主政治の実現に戦ってきました。しかし、政治の野心家は存在する筈ですがその政治の野心家達はいかに国民に排斥されたかを皆んなの目の前に現れて警戒心持つようにさせて頂きたいです。政治をやって金儲けすると言うことは間違いです。寧ろ、良い政治をやって国民の福祉を計らせて頂いた方が宜しいです。立派な国家は経営によって出来上がるものです。立派な国家は必ず立派な国民があってこそ初めて成り立ちます。中国よ、民主政治行なえよ、こうして初めて世界の平和が実現出来ますよ。_

 


私と台湾のご縁(山本幸男)

 

私と台湾のご縁

 

             台北市 山本幸男            

  

私は台湾とのご縁は些か誇張した言い方ですが運命的な繋がりを感じています。学生時代(1970年代前半)、私は恩師の著名な経済学者の市村真一先生(京都大学名誉教授)のところに下宿してお世話になっていました。40台半ばの先生はとてもご多忙だったですが、週に一回はプライベートな講義をして頂きます。主に中国の古典や吉田松陰の講孟箚記についてです。

 

講義の時に先生は時の政府が台湾の中華民国との国交を断って、大陸の中華人民共和国と国交を結ぼうとしていることを厳しく批判されていました。当時の中国は未だ文化大革命の混乱の最中であり、一方の台湾は着々と建設を続け第一次産業中心から工業中心へと経済構造の転換を成功させようとしていました。又、台湾には戦後の困った時に日本を助けてくれた恩義がありそれらを忘却して中国と国交を結ぶのは大義が無いと激しく批判されていました。台湾には先生と親しい京都大学農学部出身の李登輝さんもおられました。

  

私は大学卒業後は商社に入り、1979年には第一次中国ブームで会社派遣の最初の語学留学生として北京語言学院へ1年間留学しました。その後、中国には広州、北京、北京と3回の駐在員生活を約20年間過ごしました。会社には毎年できれば中国以外の中華圏での転勤希望を出していましたが希望叶わず、ずーと中国勤務ばかりでした。漸く定年間近の2008年秋に、思いがけず台湾からお声がかかり、台湾日本人会と台北市日本工商会の事務局総幹事として招聘したいとの話が舞い込んできました。日本人会は1961年、工商会は1971創設で既に4050年の歴史があります。ただその間の総幹事は現地の日系銀行や商社出身の台湾人の方が職を担っていました。日本語も堪能で特に支障はなかったのですが、やはり活動は若干マンネリ気味で活発でなかったようです。丁度2008年は馬英九さんが台湾総統になった年で、馬さん側から日本企業の皆さんとも是非うまくやっていきたいので何でも困った件があればどんどんと持ってきて欲しいとの伝言が寄せられていました。当時の幹部の間で協議結果、それに積極対応しようということになり、その為にもやはり日本人専任の総幹事を招聘して事務局を強化しようということになりました。この成果として工商会は翌年から台湾政府に在台日系企業の抱える課題や改善要望事項を取りまとめた「白書」を毎年秋に政府に継続して提出しています。

 

私が総幹事在任中に、台湾とはその後2011年の311震災の時にも義援金200億円のご支援も頂き、又、NHKのど自慢in台北が201110月に放送され、これらが大きな転機となって、日本人が台湾に大きな関心を示すようになってきました。日本からも多くの方が台湾を訪問するようになってきてこれが現在に繋がっています。

  

2014年末で総幹事の職を辞したタイミングで、今度は京都の公益財団法人・日本漢字能力検定協会からBJTビジネス日本語テストの台湾での普及促進を手伝って欲しいとの依頼がきました。もともと日本政府が開発した公益性の高いテストで、これの責任者が旧知の大学時代の先輩の方でした。彼も学生時代に市村先生や同僚の国際政治の著名な高坂正堯教授の指導を受けていました。大学紛争が華やかなりし頃で大学封鎖もあった時代です。高坂先生と市村先生は同志として関西の大学の正常化にとても尽力されていました。我々学生もその影響下で関西で活動していました。

  

社会に出てからも50年前にお世話になった恩師が言われた台湾のことが頭にあり、日台関係に少しでも関与できればと思って仕事をしてきました。又、50年振りに巡ってきた先輩との人生の再会も不思議なご縁だと思っています。若い頃に山の麓で一緒に遊んでいたが、山登りを始めてみると色んなルートがあり途中挫折したり回り道をしながらも、最後に山の頂上で昔のご縁で再び相見えることができたのは本当に不思議な感じです。恩師の市村先生とも昨年台北でお会いすることが出来ました。今は神が与えた天命だと思って日本と台湾の橋渡しの一端を担わせて頂いています。

 



読者登録

喜早天海さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について