閉じる


2 やまねこの男の子

 2 やまねこの男の子

 

 夕日が窓からさし込んで、お店の中は、黄金色につつまれています。

 やまねこの男の子は、お店に残っている3つの楽器を、ひとつずつ順番にながめていました。

 どんな楽器が残っていたのかというと、空き缶の枠に色とりどりの釣り糸を張った弦楽器と、小さなガラスびんに星の実と種を入れたマラカス、そして、冬に咲く桜の枝で作った細長いふえでした。

 やまねこの男の子は、赤毛にくっきりとした白と黒のしまもようが入った、美しい毛なみをしていました。黄金色の夕日があたり、赤毛が輝きます。長いまつ毛に、透明なビー玉の中の黄色い瞳。うさぎの楽器やさんが、見とれていると、やまねこの男の子の足が、ひとつの楽器の前で、ふと、止まりました。うさぎの楽器やさんは、少しの間、様子をみていて、「やっぱり、な。」と笑みをうかべました。

「その、ふえ、だよね。」うさぎの楽器やさんは、そっと声をかけました。「…」やまねこの男の子の目が、うさぎの楽器さんをとらえました。黄色に見えた瞳の奥は、緑色をしています。

 本能的に、ぎくっとしてしまうのは、自分がうさぎだからかな、、とちょっと汗をかきながら、

「わかるよ。ふえが、きみを呼んでるから。」と、うさぎの楽器やさんは続けました。「どうしてわかるかって?そりゃあ、楽器やだもの。まあ、ためしに吹いてみなよ。」

「…」

 それでも、やまねこの男の子が、何も言わないもんですから、うさぎの楽器やさんは、ふえを手にとって、「こうやって、持つんだ。」と言って、左手と右手の指で1つずつ順番に穴をおさえて、横向きにふえを持って見せました。そして、やまねこの男の子にふえを渡しました。 

 やまねこの男の子は、やはり、何も言わないで、ふえを見つめながら、持った感触を確かめているようでした。そして、うさぎの楽器やさんが教えたとおりにふえを持ちなおして、知っていたように、ふえの穴を指で押さえました。

 澄んだ、ソの音。

 やまねこの男の子が、最初に吹いた音は、楽器やさんのお店の空気をふるわせました。うさぎの楽器やさんの目は、たちまち、間違いのない自信に満ちました。

 

<うさぎの楽器やさん 3 冬桜の枝>に、つづきます。


この本の内容は以上です。


読者登録

銀色すずさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について