目次

閉じる


聖夜

いつもほほえみを絶やさない

幸福な人たちの願いが叶うひととき

それが聖夜なのだと思う

 

ウロボロスのように

完結している愛情は 

このうえない嬉しさと

止まることのない喜びで

世界を彩りきらきら光る 

 

恋人たちの輝く瞳に

それぞれの思い描いた

夢見る未来が映るのならば

 

それが同じ姿であることを

願わずにはいられないよ

 

 

聖夜の星がまたたく世界の

刹那の積み重ねこそが

あなたがたのかえがえのない思い出

 

いつも愛を感じていられる

幸運な人たちの願いが叶うひととき

それが聖夜なのだと思う

 

 


この本の内容は以上です。


読者登録

百舌谷 灯さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について