目次
はじめに
第一部 私と台湾
日本語は私と台湾の架け橋(アンディチャン)
台湾の楽しい思い出 (池田徳三郎)
何故台中市は大好きなのだろうか?(池田徳三郎)
台湾に残る狛犬たちを訪ねて(市来訓子)
私を台湾へ導いてくれた台中のご縁(伊勢寛)
埔里で日本語教師をして (伊藤直哉 )
いりぐち(大竹千紘)
台湾の神社に魅惑された私 (金子展也)
慰霊訪問団に参加した孫の感想(小菅亥三郎)
ドライブと温泉(駒井教雄)
私の台湾人生(酒井充子)
私の台湾史(佐藤晋)
台湾の日本語世代からのエール(佐藤民雄)
台湾へ出向(鈴木誠真)
台湾へ留学の思い出(高橋美代子)
お爺ちゃんとの思い出(舘量子)
台湾の世相の変化(陳秋蘭)
台湾の鐡道に魅せられて (戸井智博)
私と台湾(飛石秀樹)
台湾物語(中須賀重幸)
台湾と中国のはざまで揺れた心(中山孔明)
台湾と祖父母と私(永峯美津保)
環島(西川洋美) 
私と台湾 (丹羽文生)
台湾との邂逅(福田真人)
変わるものと変わらないもの(松尾功子)
台湾を歩いて(松任谷秀樹)
台湾で観たお月さま(森順子)
台湾は台湾 (李中元)
私と台湾のご縁(山本幸男)
私と台湾のかかわり (山元與一 )
日本語と私(林玫芳 )
台湾で見つけた人生の目標 (若尾彩加)
第二部 湾生と日本語人
私の一生(木村英一)
故郷の川(島崎義行)
暖かい台湾の心(瀬戸省三)
勇気ある質問(泰一則)
台中にて(堀部二三男)
二つの故郷(溝口啓二郎)
詩「戦後60年」(許育誠)
皇太子殿下のご成婚に期待をかけて(許昭栄)
昔の夢にふける(洪伯若)
冬(曹劉金花)
回顧(游大坤)
母の思い出(李栄子)
終戦当時の思い出 (李英妹)
詩「故郷」(劉心心)
私達と日本語(林陳佩芳)
僕の軍隊経験(林啓三)
私の少女時代(林翆華)
水産学校(林彦卿)
編集後記
編集後記
奥付
奥付

閉じる


編集後記

編集後記

 編集後記                        

  

平成元年に(1989年)に湾生の人たちとの出会いがその後のぼくの台湾生活に大きな影響を与えるとは思いもよりませんでした。それは同年七月に台中市100周年の佳節に大勢の湾生の人たちがやって来たからです。これがきっかけでその時から湾生の人たちと個人的なつながりを持つようになり日本時代の台湾に首を突っ込むようになったのです。当時は日本語教師をしていて、よく学生からは「台中には日本人も日系会社も少ないし勉強しても話し相手がいない。」と言って途中でやめていく人が多かったのです、そしてある年のことです。台中市内で商業高校の卒業式が終わった後、「先生!日本語の教科書もういらないから返します!」と生徒から言われたことがずっと頭に残っていました。それで1996年に台中で、日本語を話す機会を作るために、社会人や学生さんたちを中心にして、「日本語聯誼会」を発足させ、その後、日本語世代の人たちにも呼びかけて、199910月に「台中会」(台湾中部地区聯誼会)を結成した後2005年に「台日会」(台日交流聯誼会)と改称しながら日台交流ボランティア活動をしてきました。考えてみれば、日本語教師をやめたあとサラリーマンの身分でこうした活動が出来たのは、会社人間にならず、出世を望まず、会社に束縛されずに自由に余暇を利用してきたからにほかなりません。おかげで台中に限らず台北、高雄などにも行動範囲が広がり、かつ日台交流仲間とも知り合いが増え、会社と自宅の往復だけの人生とは違った道を歩めることができました。

 

本についても、1998年に作った本『台湾見聞録』を皮切りに出版は会の活動と言うよりぼくの趣味の一環としてやってきました。20028月から15年間メルマガ「遥かなり台湾」を配信、そして2年に一回の割合でメルマガ記事をまとめて一冊の冊子にしたり本にしたりして自費出版してきました。メルマガや本を作ってきたりした原因は「あまりにも日本人は台湾のことを知らないし、台湾の若い人たちも自分たち台湾のことを特に日本時代のことを知らなすぎる」と思ったからです。

 

それは又、中国語・台湾語のあまり話せない自分がこうやって平穏に住める台湾に対しての恩返しのつもりだったのです。

 

また台日会の例会に新来者を連れて来ると「まるでこの会は老人会みたいだ」と若い人からよく言われました。「あの人たちから台湾の昔の日本時代の話を聞けるのも今の時期だけだよ。」と答えましたが、大抵の新来者は昔の話は興味がないようで一回だけの参加が多く定着させるのが難しかったです。

  

そうこうしている間に高齢化で前述の湾生の集いも5年前に解散し、同様に台日会も今年の春節を前に解散を余儀なくされました。

 もうすぐ幕を下ろす平成時代を振り返ってみると「幸せ」の一言に尽きます。ご縁があって色々な人たちと知り合えて、またこのように原稿をいただいたものをカタチにできたからです。来月からの来る「令和」以降も何とぞご厚誼のほどよろしくお願いいたします。ご協力いただいた皆さんに重ねて謝意を述べたいと思います。本当に有難うございました。