twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション エッセイ・インタビュー 作者 nkgwhiro
価格 無料
タグ 空飛ぶ車黒曜石鼓腹撃壌ヨイショ最期の時間割
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

1 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 7ページ (Web閲覧)
19ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
温故知新ー常に人は過去から学び、未来に飛躍をしていきます。
日々の出来事、いや、良いことばかりではありません。むしろ、そうでないことの方にこそ、私たちが学ぶべきことがあります。
そうなると、温故知新などとそんな昔に遡らなくても、昨日のこと、いや、数時間前の忌まわしいことも、私たちにとって、それは学ぶ価値があるものということになるのです。
夢を見ること、ちょっと未来のことを想像すること、故事来歴から得ること、挙句に、やりきれないからと相手をぶちのめすのではなく、大きく懐をあけて招きいれてやること、究極は、自分のいつくるかわからない「死」に対して、そろそろ「最期の時間割」を作っても良いと、そこまでたどり着くでのです。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧