目次
はじめに
第一部 私と台湾
日本語は私と台湾の架け橋(アンディチャン)
台湾の楽しい思い出 (池田徳三郎)
何故台中市は大好きなのだろうか?(池田徳三郎)
台湾に残る狛犬たちを訪ねて(市来訓子)
私を台湾へ導いてくれた台中のご縁(伊勢寛)
埔里で日本語教師をして (伊藤直哉 )
いりぐち(大竹千紘)
台湾の神社に魅惑された私 (金子展也)
慰霊訪問団に参加した孫の感想(小菅亥三郎)
ドライブと温泉(駒井教雄)
私の台湾人生(酒井充子)
私の台湾史(佐藤晋)
台湾の日本語世代からのエール(佐藤民雄)
台湾へ出向(鈴木誠真)
台湾へ留学の思い出(高橋美代子)
お爺ちゃんとの思い出(舘量子)
台湾の世相の変化(陳秋蘭)
台湾の鐡道に魅せられて (戸井智博)
私と台湾(飛石秀樹)
台湾物語(中須賀重幸)
台湾と中国のはざまで揺れた心(中山孔明)
台湾と祖父母と私(永峯美津保)
環島(西川洋美) 
私と台湾 (丹羽文生)
台湾との邂逅(福田真人)
変わるものと変わらないもの(松尾功子)
台湾を歩いて(松任谷秀樹)
台湾で観たお月さま(森順子)
台湾は台湾 (李中元)
私と台湾のご縁(山本幸男)
私と台湾のかかわり (山元與一 )
日本語と私(林玫芳 )
台湾で見つけた人生の目標 (若尾彩加)
第二部 湾生と日本語人
私の一生(木村英一)
故郷の川(島崎義行)
暖かい台湾の心(瀬戸省三)
勇気ある質問(泰一則)
台中にて(堀部二三男)
二つの故郷(溝口啓二郎)
詩「戦後60年」(許育誠)
皇太子殿下のご成婚に期待をかけて(許昭栄)
昔の夢にふける(洪伯若)
冬(曹劉金花)
回顧(游大坤)
母の思い出(李栄子)
終戦当時の思い出 (李英妹)
詩「故郷」(劉心心)
私達と日本語(林陳佩芳)
僕の軍隊経験(林啓三)
私の少女時代(林翆華)
水産学校(林彦卿)
編集後記
編集後記
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

40 / 54ページ

二つの故郷(溝口啓二郎)

         二つの故郷 

 

                                 溝口啓二郎

 

1945年(昭和20年)八月十五日、日本も暑い日だったらしいが、台湾はもっと暑い日だったと思う。正午に天皇陛下の重大放送があると知らされて、われわれはラジオの放送に耳を傾けた。雑音がひどく声も低かったので、「玉音」は聞き取りにくかった。仕事から帰った父が、「けっきょく、降伏だな」と言うのを聞いて、「敗戦」という事実を始めて確認した、というのがあの日のわが家の実態だった。当然、内地人、特に大人達のショックは大きかった。虚脱状態がしばらく続いた。

 

一方、台湾の人達の反応はどうだったかと言えば、満州と呼ばれた中国東北部や朝鮮の人々のように、日本の敗戦を歓呼の声を挙げて迎えるというシーンは見られなかった。私があの頃の台湾の民衆の表情から感じたのは、安堵感と解放感だった。「台湾人として暮らしていける」ということは歓迎すべき出来事だったと思うが、それが内地人に対する報復行為に結びつくことは、台湾ではあまりなかった。台湾人と日本人の関係は戦後も比較的良好だったと思う。

  

あの頃、私の家に「彩さん」と呼ばれていたお手伝いさんがいたが、この女性は敗戦後もずっと我が家で働き続け、われわれが日本に引揚げるまで一緒に住んでいた。帰国の際、彼女が駅まで送ってくれて、プラットフォームでハンカチを目に当てていた姿を、今でも思い出すことができる。

  

私の友人の中には、台湾人の同級生に殴られて学校へこなくなった者もいたが、彼らは皆戦争中に、少数派で弱い立場にあった台湾人の生徒をいじめていたようだ。「報復」を受けても仕方がない過去を持っていたと思う。

  

二中は校長が中国人に変わったが、学校での授業はわれわれが引揚げるまで続けられ、大多数の生徒が出席していた。昔の友人に同総会で会っても、この敗戦後のことが話題になるのは稀であるが、私は戦後の学校生活を結構楽しんだ。興味を持って学んだのは中国語だった。「国語」と呼ばれていたが、予、復習をきちんとして授業に出ていた。この頃から私は語学が好きだった。

  

台湾に住んでいたわれわれは、戦後も恵まれた生活をしていたと思う。戦後職場が接収された後も、引揚げるまで父は給料を貰っていたので生活に困ることはなかった。敗戦国民ではあったが、台湾人の人々と共に、戦争中の抑圧から解放されて、私は伸び伸びとした雰囲気の中で暮らしていた。

  

敗戦後数ヶ月経ち、日本人の引揚が話題になり始めた頃だったと思う。「台湾に留まって台湾人になろう」と父が家族の者に提案した。夕食後、父は家族全員を前にして次のように語った。「今更日本に帰っても仕方がない。こちらに残って台湾人になろう。名前も中国風に変えることにしたい。」と言った。台湾で生涯を終わるつもりでいた父は、敗戦後も台湾に残りたかったのだろう。台湾人の知人の中には、「一緒に仕事をしましょう」と言う人もいたらしい。

 

しかし、結局、この話しは立ち消えになり、翌年の三月故国に引揚げることになったが、あの時父が口にしたわが家の家族の中国名は、今でもはっきりと私の記憶に残っている。父の名は故郷大分県の名勝耶馬渓からとった「馬渓」だった。「引き揚げ」の話は、1946年(昭和21年)の年が明けた頃から次第に具体化していった。

  

終戦の頃、台湾には、軍人を別にして三十万余の日本人がいたらしいが、日本本土の混乱と食料難、台湾での生活に馴染んでいたこと、敗戦国民だったとはいえ、台湾人からの報復がほとんどなかったことなどから、一時は約二十万人が台湾に留まることを希望したと言われる。この事実はそれだけ台湾が、「戦後も居心地のいい場所だった」ことを物語っている。当時に台湾において、父がしたような台湾残留の意思表明は、我が家だけに限られた特殊な現象ではなかったと言えるであろう。もっとも、進んで「台湾人になろう」とまで思った人が、他にいたかどうかについては、定かではないが。

  

しかし、台湾を接収した国民党政権が、大量の日本人の残留(少数の徴用者とその家族を除いて)を許さなかったのと、インフレをはじめとする社会的な混乱が生じたことにより、1946年三月までには、全員が帰国を希望したようである。その頃父は愚痴をこぼしたり、悲観的な言葉を口にしたりはしなかったが、新任の中国人の分(支)局長にポストを明け渡し、手持ち無沙汰だった父が胸中に抱いていたさびしい思いは、私にもわかるような気がする。

 

新しい政府の評判はあまりよくなかった。台湾人の国籍は中華民国となったが、台湾人は「本省人」と称され、中国から新たに渡ってきた中国人は「外省人」と呼ばれ、区別されていた。われわれが帰国する頃この両者の間には反目がすでに生じていた。新政府のことを台湾の人達は「ブタ政府」と呼び始めていた。われわれが台湾を去った後、本省人(台湾人)は、「イヌ去って、ブタ来たる」と言ったらしい。イヌとは日本人をさしていた。イヌは番犬として多少役に立ったが、ブタ(外省人)は台湾の財産を食い散らかして、肥え太るだけだったらしい。もっとも時間的な前後関係からすれば、「ブタ来たりして、イヌ去る」だったと思う。

  

われわれは三月下旬に引き揚げ船に乗って、かつての内台航路の基点基隆を離れた。デッキは追われて島を去る人々で満たされていた。おそらく多くの人達がこの島に骨を埋める覚悟だったのであろう。デッキに立って遠ざかる島影を見るめる大人達の顔には惜別の念が浮かんでいた。船脚が速まるにつれて、私の胸中に次第に別離の思いがこみ上げてきた。「再見(さようなら)」水平線の彼方にかすんで見える故郷の島に向って、私は心の中で叫んでいた。

  

四年前訪台した際、私はこの港町を再び訪れた。あれから半世紀余の時が流れていた。私は港を見下ろす丘の上に立って、記憶にかすかに残る風景をカメラに収めながら、しばし懐旧の情に浸った。「(一年に)三百六十六日雨が降る」と言われたくらい雨の多い町基隆らしく、その日も煙るような小糠雨に濡れていた

 

 


詩「戦後60年」(許育誠)

 

        詩 「戦後60年」           

                     台中市 許 育誠

 

 

私は、大正14111日生まれの台湾人

昭和20年8月15日までは日本人であった

 

 戦後60

 

台湾は、宿命的な歴史の十字架を背負わされ、

 

国際孤児とみなされ、

 

世界の多くの人たちから見放されている

 

  

若い女性からは、敬意の目で言われる

 

「おじさんの日本語お上手ね」

 

年嵩の者が、感じ入った顔で言う

 

「日本語よく覚えているね」

 

若い女性は、私がかって日本人だったことを知らない

 

年嵩(としかさ)の者は、私の日本語への郷愁の深さを知らない

 

 戦後60

 

台湾社会における日本語はいつしか風化し

 

おじさん世代の多くは忘れかけている

 

 しかし、今もなお、日本語の言霊にひかれ

 

毎日朗読して親しむ人もいるのだ

 

 戦後60

 

日台文化交流の架け橋と自負する私も

 

既に齢80

 

残された日々は決して多くない

 

されど、私は今日も日本語文の研鑽に、

 

習得に身を入れている

 

 


皇太子殿下のご成婚に期待をかけて(許昭栄)

 

                   皇太子殿下のご成婚に期待をかけて
                   

                                           高雄市  許 峯禎(昭栄)

        
戦後、もはや52年。日本と台湾は近くて遠くなったような気がする。とくに日本皇室に対するイメージは一般的に薄れ、戦時中、日本人とともに泣き笑い、ともに苦労し、ともに天皇陛下のために尽くした「皇民」も、今はあかの他人となってしまった。その責任を問うならば、すべて日本側にあり、私ども台湾人が取るべきものではない、と私は思う。
 
何故ならば、台湾を蒋介石に手渡したのは日本であり、台湾と国交を断絶したのも日本である。もっとも嘆かわしく思うのは、今日に至って、世界中で親日感の一番強い民族は台湾人である、と云うことを日本の皇室も政府も忘れている。
 
日本はかつて台湾を植民地として50年間統治したことは抹殺できない史実。幾ら戦後生まれの皇太子殿下とは言え、この歴史を知らないわけはないでしょう。統治上の功罪は別として、日支事変から太平洋戦争にかけて、「皇民」として動員された台湾人は20万人を超え、その中、約5万人が戦病死、または行方不明のまま消えてしまった。彼らは戦時中「赤いたすきに誉れの軍夫、嬉し僕らは日本の男」、と声高らかに歌って出征し、「天皇陛下の為ならば、何んで命が欲しかろう」と笑って死んで行った。彼らの殆どは家族に一言の遺書も残さず、只、日本の為、天皇陛下の為に尽くした、と笑って散華したのである。しかし、日本政府と皇室は、一体彼らを何者と思っているのか、私は不思議で仕様がない。
 
昭和49年の暮れ、インドネシアのモノタイ島で元日本兵中村輝夫が発見されたことは、日本国民もいまだに記憶に残っている筈だ。やっとの思いで日本に帰り着いた彼は、日本政府から受けた冷遇と云ったら、実に冷酷極まりないものだった。あとで発見された横井庄一と小野田寛朗両氏の受けた優遇と比べたら、実に雲泥の差。日本政府の解釈では、中村輝夫はサンフランシスコ和平条約によって、日本国籍を亡くしてしまったから、と云う。はっきり言い換えれば、中村輝夫は「台湾人」が故に、「日本兵」として31年間軍職に勤めながら、一円の軍人恩給すら与えない日本政府の冷酷無情・・・・。なーるほど、日本政府の「価値観」とか、「政治道徳」とか、皇室の「人間宣言」とか、日本人の「義理人情」とは、そんなもんだったのか!と、台湾の人々が驚嘆するのも無理はない。
  

憶えば昔、明治天皇は「新高の山の麓の民草も、茂りまさると聞くぞ嬉しき」と御詠あそばされ、台湾島民に温かい関心を寄せた。台湾統治後期の長谷川総督は、温厚に仁政を施し、徳望高く、強く台湾人民の心をゆさぶった。台湾人の胸の中には、明治天皇の恩澤と長谷川総督や後藤新平の仁政がいまだに息づいている。だが、終戦53年を迎えようとする現今、日本政府や皇室は、一言も台湾人に「贖罪」、或いは「感謝」、または「慰問」の言葉を寄せたことはない。
 
その反面、日本は廃墟から立ち直ると、裏切り者の如く、かつて「徳を以って怨みに報いる」と主張した中華民国政府と国交を断絶し、自ら中共に走り寄った。畏れ多くも、明仁天皇、皇后両陛下は、1992年の秋、中国を訪れ、「中国国民に多大な苦難を与えた不幸は、私の深く悲しみとするところであります」、と「謝罪」に近いお言葉を述べた。
元自民党の副総裁金丸信もかつて政府の代表として南朝鮮を訪れ、公的に韓国人に謝罪したのみならず、韓国に対する戦時損害賠償を承諾した。また、平成四年4月、北朝鮮と国交のない日本は、金日成の80歳誕生日を祝うため、平壌直航の特別チャーター機を動用して自民、社会両党の「訪朝使節団」を送り出した。
しかも、その時の北朝鮮は、1983年のラングーン爆殺事件と1987年の大韓航空旅客爆破事件とを踏まえ、国際的にテロ国家視されていたにもかかわらず、日本は喜んで諂媚の表敬に赴いた。
 
金泳三氏が南朝鮮の大統領に当選したとき、彼の就任を慶ぶと云う意味で、日本政府は韓国の「慰安婦補償問題」解決を受諾した。しかし日本政府の元日本軍人軍属台湾人に対する補償や未払い給料、並びに軍事郵便貯金などの戦後処理問題に就いては、又々暗い!
 
1993
年お正月早々、日本皇太子殿下が外交官大和田雅子嬢を皇太子妃とご決定なされ、この夏にご成婚なされることを知りました私は、お慶びを申し上げると云うよりか、寧ろ、皇太子殿下のご成婚に期待をかけていた。それは昭和天皇時代、「台湾人民にもたらした多大なる苦難」が、今ながらも台湾人の心に深く残っており、太平洋戦争の悲痛を物語続けているからです。

 残念ながら、世界60ヶ国を訪問し廻った明仁天皇は何故か、目の前にある台湾に一足も運び入れなかった。日本の諺で云えば、「灯台下暗し」であろう! ご成婚なされた後、徳仁殿下ご夫婦は恐らく欧米諸国を巡礼あそばされるでしょうが、願わくは、皇室外交をより一層充実し、祖父裕仁天皇と父明仁天皇の遺憾を補い、台湾人の心に残した汚点と日本に対する不信感をきれいに拭き消すのも、皇太子殿下の重要な使命でござる、と心に銘記して頂きたい。我々台湾人はそれを期待して止まぬ次第であります。    (終わり)

 

 

 

 

(備考)

 本稿は平成5年(1993)に産経新聞社の「オピニオンプラザーわたしの正論」で「皇太子殿下のご成婚に思う」というテーマで論文募集した作品の中で見事入選した文章です。許昭栄さん本人は当時投稿した時の心情を、台湾2千万島民の言いたいことを語り、元日本軍人軍属台湾老兵の苦情を吐き出し、さっぱりした快感に浸しみ、入選するとは夢にも期待してなかったそうです。

審査委員の辻村明東京大学名誉教授は「佳作一位の許氏は台湾出身の元日本兵が戦後の日本政府からいかに不当な扱いを受けてきたかを訴え、その解消を皇太子殿下に期待している。その心情は非常によくわかるが、それは日本政府に訴えるべきであろう。敢闘賞として別扱いにし、何らかの形での公表に値する」と述べていました。
 
しかし、残念ながら、何らかのご配慮に因り、いまだに「公表」されなかった(ようである)。と許さんは語り、「私の拙文が、もし何らかのご縁で皇太子殿下ご夫妻の目にかかる奇跡に恵まれましたら、私個人でなく台湾2千万住民の光栄の至りでございます」

 

 2008520日 許さんは高雄市内で焼身自殺した(享年80歳)

 

関連HP https://ameblo.jp/lancer1/entry-10100287348.html

 


昔の夢にふける(洪伯若)

 

昔の夢にふける

 

                            台中市 洪伯若

  

昭和5年に生を受けた私は小学校に入るまで平和な環境に育ちました。当時すでに35年間日本統治下にあった台湾は、産業、交通が発達し、物価は安く、治安は良くて、教育は普及され、人々の生活は安定していて楽でした。島民はみなよく法律や公衆道徳を守り、他人を尊重し、物事の道理をよくわきまえ、何時も他人に迷惑をかけまいと心掛けるので、日常生活で他人より利己的な行為や理の通らぬ事、憤らせることをされる事がありませんでした。

 

是非の判別がはっきりしていて、正しいことはあくまでも正しく、非が是に変わることもありません。そこにはじめて社会の秩序が保たれたのです。またほとんどの人がみな正直で、信用を重んじた当時の社会では人を騙す必要もなく、人に騙される気がかりもいりません。皆がお互いに尊重しあい、和気藹々とした環境で生活を営むことが出来ました。これは一に日本の徹底した良き教育の賜物であると思います。

 

小学校一年の年、中日戦争が勃発したが人々の生活にはすぐに影響はなく、小学四年に太平洋戦争が起こってから、物資の統制で米、砂糖、肉などの生活必需品が配給制になり、物資的に欠乏をもたらしたが、特権を振舞って他人より格別楽な生活をする人がなく、ほとんどの国民が同じく苦しい生活をしたのです。いわゆる社会の公平が保たれていたのです。

 

異民族の殖民統治下にいたと言えども、台湾人は日本人と若干の差別待遇があったが、法律に違反しない限り、身体の自由や生命を奪われる心配はありませんでした。こんな社会こそが幸せになり、希望をもてる文明社会なのです。

 

戦争は私の師範学校一年生まで続きました。ようやく平和がやって来たと喜んでいたら、祖国復帰の歓喜は白色恐怖と変わり、世相の移り変わりは皆を悲嘆と絶望のどん底にぶち込んだのです。人々の価値観は変わり、道徳観念が薄れ、正義観、是非観が失われて利己主義的になり、社会の秩序が乱れて来ました。それで今までの考え方で暮らして行くのが難しくなったのです。どうして世の中がこう変わってしまったのかと悲哀を感じざるをえません。何時になったら再び住みよい社会になるのでしょうか。最近は、しょっちゅうこういう夢にふけって日々を過ごしています。

 

最後に、暇つぶしに作った幼稚な短歌を数首載せて、皆様のご指導を仰ぎたいと思います。

 

懐しき 恩師の便り 見ていれば 

   幼き頃の 思い出浮かぶ

   

五月晴 ロッキーの山は 一面に 

     積雪白く 杉の木青し

 

図らずや 大和男子と 生まれしも 

   戦終わりて 国籍変わる

 

ライン川、昔の伝説 思いつつ 

  舟で歌うよ ローレライの唄

  

晩春に 故里遠く 旅に来る 

  シドニーの町は 秋風涼し

 

 

 


冬(曹劉金花)

 

            「冬」                  

                      宜蘭県 曹劉金花

                  1935年(昭和10年)6年生

 

 

冬と言えば誰でも寒い寒いと言って、いやがる季節です。けれども季節は定まっていますのでどうする事も出来ません。おばあさんの様な年寄りになりますと、もう寒さに負けて一日中家の中にひっこむばかりです。

 

鳥やひよこは寒そうに今までの元気を失ったかの如く軒下にかくれるばかりです。

 

ひよこは親鳥の懐にかくれて、ばっちりと小さな目を開けて如何にも寒そうです。

 

 水道の栓をひねった時しぶきが自分の手に当たって全身ひやりと冷たく感じます。本当に近頃急に寒くなって来て、何を見ても冬らしい感じがします。台湾はほとんど熱帯に入っている島ですから、寒いと言ったって北海道、樺太、満州の寒さに比べてみると、まだまだいい方です。北海道は今頃零下30度という寒さで、見渡す限り、白銀の雪が降り積もって森も野もすっかり雪に包まれてしまわれているのだそうです。学校に出かける子供たちは、雪をざくざくふみならしながら行く有様をよく絵本で見ます。私どもはその人たちと比べて、どれほど幸せかしれません。そんな所にいるにもかかわらず、せっせと働く人は何て感心な事でしょう。私どもも寒さに負けず一生懸命にやっていくだけの元気を出さねばなりません。

 

ある晩のことでした。雑誌を読んでいる中、満州の兵隊さんと言う題について書いた文がありました。あそこにおいでなられる我が国の兵隊さんは零下30度と言う寒い日にも、雪におおわれた野原を通って匪族の征伐に出かけたり、或いは鉄道の警備に当たったりしていらっしゃいます。はたはたと風雪のたなびく日の丸の旗の下に立っておいでになる兵隊さんのお姿を拝む時、冬のいやなことを忘れてしまって只ありがたいばかりです。

 

いつの間にか火鉢の火も今にも消えそうになりました、お母さんは「ああ寒い」と言ってあわてて炭を足して下さいました。私はこんな火鉢を満州の兵隊さんに送ってあげたい気がしました。冬が来るたびに思いだされるのはあの寒い所においでになる兵隊さんです。

 

 

 

 

 



読者登録

喜早天海さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について