twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション 歴史・時代 作者 高田康利
価格 無料
タグ 邪馬台国海部氏系図、籠神社、八幡、鹿児島神宮、応神、神武、神功、神武彦火明、
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

2 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 9ページ (Web閲覧)
10ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
「倭人伝」、「記紀」、地名、各種の伝説、『邪馬台三国志』の筋書、神社の縁起、考古学等々に基づき、神武(磐余彦)と神功/海部氏系図/八幡(応神)の出自について解説。

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

人は神さまに逆らって色のついた羊を造りはじめる・・・*アルファポリスの絵本ひろばでは「R」が付いてい...

この本を開く

1971年から1990年までの20年間にテレビ放映された日本の特撮ヒーロー番組に登場する「悪の組織」...

この本を開く

青年海外協力隊、モザンビークボランティア隊員による機関紙3号です。

この本を開く

方子さんはどうしようもない方向音痴です。名前が悪かったのでしょうか。当人は至ってお気楽なのですが、周...

この本を開く

幼児向け絵本ですが、大人もどうぞ。ジンベエザメのジンベは海より広いのは何だろうと思いました。・・・※...

もっとみる