目次
21g

閉じる


21g

私の魂というものは

どういう形でどういう色で

どういう味をしているのだろう

 

そんなとりとめのない問いを

スカイツリーの展望台から

ぼんやりとしながら

東京の夜景へ投げ掛けてみる

 

あなたの魂というものは

どういう匂いでどういう温度で

どういう佇まいなのだろうか

 

 

私の中の良い心は

ほんの一滴ひとしずく

乙女の涙と同じだけの体積

 

ならば悪い心はどのくらいある

絵描きのキャンバスくらいはある

 

人間の魂の重さは21g

一円玉21枚分なんだね

 

もしも魂が形になるならば

すべすべした手触りで

手の平に収まる大きさで

ふにふにと柔らかいと嬉しいな

 

 

 

 

 

 


この本の内容は以上です。


読者登録

百舌谷 灯さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について