目次
はじめに
第一部 私と台湾
日本語は私と台湾の架け橋(アンディチャン)
台湾の楽しい思い出 (池田徳三郎)
何故台中市は大好きなのだろうか?(池田徳三郎)
台湾に残る狛犬たちを訪ねて(市来訓子)
私を台湾へ導いてくれた台中のご縁(伊勢寛)
埔里で日本語教師をして (伊藤直哉 )
いりぐち(大竹千紘)
台湾の神社に魅惑された私 (金子展也)
慰霊訪問団に参加した孫の感想(小菅亥三郎)
ドライブと温泉(駒井教雄)
私の台湾人生(酒井充子)
私の台湾史(佐藤晋)
台湾の日本語世代からのエール(佐藤民雄)
台湾へ出向(鈴木誠真)
台湾へ留学の思い出(高橋美代子)
お爺ちゃんとの思い出(舘量子)
台湾の世相の変化(陳秋蘭)
台湾の鐡道に魅せられて (戸井智博)
私と台湾(飛石秀樹)
台湾物語(中須賀重幸)
台湾と中国のはざまで揺れた心(中山孔明)
台湾と祖父母と私(永峯美津保)
環島(西川洋美) 
私と台湾 (丹羽文生)
台湾との邂逅(福田真人)
変わるものと変わらないもの(松尾功子)
台湾を歩いて(松任谷秀樹)
台湾で観たお月さま(森順子)
台湾は台湾 (李中元)
私と台湾のご縁(山本幸男)
私と台湾のかかわり (山元與一 )
日本語と私(林玫芳 )
台湾で見つけた人生の目標 (若尾彩加)
第二部 湾生と日本語人
私の一生(木村英一)
故郷の川(島崎義行)
暖かい台湾の心(瀬戸省三)
勇気ある質問(泰一則)
台中にて(堀部二三男)
二つの故郷(溝口啓二郎)
詩「戦後60年」(許育誠)
皇太子殿下のご成婚に期待をかけて(許昭栄)
昔の夢にふける(洪伯若)
冬(曹劉金花)
回顧(游大坤)
母の思い出(李栄子)
終戦当時の思い出 (李英妹)
詩「故郷」(劉心心)
私達と日本語(林陳佩芳)
僕の軍隊経験(林啓三)
私の少女時代(林翆華)
水産学校(林彦卿)
編集後記
編集後記
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

23 / 54ページ

台湾と祖父母と私(永峯美津保)

 

「台湾と祖父母と私」

  

                           神奈川県 永峯美津保

  

私の祖父母の故郷は、海を越えた台湾です。今は外国です。母方の両親は台湾で育ち、結婚し子どもも出来て家族をつくりました。私達には計り知れない祖父母の思い出が、そこには沢山あります。

  そんな祖父母は、戦後一度も故郷である台湾には、戻っていません。引き揚げ後、祖父母達は、馴染みも全くない双方の両親の故郷である、鹿児島県指宿に足を踏み入れました。周囲から引き揚げ者として、白い目で見られたり、自分の祖母にでさえ冷たくあしらわれたりされた様です。当時は、辛いとか、悲しいとかの感情を圧し殺して必死に生きていたのだと思います。

 

 私の祖父は新竹で育ちました。祖父の家は40頭以上の牛を飼い、「新竹牧場」という牛乳屋さんとして営んでいました。また台湾人の人や、曾祖父の弟達と一緒に働いていました。祖父は、長男だったので教師の夢を捨て、獣医師になりました。戦後もずっと獣医師でした。倒れて働けなくなるまで36524時間ずっと働きぱなしでした。その為、依頼があれば、寝ていても、体調が悪くても、子どもの行事があっても直ぐに駆けつけていた様です。祖父は、私には台湾での思い出をそれなりに話しては、くれました。しかし、自分の子ども達には話したがらなかった様です。敗戦後、全ての財産を没収され情けない姿で日本に戻らなければならない、男としての悔しさがあったからだと思います。母曰く、祖父は台湾に対して帰りたい気持ちと、帰って現実を突きつけられたくはないという思いがあったのではないか?と言ってました。けれど孫の私には、友だちとの思い出や、台湾で好きだった食べ物、どんな事をして遊んだのか?を話してくれました。今思えば、どうして祖父が私に話してくれたかと考えてみると、祖父と孫の関係だったからかと思います。

 

 祖母は、純粋に台湾に帰りたいという思いが強かったかと思います。しかし、自営業の夫を支えたり、何かにつけて忙しかったのと、なんだかんだで台湾には一度も戻れませんでした。祖母は、彰化で生まれ魚池で9歳位まで居た後、終戦時までほぼ台中に居ました。そんな祖母の家は、父が小学校教師でした。祖母は、6人兄弟の2番目でかなりのじゃじゃ馬だった様です。祖母は、父親っ子だったので、よく曾祖父の話をしてくれて会ったこともないのに、身近な存在に感じていました。台中公園で曾祖父と二人でボートに乗ったり、曾祖父と二人で喫茶店でクリームソーダを飲んだりしたこと。通信簿を曾祖父に見せる時は、キセルで叩かれる前に即逃げた事などを話してくれました。また、曾祖父が校長をしていた学校に姉と通っていた為、家で姉妹喧嘩をすると、全校朝礼で暴露され恥ずかしかった事など、沢山沢山話してくれました。

  

 私が、最初に台湾に興味を持ったきっかけは、小さい頃に祖父が往診の帰りにビーフンを買ってきてくれて、祖母が作ってくれた時「これが、じいさんとばあさんの故郷の味だよ」と祖父が言った言葉です。それから、毎年祖父母に台湾での思い出をねだるようになりました。私は、社会人1年目の時初めて台湾に行きました。祖父は、既に他界していましたが鹿児島にいる祖母に台湾のお土産を送ると、大変喜んでくれました。私は、祖母に喜んでもらいたくて、毎年台湾に行くようになりました。

 

 ある日、ネットを通して喜早さんの存在を知り、知り合いになる事が出来ました。

また、喜早さんのお陰で素晴らしい台湾人のご家族に出会い、毎年行く度に泊まらせて頂いたり、そのご家族のご子息様や、愛娘様、お孫さんとの交流もさせてもらっています。以前は、祖母の母校の校長先生とも交流させてもらっていましたが、他界されました。戦前は私の先祖がお世話になり、戦後は、私が台湾の方々にお世話になっております。私にとって台湾は、すでに故郷になりつつあります。

 

 

 


環島(西川洋美) 

 

             環   島

 

          

 

                            台中市 西川 洋美        

  

 台湾に来て間もなく、近畿半島を制覇したこともない私が心を惹かれた言葉「環島」。台湾を一周するという意味。

 

 一年目、西側と違って道路は狭いし、高速道路もない。もっと運転に慣れてからにしたらどう?というアドバイスに、それもそうだと断念。

 

  二年目、西側と違って、英語が通じないことが多いよ。もっと中国語が上達してからの方がいいんじゃない?というアドバイスに、それもそうだと二度目の断念。

 

  三年目、台湾での運転にも慣れたし息子も免許を取った。中国語の上達は望めない。もう行くしかないと決断。娘は、北の龍洞と、南の墾丁に計一ヶ月いた経験があり、台中以外のことを話してくれた。私の知らない台湾を見てみたい気持ちは更に強くなった。

 

 一週間に二年分の思いを込めて、「環島」スタート。娘は就職し、旦那と息子との三人の旅となった。家族旅行なので、たくさんの人と出会うわけではないかも知れないが、旅は出あう人で楽しくもなり、残念にもなる。今回の旅でどんな人と関われるのかが楽しみの一つでもあった。

  

 淡水から太魯閣・花蓮・台東・鵝鑾鼻・懇丁・高雄・台南・台中に帰るまで、たくさんの人の優しさに触れることができた。そして、私たちを支えてくれた。

 

 淡水の宿の人は、予約を入れた段階からlineを送ってくれ、写真や簡単な英語を使って一生懸命迷わず来られるように、そして温かいメッセージを送ってくれた。

 

 そして、東海岸の圧倒的な美しさに魅了されながら、台湾を満喫していたころ、駐車場のトークンを機械の間に落とし込むという大失敗が起こる。駐車場には灼熱の太陽が照り付け、自分が止めてしまった出口には列ができ、係員室は無人。もう万事休すと思ったその時、その列から一人の人が現れた。中国語ができないとわかると英語で対応してくれ、私の代わりに電話をかけ遠隔操作でゲートを開けてくれるよう頼んでくれた。お礼を言う私たちに笑顔で「没關係」と言って去って行った。女神様が現れたとしか思えなかった。

 

 ある人は、パラグライダーがしたいという私たちに、場所と時間を調べてくれ、もし迷ったらこれを見せろとメモを書いてくれた。

 

 パイナップルケーキを買うなら、ぜったいこの店がいいと携帯電話を片手に教えてくれた人もいた。レストランに入ったら、「うちは終わりだけど。」と言いながら、近所のお店を紹介してくれ、連絡を取ってくれたこともあった。

 

道を教えてくれること一つとっても温かさが感じられた。

 

 無事一周が終わり振り返ってみると、高速道路は無くても道はとてもきれいだったし、中国語が出来なくても困らないよういろんな人が助けてくれた。

 

人のアドバイスを聞いたり、インターネットで情報を仕入れたりというのもとても大切なことだけど、まず行ってみる。そこに立つということはとても価値のあることだと思う。でも、これは台湾だからできたことかもしれない。困ったことがあったら、誰かがきっと助けてくれるという安心感。日本に帰って大丈夫なのだろうかと、ふと不安になる。日本に来た人は、私のように感じているだろうか。感じて、日本を好きになってくれたらいいな。日本人であってもなくても、言葉が通じても通じなくても私が経験した温かさをたくさんの人に感じてほしいと思った。

 

「台湾和台湾人」真的很好!

 

 

 

 

                        私のお気に入りの高美(台中市)の夕日  

 

  

 

 

 

 


私と台湾 (丹羽文生)

 

             台湾と私

 

        東京都 丹羽文生

 

1999年9月21日早朝、倒壊した建物や逃げ惑う人々の様子を映し出すテレビ画面に目を奪われた。4年前に見た阪神・淡路大震災の時の映像と、よく似ていた。

 

南投県集集鎮付近を震源とするマグニチュード7.6の巨大地震が台湾を襲った。台湾史上稀にみる天災地妖である。

衝撃だった。この日は確か、大学のサークルかゼミナールの合宿で神奈川県逗子市の研修施設にいたと記憶している。いても立ってもいられなくなった。

 

発生から10日後、ある種の使命感から筆者は60名の仲間と一緒に災害救援ボランティアの1人として初めて台湾の地に足を踏み入れた。当時、19歳だった。

震源地に近い埔里鎮に向かった筆者たちは、主に仮設住宅の建設、救援物資の仕分け、さらに瓦礫の中に入って、現金、印鑑、パスポートといった貴重品、家具や家電製品の運び出し作業を行った。夜はテントの中で過ごした。余震が続いて眠れない日もあった。

 

そんな中、逆に筆者たちを励ましてくれたのが、先行きの見えない不安を抱える被災者たちだった。差し入れのためベースキャンプにやって来る人は後を絶たなかった。筆者たちのために炊き出しまでしてくれた。文字通り台湾の「親日」に触れたのである。 その際、ベースキャンプ近くに住む日本語の流暢な1人の老人と知り合った。涙を流しながら筆者の手を握り、感謝の言葉を述べ、続いて直立不動で唱歌「ふるさと」、軍歌「海行かば」を唄ってくれた。

 

ある時、その老人が筆者に、こう問うてきた。君は「教育勅語」を知っているか・・・。

 余りに唐突な問いに戸惑ったが、明治生まれの祖父、大正生まれの祖母と同居して育った筆者は、幼少の頃から少なからず教育勅語に触れていた。

 自信たっぷりに「爾臣民父母ニ孝ニ兄弟ニ友ニ夫婦相和シ」と、その一節を述べると、老人は大きく頷きながら手を叩いた。

 

その後、この老人とは昼休憩の度に顔を合わせた。元日本軍人らしく、筆者の姿を見ると、まず敬礼する。そして握手を交わし、続いて「日本精神」とは何たるかを熱っぽく語ってくれた。勤勉、正直、親切、礼儀、勇気、規律遵守、滅私奉公・・・。

 サラリーマンの頃は家族のために只管に働き、東京出張の際は必ず靖国神社に詣でたという。戦友が祀られているらしい。

 自宅にも招かれた。家具が転倒したぐらいで、それほど大きな被害はなかったようである。

 書斎には厖大な数の日本語の書物が並んでいた。どれも、たくさんの付箋紙が張られてある。そのうちの1冊を手に取って開いてみると、何本もの傍線が引かれ、空白スペースには走り書きのメモも記されてあった。もちろん日本語である。

 朝起きると太陽に向って手を合わせ、昼間は読書を嗜み、キリスト教系慈善団体のメンバーとしてボランティアに精を出す。老人にとって教育勅語は人生の支柱だという。

 

これが台湾と筆者との出逢いである。当時は、かつて台湾が「日本」だったことぐらいは常識として知っていたが、台湾に関する知見はゼロに近かった。

 以来、筆者は足繁く台湾に通うようになる。この間、台湾に関する書物を読み漁り、台湾研究を「趣味」とし、やがて「哈日族」ならぬ「哈台族」になっていった。

 

台湾に到着した時に感じる何とも言えない親和的空気・・・。日本でないのに、まるで故郷に帰ってきたような気分になれる。

 世界広しと言えど、郷愁を覚える外国というのは台湾以外にないのではないか。日本が失ってしまった物的、精神的遺産が、50年間の歴史を共有した台湾に未だ生き続けているのである。

 

あの巨大地震から今年で20年が経つ。筆者と台湾との交流も20年である。今では「第2の祖国」と呼んでいる。

 筆者が今、准教授として奉職している拓殖大学も「台湾協会学校」を源流としており、そのアイデンティティーの源は台湾にある。何となく運命的なものを感ずる。

 ただし、学問人としての筆者の専攻分野は政治学と日本外交史である。繰り返しになるが、台湾研究は筆者にとって趣味である。

 

大学院在学中に中国語の語学研修と在外研究で中国に長期滞在したことはあるが、台湾に留学したこともない。それでも近頃は趣味の域を超え、台湾をテーマとする講演・執筆依頼を受けるようになり、今年度からは台湾に関する授業も担当している。

 

これまで、多くの台湾の友人にも恵まれ、数え切れないほどの「幸福」を味わってきた。その幾分かの恩返しのつもりで、これからも日台関日台関係の前進に向けて努力を重ねていきたい。

 

 

 

 

 

 


台湾との邂逅(福田真人)

 

         『台湾との邂逅』

 

             大阪府 福田 真人

 

私が『台湾と出会った』のは2002年春の事である。当時、台湾ブーム到来にはまだ早く、テレビや雑誌で特集が組まれるような時代でもない。前年暮れに亡くした父の遺品の中に古ぼけたガイドブックを見つけたのがそもそもの発端である。

 

交通公社()発行の小さな古ぼけたガイドブック。あれこれ情報が溢れる今日の視点で読み返してみれば、内容的には今一つ物足りないというか、お約束のような観光地が文字だけで羅列された様な、ありきたりの内容である。 

 しかしながら生前中に一度も国外の土を踏むこともなく、海外にさしたる興味もなかったように思えた亡父が唯一持っていた海外のガイドブック『台湾』。私は興味を覚え始めていった。 

 遺品と出会うまでの自分自身を振り返ると、それまで台湾と接点が全く無かったといえば嘘になる。

 

たまにテレビで台湾鐡道の車窓が流れたときには『日本の風景と似てるなぁ』と驚きもし、大学には台湾からの留学生がいた関係で『どんな国なの?』と尋ねたりもした。しかし逆に言えばそこまでで、それ以上の興味や関心が膨らむ事もなく時が過ぎていたのである。

 

20029月、初めて台北の地を踏んだ。街中いたるところにバイクが溢れる交通事情に圧倒されながらも龍山寺や行天宮を見た。それだけでなく、ふとした瞬間に飛び込んでくる街の風景を『何だか懐かしく、何だか新しく』感じた。

 

帰国後すぐに半年後の台湾行きを決めた。2度目にして臨んだのは環島旅行である。美味しい花蓮・扁食、喧騒の中で静かに佇む台南・赤崁樓、熱帯で味わう台東・知本温泉に惹かれ、心がはしゃいだ。  しかし、台湾の魅力がそれだけなら一度リピートしただけで別の地に興味を移しただろう。

 

私にとって台湾をより身近なものにし、より心を惹かせたのは『人との出会い』に他ならない。 迷子の私をバイクに乗せて疾走してくれた鹿港の歐巴桑、初対面の私を家に泊めてくれた屏東の高中老師、マンゴー畑と烏山頭水庫を案内してくれた台南歐吉桑、言葉が通じない中で必死に道案内してくれた新竹の年輕小姐。その他たくさんの台湾人との心温まる邂逅が三十数回の訪台につながった。

 

私も50歳間際になった。日々の忙しさに囚われてそうそう気軽に台湾にも行けなくなってきた。 

それでも関西空港から旅立つ際には『ああ、今度も台湾に、みんなに会える』と目頭を熱くし、桃園や高雄の機場から離陸する際には『必ず台湾に戻って来よう』と心に誓う。それだけは今も変わらない。

 

 

 


変わるものと変わらないもの(松尾功子)

 

                                         変わるものと変わらないもの

 

                                                          台中市 松尾 功子 

  

平成の時代が終わろうとしています。

 

平成三十一年。日本では、今上天皇陛下が御譲位され、年号が改められます。次の北回帰線は、新たな年号での発行となります。

 

 「平成」という時代から、次はどのような時代が始まるのか。現在の子どもたちは、平成の時代に学校に入学し、次の新しい年号で卒業を迎えます。年号は変わりますが、学校は変わらない。平成最後の年の北回帰線の巻頭言は、【変わるものと変わらないもの】について、考えてみたいと思います。

 

台中日本人学校は、今年創立四十二年目を迎えています。昭和の時代に開校し、平成となり、地震を乗り越えて、今の台中校の姿があります。

 

子どもたちの数は、大きく変わりました。昭和五十二年の創立時は、小学生六名でした。その後、平成元年の子どもの数は、小学部百十一名、中学部二十九名、合計百四十名。そして、現在は、小学部八十九名、中学部二十六名、合計百十五名。十年ほど前は、二百名に近くなったこともありましたが、ここ数年、少しずつ減少していることは、寂しいことです。台中校の変わるものは、子どもの数です。

 

校舎も、変わるものの一つです。平成十一年の集集大地震で崩壊した太平の校舎から、この秀山里の校舎に移りました。わずか一年の工事で、多くの方々の寄付によって、この美しい校舎が建てられました。

 

学校の規模や校舎の他にも教育内容や教材、先生方など、変わるものは多くあります。

 

反対に、四十二年の中で変わらないものの最たることは、やしまるとやしまるの子どもたちでしょう。

 

台中校のシンボルツリーである「やしまる」。正門の前で、毎日、

孤高に凛として立つ。雨にも日照りにも、台風にも負けず、愚痴を言うこともなく、ずっと子どもたちを見守り、そびえ立っている。その強い姿は、子どもたちの憧れでもあります。そんな姿を子どもたちが、「やしまる」にして、台中校のキャラクターとして表してくれました。バナナを持つ可愛いやしまるの姿は、三十周年記念に誕生しました。今では、大きなパネルになって、職員室の入り口で子どもたちを出迎えています。時々は、ほんもののやしまる(木が動くのではありません)が登場することもあります。七夕集会で登場することが恒例になっており、子どもたちは大歓声でやしまるを迎えています。

 

 そして、変わらないもののもう一つは、「台中っ子魂」だと思います。

 

台中日本人学校の子どもたちは、優しさを持っています。とてつもなく寛大な心を持っているのだと思います。それは、子どもたちに様々な状況があり、それを受け入れ、飲み込み、今の状況をより良くするために努力してきた結果、身に付いたものでしょう。また、この台湾の地の人間的に大きく温かい風土に関係があるのかもしれません。小学部六年生の学級目標は「ベストフレンド」でした。ベストフレンドであるために、友だちを責めない、良いところを見る、励まそうと努力する態度に感心しました。六年生だけでなく、台中校の子どもたちの多くが、この優しい心を持っていることを、この三年間で見ることができました。優しさをいつまでも持ち続けてほしいと願っています。台中校の変わらないものは、やしまると子どもたちの優しさです。

 

私の台中校での任期も終わりを迎えようとしています。十四代の校長から十五代の校長へとバトンを渡します。台中校の変わるものはより新しくより良く、変わらないものは永遠に変わらず続いてほしい。

 

灼熱の太陽を身に浴びて 異国の友と手をつなぎ 

 

みんなの学校 台中校  永遠に 栄えあれ



読者登録

喜早天海さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について