目次
the latest treatment of my copyright ! / 最新のコピーライトの取り扱い方!
heart-o's recommendation for meditation to start with ( some in Japanese )! / heart-o 推薦っ=瞑想のはじめにちょう
2019
How to create the brand new world in every now moment ! / 全ての今の瞬間毎の真新しき世界の創造法!
Light meditation! / 光瞑想法!
Come back again to the silence of your heart ! / あなたのハートの静けさにもいちどおかえりなさいましーぃーんっ!
Light Only Keeps Dancing Here In The Now Moment ! / 今の 瞬間 ここにてねっ 光は ただ 舞踏 し 続け ちゃってるーうーんーなーはーあーいーよーお
Experience of peace in joy of just being all together here now! / ここに 今 全ての存在は ただ 存在することに 歓喜する という 平
The choice always remains yours in the now ! / 選択は いつも あなた自身の存在中に 完全に 在り続ける だけよーおーいーねっ 今 さあーっとねえっ!
Practice living with your heart open ! / あなたのハートを全開放にしてある練習をしてっちゃってねーっ !
Forgiving ( ego’s energrtic state ) is for giving ( Divine energrtic state )! / ( エゴ 限定 分離的 エネルギー の 
You are the BOSS = Talk to your DNA !
etc = Keeping joy of pure beingness in every now moment ... ! / 雑記 = 全ての 今の 瞬間毎に 純粋 存在 の ヨロコビ を 第一に 
What's so simple ! / 超シンプルにさあっ!
ONLY ONE POINT - JUST BE IN PEACE IN THE VERY NOW MOMENT ! / オンリーワンポイント ― たった の 今 の 瞬間 に ただ あり切っちゃう 
etc = keep conscious energy flow into heart in the now moment ... ! / 雑記 = 今の瞬間に ハートへの 意識エネルギーの 流入 キ
etc = BE LOVE SONG ITSELF IN EVERY NOW MOMENT ... ! / 雑記 = 全ての今の瞬間毎に 宇宙愛の歌 で 在り切っちゃえっぱーあーっとーなあーうーぃーん
Focus on divine image of self and wholeness to manifest at first in every now moment! / 存在 の 真性 全て の
It's your last granted life on earth ! / これは 地球における あなた方の 最終の 叶えらえた 人生 だよーんーっ !
ALL IS WELL WITHIN DIVINITY NOW! / 今 神性愛 として 全て は 順風 っすーうーぃーんーっ !
Once you make the choice to stand in the power of Love !
The truth is, it is already everywhere. You are it ! / 存在する 真実は 既に どこにも 完全に 在り あなたも すでに それ なのさっ !
By Spending Time Quietly Within You Will Come To a State of Self-Acceptance and Peace Which Cannot b
Be fully alive in the Real, conscious of our eternal communion ! / 全面的に実在の現実の中に活性して在り 真性の永遠の通じ合いの中に 
Communication pure conscious energetically with all every now moment! / 全ての今の瞬間毎に 全てなる 存在たちとの 純粋意識エネ
Everything Is Only Pure Consciousness and Love ! / 全て が 純粋 意識 と 愛 な だけですっ !
Let it be as how light creates the wholeness and indivisuals totally in every now moment ! / 全て の 今 
Experience of wholeness in every now moment ! / 全ての今の瞬間毎に存在の全体性の体感をさねっ!
WHAT ALWAYS IS NOW ! / 今 常に ある もの ってねっ !
update after june 30th in 2019 ! / 2019/6/30以降の新着はあーいーんっ!
update heart-o 2019 - ! / heart-o アップデート 2019 - !
I am found in limitless love always ! / どこ まで も 境界 無し の 愛 の 中 で わたし は 発掘 され 直る の らよーおーっとーなーっはーあーうーんー
Experience the Divine within everything in the now moment ! / 今の瞬間に存在する全ての中には常に完璧なる神性の体験があり得るうーんーっ!
Keep moving into joy and freedom! / 歓喜 と 自由 へ 移行 し続けてーっけーてけーえっ!
Divine Love’s Break Dance in the NOW! / 今の中央での 神性愛の破壊系ダンス!
you can be free of all boundaries, living the truth that all that you give returns to you and return
heart-o on website - puboo information! / パブーサイト上のheart-oインフォメーション!
ヨガ基本と最終目的へ最短最速シンプル法っ!
I can choose to have a habit to feel gratitude to whatever in daily life first ! / 何よりも ますはなあーっとーよーっ
The Meeting of the Old World and the New ! / みなさあーんのーっほーぉーいーんーっ 存在わーっはーあーぃーねーっ 今さよねえーぅーんっ 古世界と新世界の混交
KEEP FEELING “ I AM LOVE AND LIGHT I AM” WITHIN KEEPS MANIFESTING IN EVERY NOW MOMENT !
Every electron is the universe. Every breath is the Moment of Creation, and every heartbeat is the b
uncomfortable feeling !?! / 違和感んー!?!
concentrate on clarifying and purifying the energetic quality on earth in every now moment ! / 地球上の全
Whole energy balance in the now moment ! / エネルギー全体バランス復元なのだよおーんっ !
Welcome back home for all of me in this now moment ! / 今 たったのおーぃーんーっ この瞬間にあってさーねーっ 私のおーっ 全体生よーおーぃーんー
heart-o will be on puboo for a while again ! / パブーは 続くとさーあーぃーよおーんっ!
Keep feeling to be on earth in every now moment ! / 全ての今の瞬間毎に 地球上に在るのを感じ続けちゃっておりゃーあーぃーねーっ!
The end of time is internal ! / 時の終わりにはだねえーっ !
what is it on earth and in universe right now !?! / 地球 宇宙 ではよおーぃーねーえーんーっ 今 あーっ どおーなってるうーのさ-あーねーえーんーっ
Experience Inner Light Just For Now ! / 今 の 真っ最中 に 存在中 の 光体感 しっちゃって よおーぃーんーっ!
Experience Inner Light Just For Now ! / 今 の 真っ最中 に 存在中 の 光体感 しっちゃって よおーぃーんーっ!
Your Glorious Christ Heart !
Your Glorious Christ Heart ! / 神性愛の起動法 ! 
page 55
Arnold and Matthew ! / 英語版
Each and every moment ! / 英語版
Giving and Receiving ! / 英語版
What your heart is receiving ! / 英語版
Simply allow the process and go within often to bask in Oneness with Source ! / 英語版
Serving As Light Spore ! / 光胞子=光奉仕!
What is garbage !?! / ごみってえーぃーんーっ!?!
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

42 / 63ページ

Every electron is the universe. Every breath is the Moment of Creation, and every heartbeat is the b

Every electron is the universe. Every breath is the Moment of Creation, and every heartbeat is the birth of God consciousness, all of it ready to be honored by the miracle that is you ! / 全ての呼吸は創造の一舜であり 全ての心臓の鼓動は 神性意識の真新しき誕生であり この創造の全体性は 常に 今の瞬間毎に 自己自身という 奇跡により そのであるように 観じ切られ 完全に意識され 取り扱われる ようにと 今 ここに 創造の全体像 が 存在してるーうーんーだーあーよーなーっはーあーいーねーっ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Every electron is the universe. Every breath is the Moment of Creation, and every heartbeat is the birth of God consciousness, all of it ready to be honored by the miracle that is you

 

!

 

a message 

 

through

 

circle of light

 

!

 

http://mad.ly/signups/93653/join

 

 

 

aug-15-2019

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

The great pulse of Real Love comes from within you, lights your heart and in their unity, lights the world. You can feel as well as sense this through the heart, this powerful pulse of Love within you that is within the world. Instantly it illumines the world of the mind as it becomes ever fainter.

 

To live in the Reality of Love is to be willing to be God awakening to the truth of only Love and every expression of it, every nuance to be marveled at and discovered. Every radiance is honored -- the fullness of the miracle of “both/and,” the indivisible unity of this one life and the powerful gift of our relationship which is a relationship with every expression, every aspect of God. And thus do you dance in this sparkling Light in the world as an acknowledgement of the miracle of the facets of Love and the beauty of their expression, every one of which contains the whole.

 

Every electron is the universe. Every breath is the Moment of Creation, and every heartbeat is the birth of God consciousness, all of it ready to be honored by the miracle that is you.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全ての呼吸は創造の一舜であり 全ての心臓の鼓動は 神性意識の真新しき誕生であり この創造の全体性は 常に 今の瞬間毎に 自己自身という 奇跡により そのであるように 観じ切られ 完全に意識され 取り扱われる ようにと 今 ここに 創造の全体像 が 存在してるーうーんーだーあーよーなーっはーあーいーねーっ

 

 

メッセージ

 

サークルオブライト

 

経由

 

 

http://mad.ly/signups/93653/join

 

201915

 

http://www.circleoflight.net/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


真正 にして 偉大 なる 愛 の 鼓動 脈拍 脈動 バイブレーション 脈絡 は 全て の 存在 の 中心 核心 に きっかり しっかり キッチリ 在り 続ける しか ないのだったーあーっはーあーいーねーっ

 

 

コノッ


 

チョーホーオーンーニーィーン

 

 

こそがですねっ


 

この 性能によっちゃいましてえーっ 一つに 結ばれ切っちゃってる たったの 一つの 世界 まーあーねーっ つまりはだねえーっ 完璧自画自賛式 たった 一つの 自己自身 これを 照らさずには おけーえーんーよーなーあーっ そりゃーあーそーだーあーっ ってことに なっちゃってましたねえーっ アハハッ

 

 

この よおーなーあーっ 愛 の 脈絡 を 全存在 は  第一に 各自己自身 と 全存在中 つまり いたるところに もー すべてにこそだねっ 観じ切ることが できるよーっほーいーっとーなーあーうーんーっ

 

 

これによって 照らされちゃってる のを 観じ切った 瞬間はねっ まさにさねーっ 利己的 部分的 曇りガラス的 マインド の 感知しちゃってたあーっ 世界全体感触 はあーっ 薄れて はかなあーっくーうーっ おぼつかなあーっくーうーっ たよりなあーっくーうーっ 観じられちゃってさーあーっとーよーっほーおーいーだねーっ

 

 

このよーおーなあーっ 真生 の 愛 の 現実性 全体性 全体生 を 生きる とはよーっ 愛 として の 真実に 覚醒した つまり これが 完璧に 意識化されて 一体化した 存在である ことに 喜び 勇んで 参入し切っちゃえって 創造 の 表出 表現 の 全体性 が それと 一体化 一致団結 し切っちゃってる ってこったーあーいーねーっ

 

 

で それが 自己自身 にも 全体 にも 貫通して 観じ切られる から こそ その 生きた バイブレーション が 共鳴 を 呼び覚まし合い 続けて 行く ことも できてさーあーっ 燃え広がるうーんーっ 神の爆風ーうーっ と 成り果てちゃってーえーっ 行くーうーのーさーよーなーあーっとーねーいーっ

 

 

この 全体生 に ある から こそねっ

 

 

全て の 部分 一部 には 全体 が 反映 反響 して ますねっ

 

 

まーねーっ どんなに 否定 拒否 しよーったってさねーっ そーなっちゃうーんーっ これはあーっ もーおーねーえーっ

 

 

ってことでねえーっ

 

 

この 生 生命エネルギー の ひらめきーいーっ と してよーっ 全てが 一瞬毎に 舞い 合い 愛 のよーっ ダンス し続けちゃってるーうーってなーあーっ だーあーっけーえーっさーあーいーよーっほーいーっとーなーあーうーんーっ

 

 

ってことで 全ての 極小 の 五感の 知覚領域 外 の つまり そこには 何も ないだろーおーいーっ おーいーんーっ

 

!?!

 

ってなーあーっ とこまでえーっ 全てえーっ まるごとねーっ まんまとさーあーっ ひっくるめましてえーっ これに なっちゃってましてえーっ 全体が 響き渡っちゃってますのさあーっ

 

 

ってことはねっ 各自己が これを 拒む とか 否定する とか するとだねっ ちょっと それは 許容範囲内では 可能っ てことでねっ まーねーっ そーであるがまま の 真正 がねっ 歪む ねじれるうーっ 滞る 目詰まりを起こす とかさねーっ まあーっ そーゆーことは あるかもねーっ 一瞬 許容範囲 と 制限時間内 と 全体 との 関係性 に 応じて それは どー 転ぶ かはあーっ 確定 断定的には 解説不能 だけどさねーっ

 

 

全て の 部分 は 全体 だあーっ

 

 

つまりねっ

 

 

全て の 部分 が 全体 を 変え 得る ってこと でも ある のさ ねっ

 

 

こりゃあーっ 怖いーんーですねーっ ある意味 ぢゃねーっ

 

 

全て の 呼吸 は 神 の 創造 の 発熱 の 瞬間

 

 

全て の 鼓動 脈拍 脈動 は 神性 意識 エネルギー の 新生

 

 

わたし と いう 神 の 軌跡 奇跡 が だねえーっ

 

 

いつも だから 常に ってことは 止むことなく 絶えずに だねえーっ つまり エンドレス 果てしなくーうーんーっ ですよなあーっ 結局は ねえーっ もーおーっ 逃げられなーあーいーっ しーいーっ 隠れることもできなあーいーのよーだわさーあーんーっ しょーがねーえーんだーあーよーなあーっ こりゃあーっ もーおーっはーあーっやーあーんーっうーっそーおーでーっしょーおーっのーおーってこってーっすーうーっひーっひーいーんーっ てことですーうーんーっ あしからずーうーっ

 

 

創造 全体 の 参加者 として 完璧 な 責任 を 取らされ続けちゃってるうーっ てこと だけっすーうーぃーんーっ

 

 

ハーイーッ

 

 

ざあーんーねーえーんーっ なーあーっがーあーらーあーっ

 

 

責任者でなーいーっ ものはあーっ どこにもーおーっ おりませーんーでしたよーおーっとーなーあーうーんーっ

 

 

これぞおーっ

 

 

ザーアーツーンーッ

 

 

爽快 あー そー かー あー いー んーっ

 

 

ってーえーんーだーあーっ

 

 

ばーあーっーろーおーいーんーっ

 

 

ぱーあーいーっ

 

 

マルッ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

heart-o

 

 

http://hearto.webcrow.jp/

 

 

blog 

 

http://heart-o-one.blogspot.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


42
最終更新日 : 2019-08-16 08:06:08

uncomfortable feeling !?! / 違和感んー!?!

uncomfortable feeling !?! / 違和感んー!?!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

uncomfortable feeling

 

!?!

 

aug-19-2019

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

違和感んー

 

?!

 

2019819

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

違和感 続々 増殖中だねー こりゃあーいーよーほーおーいーねーっ


 

例えばあーんーっ

 

 

洗面器ーぃーんーっ

 

 

朝起きて 目に する あの どでかい 陶器 なのだがねえーっ

 

!?!

 

ちょっとでも 引いて これを 観じるにつれてーえーんーっ

 

 

なあーんだーあーってーえーっ このよおーなーあーっ どでかあーいーっ 陶器をさねえーっ 一人一台 とかあーっ 持たねばならあーんーっ 生活設計 ライフスタイル 欲求の状況 なのかあーっ とかなあーっ

 

 

例えば 洗面器 一台 を 一人一台 と 計算した として これを 人体が 常に 背負ってるうーんーだねーえーっ としたあーっ 図を 想像したりもしてみちゃいましてねえーっ

 

 

あるいは 全人類分の 洗面器を 一か所に 積み上げる とかさあーっ その 図を 想像したりしてねえーっ

 

 

で ただ 顔 洗う とか でしょーっ あれさあーっ

 

 

つまり 水を ちょっと 使う とか の 用 な だけの ことですよーっ

 

 

例えば 水道 と 排水溝 の ついた コンクリート とかでも いーんだよねーっ その 間に 洗面器が なくたってさあーっ

 

 

それより もっと シンプル化 すりゃあーっ 水 はねえーっ 水道で 好きなだけ 大量に 入手できる って 習慣が つきすぎちゃってますけどなあーっ 人類以外は 水道から じゃぶじゃぶ がばばが ざぶんざぶーん のよーなあーっ 感じ方 使い方 してないのだよなあーっ まーねーっ もっと 豪快 だったり ダイナミック だったりも するしだねえーっ もっと 繊細 だったりも するのだけどなあーっ 別に 水道 に こおもーおーっ 大多数的に 依存して 均一化した 水に関する 感触 習慣 を 持たなくったってえーっ よかったあーんぢゃねえーのーっかーさーあーいーよーっ とかだねえーっ

 

 

まーねーっ こーやってさあーっ 生活の全てを 見直し 観じ直してだねーっ 人類の 必需品 所持品 それの 制作 と 維持 に 必要な 全行程にある 全て を 物質的に 意識的に 感情的に 感覚的に エネルギー的に だねえーっ 観じ直したりしてみちゃってくるとさあーっ それにまあーっ それを 一か所に 集める とか 集めなくても 地球上に 常に そんな 状況が 在り 溢れ ありふれ続けてくうーっのっかーあーいーねーっ とかなあーっ 観じ続けてますとだねえーっ

 

 

まーあーっ 人類ってーえーのはさあーっ 他の生命体に 比較するとだねえーっ 相当な 欲求があーっ 肥大化し過ぎちゃったあーっ エネルギー の おかしくなり過ぎ切っちゃってるうーっ 状況 ぢゃねえーっかよーっほーおーいーねーっ てーえーっ 気があーっ しまくってきちゃってるのだねえーっ

 

 

あれも これも 必需品に なり過ぎちゃってるのさねえーっ

 

 

例えばさあーっ

 

 

冷暖房完備 とかもさあーっ 当たり前でねーっ 無くなったら 死んじゃう とか 耐えられない どーしよーもないーっ どーしていーかわかんなーあーいーっ 考えもしないからーっ あり得ないとしてーっ 思考停止 無視して スルーしてるだけーっ とか が 多いかもねえーっ 特に 老人だねえーっ


 

冷暖房に 当たりに スーパー 図書館 もーっ 至る所に はびこってるんだよねえーっ

 

 

で すぐに 顔を見合わせりゃあーっ 熱い だの 寒い だの この 熱さは 異常 だねっ とかって まるで 自己の異常性を ないがしろにし切り倒したあーっ かのよーおーなーあーっ あの しれっと した 態度 風情 ねえっ


!?!

 

なあーんだよーおーっ あれはよーおーっ


 

とかさあーっ

 

 

例えば 赤ん坊に 近い程 まだ 冷暖房完備に 慣れ切ってない 状態 だとさっ ベビーカー の 中 とかでもさっ 熱くて うんざり 寒くて 嫌だ とかって 風情では なくてだねえっ 別に 文句を 言うのではなく ただ 体全体と 一体化してて バランスを 取る 調節してる って ことに 徹してる に 近い 様子 だからさあーっ 平気な 感じで あれるのだよなあーっ むしろ きゃっきゃと 笑っちゃってたりしてさねーっ

 

 

それは 他の生命体と 同じだよなあーっ


 

熱くて 冷房の効いたどっかに 逃げ込む までは 考えることもせず まーねーっ なんとかあーっ 涼しーよーにー しながらあーっ やってるだけよねえーっ 鳥 とかもさあーっ

 

 

ゴクゴク ガブガブ ジュース や アイスクリーム スイーツ なんかに むしゃぶりつき続けるよーなあーっ 醜さ 惨めったらしさ 貧相さ みっともなさ も なくてさっ まーねーっ 毅然としちゃってるもんよさーあーいーだねーっ


 

何かに つけちゃってだねえーっ 人類は もおーっ 数歩 歩く 毎に 何か に 寄っかかる 杖を つきたがる 大老人 の ごときーいーんーっ 甘っちょろさにーいーんーっ なり果てちまったーあーのーかーあーもーだーねーえーっ

 

!?!

 

こりゃあーっ 末期的ーいーんーっ 症状 かもーねーっ


 

ってなあーっ

 

 

ってことでさねえーっ 何かに つけて 違和感 増殖中 なあーのだよなあーっ

 

 

あれも これも なきゃあーっ 困る 嫌だ おかしーっ とかってことを どんどん 減らして いかないと 俺は おかしくなり過ぎて しまうだろおーにーいーっ てえーっ 気があーんーっ メリメリーィーンーッ とさあーっ しちゃってきちゃってまーあーっすーうーんーだーねーえーっ なーあーんーだーかーあーさーあーっ 今日この頃ーおーだーねーっ

 

 

まーねーっ 今年の冬は 無暖房 で ポカポカ 生活化を 実現したがねっ まあーっ 夏は 無理 かなあーっ と 弱気に なりつつもーおーっ 何か 地球に 重荷を 背負わせる 重量を 減らす 必要に かられて 思い付きで 考える スキ を 与えず 冷房危惧的 冷房器具を 捨てたあーんだよねーっ 

 

 

それでもさあーっ USB テーブル 超小型 ほぼ 手の平サイズ 扇風機は 捨てずに おいたし 万が一 どーしょーもなかったらあーっ 扇風機 は 買っちゃうかもーっ 等と 甘さを 残しつつうーっ 夏っ 到来 したがねーっ


 

USB扇風機は 一回 ちょっと 使ったきりで あとは たまに センス=扇子 まー 冷房の効いた空間に いることも あるが いなくても どーにか なる 感じ を キープ しつつ あるねーっ とは 言ったってさあーっ 幼児の頃は そんな事は 当たり前で 夏の暑さ 冬の寒さに 弱音を吐くことは なかったのでねーえーっ それに ちょっと 近づいて 正常化した って だけで 自慢には ならねーんだぞおーいーんーっ

 

 

とは言えねーっ 幼児の頃は 今よりは 断然 電化製品は 少なく 建物等も 木造が 多く 自然に より 近い 状態 環境 だったからねーっ 暑さ 寒さ も 自然に 近く 今のよーな 異常な温度 環境 では なかったってことは あるよなあーっ まだ 土が 多かったもんねえーっ アスファルト だらけでは なくってさあーっ この アスファルトも 相当 異常な 環境に する かあなあーっ エネルギーを 密閉しちゃうんだよねえーっ 例えば 岩石 と アスファルト に 夕方近くに 触れると 岩石は ほんのりした 熱であり アスファルトは まだ 放熱できないままで 熱々 なんだよねえーっ 又 アスファルトの種類(石の細かさや性質の違う物質の混合の具合等)により この 状態が 違ったりするのだよねえーっ で もちろん 岩石のほーがーっ 自然であり それは 熱くても 心地良く 全体に 染みわたり 一体化して 融け合う エネルギー観に 導入させるよーなーあーっ 自然の あの どこにでも 起こり得る 力 が あるんだよなあーっ それが どっこいっ アスファルト だと ねえーっ 熱いので 苦痛っ なあーんだよねえーっ 熱っ で 終わっちゃう 感じ なんだよねえーっ つまり 熱すぎて 耐えられない って なっちゃうのさねえーっ

 

 

これは 建物 も そーだよねえーっ

 

 

木造の家 とかでもさあーっ 家の中のほーがあーっ 外より 熱かったり 寒かったり してねーっ

 

!

 

外は とっくに さっさと 自然に 涼しくなっちゃってるのにだねーっ 家の中は 蒸し蒸し 熱いまんまだあーっ とかだねえーっ 

 

 

ってことで トータルで 感じてたら 自然には 日陰 木陰 水辺 とか どっかに 極端を 暴走させない エネルギー 環境 状況が あるのだけどさあーっ 人工物中には ないんだよねーっ

 

 

で より 自然に 近い エネルギー の 感触 を ふらついて バランス 取ってるとさあーっ 夏は ただ 熱い ってことも なくなり 冬も ただ 寒い だけ ってことでも なかったりしてねえーっ そんなに 危機 機器感 は 無くしても よくなってきちゃったりもするねーっ

 

 

例えば 夏は 小分けに 水浴び する とかっ

 

 

鳥 かよっ

 

!?!

 

ってえーっ

 

!?!

 

まーねーっ 水浴び できなかったら 水を 含ませた ハンドタオルでも いーんだけどよっ それで 拭くだけでも スーッと サッパリ するのよーっ トイレ とかに 行って 全裸に なって とか 可能な 限り 肌を 拭く とかねっ 服の上から 水をかちゃってもいーんだよねーっ すぐ 乾くんだからさーっ どーせっ 特に 首の後ろ とか 首回り 頭も 出来たら スキンヘッド に 近い状態にして 水を かけると いーねーっ それで 水分補給にも なるし 水を かけたり 拭いたりした 後の 風が 気持ちよかったりしてねーっ それは 冷房の風とは 違う 感触の エネルギーの 自然な 爽やかさ スムーズさ まろやかさ やさしさ やわらかさ 軽さ 明るさ ほがらかさ 強さ 親しみ 一体感 全体観 統一性 とかも 感じられるからさあーっ 全体力が 復活して 統合される 感っ みたいなのも 得られるからさっ ただの スパ とか シャワー とか とも 違う 自然の中に ある 感じ であり それは 他の生命全体も 感じてる エネルギー の 自然さ の 中 に 体感 されちゃう 贈り物 の よおでもありましねっ そこに やっぱり 生命全体 の 共鳴 共有観 ってのが エネルギー として 体感される ってのが 一番 必要な 栄養 みたいな もの だったり してねーっ それが 体感されないと 忍耐力 のよーでも あり それが 充足感 充実感 一体感 共鳴感 に 転換されたり するので さっ それが 体感されないが 故にこそ だねっ 何か 人工的な ものに 手を 伸ばし 依存し切り それが 故に どんどん 感覚が 麻痺し 自然との 一体感 つまり エネルギー 交流が 断絶され続けて 欲求不満 孤独感 無力感 が 増大し 依存性が 増す という 悪循環 に 陥っていくーんーじゃー ないかねーっ

 

!?!

 

汗 かくのもだねえーっ だらだら 汗かき続けてるとさあーっ 慣れてっちゃってさあーっ 汗かくのが 当たり前で 平気になってきちゃってさあーっ 水浴びしなくても 汗に 風が 当たって 気持ちいーっ とかねーっ 汗かくからこその 気持ちよさ ちょっとした 風が 汗かいているからこそ スッと 気持ちいーっ とかも ありますよねーっ

 

 

ジョギング でも サイクリング でも 汗かく 陽に当たる のが 当たり前 って ことで 習慣化してる 人類たちはさあーっ そんなに つらそーではなかったり 逆に 充足感を 全体の 奥深くに 感じながら 表面的には 汗かいたり 赤かったり してるだけで 爽快感を 感じちゃってる感が あったり するーうーんーっ とかもねーっ ありありーいーんーっ だーあーったーあーりーねーっ

 

 

やっぱ 覚悟を 決めて それに 向かい切る って しちゃうえばさあーっ それに 全体 エネルギー が 適応するぞーっ って 起動するのだがねーっ そーではなく 逃げ出すとさあーっ 引っ込んで行くんだよなあーっ だからさあーっ 冷暖房逃避派の老人タイプの人類は だねえーっ なんかあーっ ぶつぶつ すぐに 文句言ったり 弱音 たわごと を 延々と 吐き合い続けてたりしてだねえーっ そーゆーっ ライフスタイルに 陥ったまんまで 死のおーっ てなあーっ 人生設計のご様子なのだかねえーっ てなあーっ 様々な 模様があーっ ありますよねーっ

 

 

最近 気付いたのはねっ

 

!

 

蚊はーっ 足を つまもーとすると 結構 驚いて よろけたりする ってことおっ

 

!?!

 

えっ

 

!?!

 

あのねえーっ 蚊ですよーおーっ 蚊っ

 

 

その 足っ あの 細い 足を 一本 だけねっ 指先で つまもーとすると ですよねーっ かなり 驚く のですよなあーっ んでっ よろけるっ とかねっ 行動が 鈍い とか おかしくなるっ つまり うろたえる 混乱する パ二クルーゥーンーッ みたいなあーんーっ

 

!?!

 

えーっ

 

!?!

 

何 言ってんだかあーっ わかんなあーいーってーかーあーいーねーっ

 

!?!

 

たぶんねっ 蚊は 慣れてないんだねーっ 集合意識的に さっ 人類に 足を つままれる って 出来事に だねっ 日常的に まだ まだねえーっ


 

たぶん 蚊は 刺すからねっ 人類は どっちかってゆーとーさあーっ 圧倒的多数がねっ ひっぱたいて 殺す って アクションを 起こすのだよねーっ

 

 

だから 蚊は それには 慣れてるっ だから 速いっ その際には だなあっ


 

しかしねっ 足を つままれるっ ってことは 予想だに してない 蚊が 大多数 だよっ 個人的 予想では だねえーっ

 

 

だからあっ よろける ずっこける よたよた ふらふらする 動揺する 調子が狂う とかでねっ 挙句の果てにはさあーっ 足 つかまれちゃったりするのよーっ うふふーんーっ

 

!?!

 

ってねえーっ

 

 

まーあーっ いろーんーなーあーっ 感触を 感じてちゃってるのだねーっ

 

 

ってこったーあーいーねーっ

 

 

ぱーあーいーっ

 

 

まるうっ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

heart-o

 

 

http://hearto.webcrow.jp/

 

 

blog 

 

http://heart-o-one.blogspot.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


43
最終更新日 : 2019-08-19 19:52:04

concentrate on clarifying and purifying the energetic quality on earth in every now moment ! / 地球上の全

concentrate on clarifying and purifying the energetic quality on earth in every now moment ! / 地球上の全ての今の瞬間毎のエネルギーの性質の明瞭純化への意識統一!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

concentrate on clarifying and purifying the energetic quality on earth in every now moment

 

!

 

aug-20-2019

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

yes

 

!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地球上の全ての今の瞬間毎のエネルギーの性質の明瞭純化への意識統一

 

 

2019820

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


地球上 の 全存在中 の 一生命体 一存在 として の 一人間 が 地球上 に 放出し 負担させちゃい 続ける エネルギー 現実 の 算出 を してみよーおーいーんーっ 

 

 

物理的に 算出する ならあっ

 

!?!

 

地球 という 一球体 と そこに 在る 全生命体 を 地球 という 一球体 に まとめた と 意識化し それを 一人間 に たとえ 想像し 直す と 私 という 一人間 - A - が 他 の 一人間 - B - の 上 に 存在し それに 対して 一瞬毎 に 私 の 全生命 エネルギー を 使い 何事か を 為し 続けてる という 事態 が 私 の 存在 に おける 全て と 観じられ やすく なるかもおーんーっ

 

 

ではよっ やってみよーっ

 

 

ほいーんーっ

 

 

まずは 私 という 一人間 - A - の 所持品 の 全て を その 一人間 - B - に 背負わせ 続けちゃってるうーんだねえーっ もーっ これは 間違いない 現実さあーっとだからねえーっ

 

 

一人間 - B - は 一人間 - A - の 所持品 の 全て を 背負い続けるが 為に 体全体 の エネルギー を これに 消耗 し続け あちこち 負担が かかり まがったり よじれたり きしんだり 痛んだり 摩耗したり 痛んだり し続ける よおーっ それによって それ以外の 性質の 活動に 使えるはずの 生命エネルギーは 常に これに 回され続けるので エネルギーは それ以外に 使えなくなり続けちゃってまっすーうーんーっ だねーっ

 

 

更に A は 所持品 以外にも 全ての 活動を 通じて B に 行為を し続けちゃってますよなあーっ

 

 

A が 何か を 欲求する ってこと は B の 体 を つかみ むしり ちぎって A が 取り出す ってこと であり これにより B は 全身 もおーっ 傷だらけ 血だらけ 形も 融けちゃったり 欠けちゃったり ひりひり ずきずき じんじん っとまーあーっ もーおーっ たーあーいーへーえーんーっ なのだなあーっ こりゃあーねーっ

 

 

それに 対して A は 当然 の 事 と しちゃった 切りで もはや B の 全身 が A とは 違い過ぎちゃった ものだから 同じ 一生命体 一人間 対等な ただの 存在同士 ってだけっ てことを すっかり 忘れちゃており もはや 生命として の 尊重感覚 なあーんかあーっ ありゃーあーしなーあいーっ のであるからしてねーっ もっちろーおーんーっ 感謝 とか 申し訳なさ とか も ないーんーだねーっ もーおーっ 全身感覚麻痺 思考完全停止 状態 でねっ 目下 暴走中 なのらよーっ ありゃあーっ たーあーいーっへーえーんーだーあーよーおーっ こりゃーあーっとーさーあーいーよーっーとーおーっ 

 

 

さーあーってーえーっ どーおーなーるーんーでーしょーおーかーあーいーねーっ こーのーさーあーきーいーんーっ

 

!?!

 

物理的 に 感じてみた ところで 次にぃっ より エネルギー的に 感じてみよおーいーんーっ

 

 

A の 思考 感覚 感情 の 言動 の 全て を エネルギー に すると まーねーっ A だけ が 大切で 存在している 唯一の もの であり A 以外 は それを 達成する 為の 道具 であり A は A  の 欲求 の 浮上 するが まんまに まかせっきり まかせっぱなし で 欲求 を B に かなえさせる 為に つまり B は A と 同じ ただの 一つまみ の 生命 つまり 生き生きと 生き 存在し続ける 純粋 の 生命 エネルギー なんだけどさっ 生命 エネルギー A  という 一部 が 生命 エネルギー A 以外 の B これは 大半 ですけどなあーっ これに対して ただの 一点 の 欲求を かなえる ために こき使い ひっぱり もみくちゃに し続ける とゆーっ 暴挙 を 継続中 ってこと だねーっ

 

 

A は A しか 感じて おらず それ以外 を ただ 道具 奴隷 として 君臨し続ける 支配者 暴君 帝王 女帝 の 形相 で 在り続けるが 為に それ以外 の 関係 感触 を 体感し 損ない 続ける のだーあーったーあーいーっとーさーあーっ

 

 

そこに あり得る 融合性 統合性 全体性 豪快さ ゴージャスさ 等が こっとごっとくうーんーっ  欠如し続けるもおーんーっだっからさあーっとねーっ A は 常時 貧血 栄養失調 欲求不満 状態 なあーのーさーあーいーねーっ

 

 

これを 穴埋めしよーっ とだねえーっ A は 更に ますますっ んどおーんーっ とだねえーっ B に 欲求 を 投げつけ続けましてねえーっ あれーっ 持って来やがれえーいーよーっ これもだあーっ それもだあーっ もちろんだあーっ 1ダース だあーっ 倉庫ごと もって来いーっ とかねえーっ もはやあーっ とどまるところがあーっ なくなってきちゃったあーんーっぐりいーんーっ てな訳さあーいーよーっ

 

 

それも これも あれもよおーっ A が A 以外 の B に 君臨 する 在り方 存在法 存在観 以外 なくなっちゃった から なのだがねえーっ

 

 

それは 愛 という 融け合う あの 楽しき 軽快で 慎み深く 慎重 賢明 なる 全体 エネルギー バランス 感覚 に 焦点を 保ち 回転 し続ける 車輪 の ハブ のよーなーあーっ 統一 に ある 性状 の エネルギー を 体感し それを 栄養 よろこび 楽しさ としてた 存在感 では なくなっちゃってるーうーんーっ だっからさーあーっとーなーあーうーぃーんーっ てことよっ

 

 

A は 愛 を 損ない 続けちゃってるのだっからねえーっとーよーっ


 

A は 愛 を 見損ない 聞き損ない 嗅ぎ損ない 味わい損ない 感じ損ない続けておるーんーぢゃあーったーっとーねーっ

 

 

こーれーでーはーあーよーおーっとーねーっ 何を 得よおーっともーおーいーおいーんーっ どーしよーもーなくなっちゃっていくだけーえーのーこーったーあーいーねーえーってーえーんーだーあーよーなーあーいーんーっ こりゃーあーねえーっ

 

 

全て の エネルギー は 等価 であり ただ の 存在 同士 なのだったねっ

 

 

ってなーっ 原点 に 戻し切らない 限り だねっ 愛 の 体感 起動 発動 回転 100% は 無理 無理っ だからねーっ

 

 

それは 車輪の ハブが ずれちゃった とか ハブだらけ に なっちゃった とか ハブ同士が けんかしている とか 引っ張り合って 邪魔し合って 車輪が どっか 行っちゃって もーっ ハブが 車輪になろーとしてる とか ゴムよこせ ここがパンクだ とか 骨が 曲がった ペンチだ とか ぐちゃぐちゃな もめ合い もみくちゃすぎちゃってきちゃったあーんーっぐりーいーんーっ みたいなあーっ ボロボロ バカバカ ボケボケ エネルギー 倒錯 キチガイ 状態っすなあーっ どいつも こいつも どこも かしこもおーっ

 

 

これはあーっ 一発 一挙にーいーっ だねーっ

 

 

ハブ 一点 に フォーカーアースーンーッ し切り直す しきゃあーっ ないよーっ だろーおーいーんーっ

 

!?!

 

ハブ とは 存在 の 起源 であり そっから 全てが 湧き出す 生命の 泉 だねえーっ

 

 

その 湧き出し口 に 純粋 つまり 単純 に シンプル に 何の てらいも 虚飾も 意味付けも なくし切って 触れる ってこと 直に だよっ 触れる こと に よって 触れ続ける こと に よって 常 に これが 全て の 源泉 なのだ と 確認 自覚 し続けておきましてねっ それを 起点 基軸に 全てを 為す 体験する ってこと を すりゃあーっ 愛 の 性状 から 創造性 を 花開かせ 回転させ 展開し続けることがあーっ できましょーおーいーっとーなーあーうーぃーんーっ てなあーっ 提案 だねえーっ

 

 

例えば 血 という 限定性 の 強い 物質 物体 に 焦点を 合わせちゃうと だねえーっ 血の争い が 起こりますねえーっ

 

 

血を分けた なんぞやあーっ とかってさあーっ 血が 近い とか 遠い とかで 差別 意識化 が おっぱじまり 勃発してきちゃえるんだねーっ

 

 

で これが もめごとの 火種 として 消えそーがないからねーっ

 

 

これは 人間同士 も そーだけど 生命体 の 異なる 種類 同士 でも もめ続ける もとだねっ どの 種類の 生命体が 優位 だとか 石ころ 虫けら の よーに 扱い やがってえーっ とか 物のよーにしか 考えてないんだよーっ とか って事も だあーっ とどのつまりだねーっ 何 かが 何か より 上 か 下 か 大事 か そーでないか で 起こり続ける ことって だけの ことさーっ


 

これは 違い に フォーカスし これを 感じ 続け これが 全て の 思考 感覚 感情 言動 の 第一 の 基礎 起点 基軸 として 選択 採用 使用 体感 され 続けちゃってる からあーっ 起きるのらよーっ

 

 

ってことでねっ 同じ でしょつ 同じ とっから の 出 でしょっ どこそこの 出身 ってかあーっ このおーっ 田舎もんめがあーっ とかって ないないーっ もーおーねーえーっ 全く なかったんでしょーがーあーっ

 

 

って とこを 起点 として 採用 し直さない 限り はよっ

 

 

争い ですよっ こりゃあーっ もーおーねーえーっ

 

 

で これを 感じ続けておく とさっ これなんだからあーっ ってことでさあっ 全て の 前提が これ みんな 同じ エネルギー ただの エネルギー 全く もって 同じ だけよっ に なり切っちゃえるーうーんだーねーっ てこと なのさねえーっ

 

 

これでえーっ 行けそーぢゃねえーっ てかあーっ これっきゃあーっ もーおーっ ないっしょーおーっ 中途半端の 利己主義 つまり どっか 違う どっか 上感 が 残っちゃってる まーんまーっ ではさっ つまり 寂しさ がさあーっ 喪失感 と 化して これが 欲求 暴走 拡大 果てしなき 強奪戦 に 続々ーうーっとーまーあーっ 飛び火 し続けちゃってくのはーさーあーっ もーおーっ 歴然ーっ しょーおーいーだーかーらーねーえーっーとーよーおーいーんーっ


 

まずは 血を分けた なんとか ってこと よりは 同じ 息 つまり 空気 呼吸 風 を 分け合い 常に 交流 交歓 行き交い 続ける 生命活動体 ではないかよーっ て 感じ方 に フォーカス しとけばあーっ より 近く 争い感 違い感 は 激減しましょーぞーっ

 

 

空気が なけりゃあーっ 即死 だねっ

 

 

とりあえず この 共通性は 生命種 を やすやす と 越え クリア し合っちゃえるよなーあーっとーさーあーいーよーっ

 

 

例えば 赤子を 愛しい 宝 自分の生命と 分かち難い 同一体 のよーに 感じちゃってるよーなーあーっ 親子 特に 母子 とかってえーっ どおーしてるのかあーっ てえーだねえーっ 密着してるんだよねえーっ で 呼吸を 感じ合ってるのさねっ ただ 赤子が 寝てても 呼吸してる その 一息 一息 を しっかりと 感じて それだけで 満たされ切って 幸福感が 全身に 漲り 微笑まずには いらんなくなる とかだねえーっ それは 生命共鳴 って やつ だねえーっ 愛 ですねっ 融け合ってる あの エクスタシー 融合性 体感 による エクスタシー なのよねえーっ

 

 

呼吸を 合わせる って 言う 表現 も さねーっ 息 を 感じる 生命 エネルギー の 共通性 等価 を 感じて 融け合う 一体化 する 体感 としての 真の 理解が 生まれ 育まれる そこに 意識を 留め それを 起点 に して エネルギー として の 交流 交歓 触れ合い が 起こせる ってこと なのさねえーっ

 

 

でねっ 別に 人間同士 に 限らず ただ 息を 感じていくと 全てが 一つに 融け合ってる だけだったあーっ てこと から ずれなくなっちゃえるのだねえーっ それは 物理的に 五感に 知覚され得る 何か から 始めて 人間だけ 人間が 最優先 最優位 最前列 ってこと から ずらして行くよーにしても いーよねーっ 例えば トカゲの幼児 とかさあーっ バッタ とかでも いーんだけどさあーっ ただ 観察してる だけでも 胸が 動き続けててだねえーっ 呼吸してる ただの 存在 オラ も アンタ も 同じ く 今 ここにて 呼吸 して 存在 する ただ の 同種 同類 の エネルギギー 活動者 だあーっ てことまでは 降りて行けるんだよねえーっ 易々とさあーっとーねーっ

 

 

赤子を 殺さない のは 自己 と 等価 だ って 体感 が 殺さない までは 十分 に ある ってこと でしょおーんーっ

 

 

殺し合い 傷つけ合い とは 無理解 理解の欠如 理解が十分でない 認識が十分でない ってこと だあーっ て 表現されても ありますけどさねーっ それは 同じ エネルギー として の ただ の 存在 って 体感 が 足りてない ってこと だねっ 頭 とか 言葉 とか 部分 じゃなくて 存在全体 エネルギー 全体 の 共鳴感 が 足りてない から やっちゃえるーっ かもーっ てこと に なってっちゃうーんーだねーっ

 

 

だから 必要なのは 体感 直 の 体感 の それも 継続 なの よっ

 

 

暴風雨 時々 晴れっ

 

 

みたいな ノリ では いかーんーっ てことよっ

 

 

まーっ とは言え 赤子 が 立つ まで 必要な だけ 転ぶ バランス 崩す とか 意識散漫になる 寄り道する ぐずる とか ゆーよーにーだねえーっ 立つ まで 必要な 過程を 体感する ってこと も 含む からねっ

 

 

赤子に すぐ 立たない から 叱る ってこと は せずに 転んでも バランス 崩しても 全てが 楽しく 愛しく 見守り 喜び 見てるだけで 幸せ な 体感 等も 含めて 相互 に 成長 し合い 続けてる ってことも 含めて とか だしねーっ

 

 

息 は 生命 エネルギー の 乗り物 乗り方 の 一つ で ある

 

 

ってのは オラ の 感じ でねつ

 

 

別に 呼吸 息 しなくて 存在 しても いーのだがねーっ

 

 

まーっ 一応 息が 一般大衆的な 世界においては 息 が 生命 エネルギー として 体感してみよっ てことでも 行けるだろーっ てことで そーっ 書いちゃってるだけよーっ

 

 

息 を 体感 する と 息 の 出入口 を 体感し 始め そこには 息は 無い 空気も 無い 表現では 真空 に 近い が 言葉の表現では 不可能な 何かだ とも 言えぬ ただ の 存在 エネルギー だねっ そっから 息 風 一筋 の 流れ が 起き出し それが 無数に 枝分かれし 混ざり 変質 変形し合い 多様化する だけ であり もともと は 同じ 出所 から の 存在 に 過ぎず 全て の 力 は そこが 出所 なのであり それ以外 の 分岐物 分岐点 では ない

 

 

だから オレサマ こそが 親分だ 力を 持ってる と 言う ことは 一瞬たりとて 不可能であり 永遠に 不可能 なのさねっ


 

すべては そこから 出て そこへ 帰る だけ だっ

 

 

それを 存在 の 全て の 共通 の 唯一 の 真実 の 源 と して 体感 し続けて おきさえ すれば 親玉から 分岐し ほんの 束の間 浮いて 湧き上がった 小さな 自己 の 中 から も 外 から も ずれ ぶれ させられることは なくなってしまえるのだあーねーっ これが 真実の自身=自信=自己意識の在処=在り方 であり これには 何か あるから より 自身=自信が 保てる などとゆーっ 錯覚の 湧き出る スキ 甘さ 注意散漫性 エネルギーの余地 つまり 起点から 外れ 浮足立った 余った 余った エネルギーは 起こり 得なく なり切っちゃえるーんーだよねっ


 

で これは 最高の状態 では ただ その 存在観 に 満ちて 在る ってこと で 納得させ 共鳴に 落ち着かせ切る 機能が 保たれる

 

 

臨機応変 テク の 事例 として は 存在観 と 言語的表現 キーワード に よる 刺激 を つけながら の 誘導 追い込み 戦略 とか ですねーっ あとは その 準備 エネルギー 整地 として の 身体 の バランス の 為 の 体操 や その他の 実践 マインド の 誘導法 操作法 扱い方 訓練法 調教法 飼い慣らし方 等など も 取り交ぜて 各個体 の 強烈に つき過ぎた 偏り 特異的 テーマ エネルギー の 癖 ポイント 傾向 等 も 必要に 応じて 取り扱う 等 してえーっ 総合的 全体的 な エネルギー バランス 体感 の 実現化 に 向けちゃうーんーっ てこと だなーあーんーっ


 

息 を ただ 感じる ってこと に 尽きる と 言えば それでも いーのだがなっ

 

 

まーっ その 手前に ついては 過去に 書いといた 感じ なのでねーっ それで よーしーっ てことに しといてさねっ


 

息 を 感じる と 一体化する で 全て は ただ の 同じ 出身地 の 同じ 性質 の 存在 ってこと を 体感 し切っちゃう

 

 

って ことでねっ

 

 

その 途中でもねっ 多様な 気付き 等も 起こり得るものだよなーっ

 

 

例えば 多様な 生命体の息 を 体感する と それぞれの 癖 限界性 とかも 感じてくるんだねっ

 

 

人類 に 限らず 人類 以外 の 生命 エネルギー 体 にも つき過ぎて 取れにくくなった つまり はまり込んで 抜け出し難くなり 疑問視さえせず 無意識に 自動更新的に 繰り返すだけと 化すが故に 強化され続けちゃってる とゆーよーなあーっ エネルギー の 癖 が あるねーっ とかさっ

 

 

で これを 外から 観察して 気付いて ただ そこに 在る と だねえーっ その 生命 エネルギー に エネルギー 限界性 の 打破 の 可能性 を 開示し 共鳴により 誘導する 吸引する こと 等も 可能でありねっ

 

 

まーっ そーんなことをーっ 気付いたり 実験したりしながらだねえーっ 人類に 限らず 全体に より 可能性が 開けるよーに しちゃってってみるとさあーっ いーんじゃねえーっ

 

!?!

 

ってこったーあーんーっ


 

共通して 観察し得るのは 同族 同種 気の合う 等の 存在同士 で エネルギー コミュニケーション し続ける と 同じ 癖 を 強化し 封鎖し合う 傾向が 強まる ってこと だねっ


 

だから 異種交流 ってのも アリ だけど それにも また 癖が 発生し 強化されていく 可能性が 常に あり 最高 最速 いつでも 可能な テ としては 全て から 離れ切り 存在 エネルギー を 体感 する 原点 を 想起する ってこと この 一点 を 常備 する よーに すること だけ なのよねーっ 結局さねっ


 

何 とも つるまず べたつかず 何 にも よりかからず とらわれず いつでも 全て を 手放せる 自律性 の 常備 確保 が 第一 に ある と だねっ

 

 

エネルギー 癒着 つまり たるみ だれ 甘え 依存性 が 起こせない 創造世界 が 開始 されるのだねえーっ

 

 

何も 何にも 依存せず 自律してる ってえーっ 颯爽としてるよねーっ

 

 

そのよーなーあーんーっ

 

!?!

 

全体に 行き渡り 漲り切っちゃたあーっ よーおーなーっ 意識 全体 の 颯爽観ーっ とかねーっ

 

 

体感 させ合っちゃってえーっ みたくなってきちゃってねえーっすーかーあーっとーねーっ

 

 

特に 人間同士が 絶えず 話しかけ合う とか 話さなくても 何かしら エネルギー を ぶつけ合う 要求し それに 応じ合う ってえーっ 習慣 においてだなあーっ この 源 の 存在 等価性 の 体感 を 邪魔 し 損ない合い 続ける 傾向が 幼児性 の 強い 状態 に おいては 多く あり得る ので 注意 すべき 一点 として 挙げられる事よなーあっ

 

 

幼児は みてみてえーっ あたしみてえーっ こっちみてえーっ ねえねえーっ

 

 

ってえーっ 要求し続けるでしょおーっ


 

あれが 続く とゆーよりはあーっ 強化し合うのでありましてねーっ 結局 その為に 生まれた時より 退化し尽くして 死ぬ はめに なっちゃってる-んーっ とゆーのがあーっ 現実ですよなあーっ 残念賞ーっだけどねえーっ これぞっ 現実 ですなっ

 

 

で この 生まれた時より 後退して ダメに なり 劣化して 死んで どーおーすんのーかあーいーっ それって 生まれた 意味 あんのーおーっ ってえーっ 質問をねっ まず 自問自答 したり 相互に してみるのだねえーっ

しかーあーしーいーっ あんまり 口に出して 物理的にすると これまたあーっ 癖の付け合い になり出して 止まらなくなってっちゃうのでさあーっ 沈黙のさなかでやるのがあーっ よしーっ てことにしたほーがーあーっ よさげーっ だねえーっ

 

 

人間同士の エネルギーの ちょっかい出し合い ってのによって 結局 起こり続けたのが 呼吸を 浅く 不規則 不自然にした → エネルギーが 変質した → エネルギー の 具現化 の レベル に それが 反映 された → 姿勢 が 変形し 歪んだ → 体の各部署が エネルギー 全体 バランス から 外れ 全体性 より 個別 孤立性 を 帯び 起動 機能 し出した → 全体 が 常時 自己免疫疾患状態 (自己中の戦闘状態) である ことが 固定化 し 増幅し 出した → 創造世界全体 への 反映 → この悪循環 の 連鎖 による エネルギー 物質 世界 の 創造力 の 使用法 が この質を 起点 基軸に 限定化し 封鎖される よーになって行った


 

とゆー 感じ でしてねーっ

 

 

ってことで 呼吸を 体感する ってこと で 戻せる らろっ


 

ってな シンプル 簡素 な 提案 なんだよーっ 結論 はねーっ

 

 

で 呼吸を 体感する ってことは 全体 に おいて だからねっ

 

 

全体が 呼吸を 体感し得る よーに する ってことを 含む のよーっ もちろんだねっ


 

それは ただ 呼吸法 の 練習 を して セミナー に 参加 して 生活は そのまま 思考 感覚 感情 言動 は その まま ってこと で 分裂 使い分け しない ってこと なのさねーっ

 

 

これが 最初に やった エネルギー A が A 以外の 全体 B に 何 してるのかあーいーんーっ

 

!?!

 

ってなあーっ 想像 から 展開 され得る 全体 と 統合 させてく 仕事 に 繋がって来ちゃえるーっ てこと なーのーさーあーっとーねーいーんーっ

 

 

例えば 私は これが 必要だ と いう 生活を し続ける ことにより それに 必要な エネルギー を 引っ張り続ける ことにより その 存在たちの 呼吸を 不自然に させ続ける ってこと でありましてねっ それは やっぱり エネルギー 全体 に 対して 全て は 等価 な エネルギー ではない と させ 続ける こと でしか ないんだよーっ

 

つーことですねーっ

 

 

例えば 銀行に金を預ける って かなり 大多数の 人類の 共通 思考 感覚 感情 言動 に 採用され切ってる けどさねーっ

 

 

でっ その 一方で その 仕組み役が 悪の支配者だ とか 言ってるねっ

 

 

ではよっ

 

 

この 銀行に金を預ける いつでも 好きな時に 歩いて数歩の コンビニとかで 引き出し 欲求通りの物を手に入れ続けることが 出来ちゃう とゆーよーなあーっ 生活 世界全体 の イメージ の 支持 保持 実行者 の 集合意識 がねっ これを 資本 エネルギー 源 とした 世界全体 の 隅々 細部に至るまで その エネルギー の 性状 から 出て 枝分かれし 変化し続けて 出来てきた 構造 機能 顛末 結果 結実 の 全て の 本源者 震源地 である 以外 の 何 でも なしだよーっ

 

 

ってえーっ 思考は 滅多に しない たぶん ほぼ 全く してないんだよさっ

 

 

例えば 銀行員 一人の 呼吸が 完全に 自由化され 存在の 源と 一体化する よーに するにはっ

 

!?!

 

って 思考したらねっ

 

 

まず 銀行員に 働いてもらわなくても いー 生活できちゃう 存在できちゃう エンジョイできちゃう ハッピーな 最高な オレ って もの の 全体 を 想像 創造し直す 必要が あるのよっ これ 絶対 先行 必須 なのよーっ

 

 

で これも なしに 自由が欲しい 平和が欲しい 平等が欲しい とか わめき散らすだけでおってはだねえーっ 赤子の わがまま でしかあーっ なしーんーっ なーあーんーだーよーなーあーっ 香港のデモ も 同じ ですよーおーんーっ あの レベル では 無理っす からねーっ もっと 自己が 変わらないとねーっ

 

 

だったら 政治 とか 国家 とか 何か に 依存しない 自己 存在観 の 全体 を 想起 し始めてみる そして それを 実行し始める ってこと なしに 変化は あり得んっ てこと だけだねーっ

 

 

片手 片手間に 原因の 存在観 である エネルギー の 性状 と その 物質化 現実性 を 保持 しながらねーっ その 結果 の 一部 を 無くせ 退散せよ 辞退せよーおーんーっ つーったーあーってーだーよーねーえーっ そりゃあーっ てめえーがーさあーっ 辞退してねえーんだーあーったーらーさーあーっ 辞退できねえーっつーうーのーよーっ てこと なだけですねーっ

 

 

例えば 日常生活に ある 全て を 可能 とする 全て の 為 に 張り付け に され続けてる エネルギー 存在 は ひきつった 窒息した 呼吸 息 だ と 観じ直す ならよーっ それを 淀み つっかえ 滞りの 一切無い 滑らかで 自然な 呼吸 エネルギー の 流れ あり様 性状 に かえしてやろーっ てこと だよねえーっ そーゆーっ 想像を してみてーえーっ ひっぱってる エネルギー を 手放す ってこと なーあーんーだーよーねーえーっ

 

 

それは 私は あなたの 呼吸 を あなたに お返しします どうぞ ゆっくりと 深く 何の 心配事も なくして 呼吸して ください すみませんでしたあーっ と し切った 欲求に よる 存在 エネルギーの 突き付け合い 背負わせ合い 引っ張り合い 手放し切った 私に 変化させ切っちゃってみるーうーんーだよねーっ てことーおーなのだったーあーっとーさーあーいーよーっ

 

 

私 が 存在 し 幸せ 健全 で ある こと の ため に 何 を ひっぱり 要求に 応じさせる 必要が ありましょーかあーいーねーっ

 

!?!

 

あれっ

 

!?!

 

もしかしてえーっ ひょっとしてえーっ あれあれえーいーよーっ

 

!?!

 

やっぱりーぃーんーっ

 

!?!

 

まったくーうーぃーんーっ

 

 

いーっさーあーいーかーあーねーっ

 

!?!

 

なかったーあーいーねーっ

 

!?!

 

あーっ

 

 

そーかーあーっ


 

やっぱしだねえーっ

 

 

そーおーだーあーったーあーってーさーあーいーっとーねーっ

 

 

ハイハイっ

 

 

ってことでねーっ

 

 

呼吸を 深く 自然に させ合う ことに しましょおーかねーっ

 

 

今 よりーいーっ

 

 

はいーっ

 

 

スターアーットーオーィーッ

 

 

マルウッ

 

 

 

ぢゃねーっ


 

 

 

 

 

1点

 

 

 

 

ヨーガ は 結合

 

 

呼吸 を 深める 瞑想 する など と 称して ただ それだけを やる 自分 だけ は 呼吸 を 深め 瞑想 を する 真っ先に 誰よりも それを 真理を 体感しよーっ

 

 

とゆーのもだねえーっ ヨーガ のよーであり 最も ヨーガ でない ってこと に なってっちゃうからねえーっ 要注意 だねーっ

 

 

私 はあーいーっ このよーおーなーあーっ たった 今 もおーっ メリメリ とおーっ メラツカセキッチャッテーエーッ オールーゥーンーッ コレラノーオーィーッ 思考 感覚 感情 言動 を 保つことに よっちゃってえーんーっ どの 存在 の 呼吸 生命 エネルギー を どのよーに どんだけえーっ ひきつらせておるのかあーいーっ たーあーったーのーおーっ 今さーあーっ この 瞬間 に だーあーなーあーいーよーおーっとーさーあーんーっ

 

!?!

 

例えば 将来への 心配 不安 の 枝葉末節 である 蓄え 備え って ものを だねえーっ ただの 物質 から エネルギー まで として 想像 し 直す とかだねえーっ

 

っするっとーだねえーっ それは B に 背負わせる 荷物 重量 ってこと に なっちゃってるんだよねえーっ

 

 

つまり オレ が あんた に ちょっと これ 持っててよっ

 

 

って ズカズカ ドンドン 持たせっぱなしーっ の とおーんでもなーあーいーんーっ 状況 だったあーっ てことだけのことっすーうーっ からねーっ

 

 

これは エネルギー としたら その 性状 の エネルギー を 創造 して 銅像 みたいに しっかり 固定化して ガーン とかあーっ ドーン とかあーっ 置きまくっちゃってるうーっ てこと だねえーっ

 

 

だからねえーっ この 銅像に よってえーっ エネルギー の 通りがねえーっ 封鎖 される とか 変質 される とか だねえーっ こーゆーことを 時々刻々 継続中っ てこと な だけっ あっはーあーいーんーっ なーあーんーってーえーっ こーったーあーいーっ てこってすよーおーっ ほーらーあなーあーっ もーおーっ うーんーざーりーいーっ してくるーっしょーおーいーねーえーっ だからなあーっ 言わんこっちゃーあーなーあーっしーいーねーっ

 

 

これはだなあーっ 道路に 物を 散らかしたり カラーコーン とかでもなあーっ 通行止めしたり しまくったりだねえーっ もーおーっ そこで 欲求が 勃発したら 即座に 座り込み 飲み食いし出す とか 口論し出す とか 遊び 騒ぎ出す とかですねーっ 寝っ転がる とかでもねーっ そーゆー ごちゃごちゃ 状態 なんすねえーっ この 幼児 気まぐれ的 エネルギー 文様 の ざまを見ろおーいーっ てことだすうーんーっ まーあーっ だめだよねえーっ こりゃあーっ そおーっそーおーんーっ

 

 

だめなんだよなあーっ

 

 

これぢゃあ このまんまぢゃあ だめなんだよなあーっ だめもだめえーっ だめすぎだよなあーっ あーそっかーあーっ こりゃあーっ そおーっとーおーっ だめえーっつーうーことだったのかあーっ あっはーあーんーっ やーあーっとーおーっ わかってきちゃったあーのーかーもーしれーねーえーっぞーおーいーーっ オラーアーィーンーッ

 

!?!

 

ってことに まずは なりませぬうちはねえっ

 

!?!

 

だったからねえーっ


 

心配 備蓄 備え 等 とゆーっ 表現では 現実には 何を どーしちゃってるのか わからないのでありましてねっ それを どーしっちゃってるのか わかるよーにしたら どーするべきかが わかりはじめるのであり それによって そーするよーに 動かし合いはじめることが 可能となりましょーおーいーんーっ てことだよねーっ

 

 

心配 備蓄 備え とはあーっつ 『美辞麗句』『自己正当化』と書いた 袋いっぱいの 砂袋を あんたに 背負わせ続けてるだけ の オラ の 見当違い なる 王者 気取り 気まま過ぎとるうーんーっ 奴隷 こき使いまくり 知らん振り の 現実 以外 では なーあーっーしーいーんーtっ てえーっ しーんーっ と し合い切れるよーにーいーっ しましょーっかーあーいーねーっ まーっ もーおーっ そろそろもーだーよーなーあーうーぃーんーっ

 

 

心配 備蓄 備え とは オラ の 安心 の 為に 世界全体 存在 エネルギー 全体 を 安心させない 行為 であり 続ける だけだぞーおーっ オラ 一人の 安心の 為に 全体を 安心させないで 在り続ける 必要が あるってえーっ おかしすぎましたあーっとーさーあーいーねーっ

 

 

この バカさ加減 に 気付こーっ まずは だべえーっとよーおーいーかーねーっ

 

!?!

 

お母さんなの 私なの どっちか 決めて 今すぐによっ てかあーっ もっと 大きな テーマ ですがねっ オラ 一人 の 安心 だけを 実現する のか 全体 の 安心 を 実現するのか どっちを 取るの よおーっ どっちのが スケールの でかい あんたが もっと 大々的に 安心できそーでもあり また 自分だけ ではなく 一緒に 安心なのだ と 笑い 分かち 共鳴し合える 安心 の 実現 でありましょーかーあーいーっとーさーあーねーっ てなこーったーあーいーよーおーいーんーっ

 

 

その 安心 ってーえーっ あんたがあーっ 言ってる 安心 とやらではあーっ 安心 できなさそーおーっ ぢゃねえっ

 

!?!

 

どおーですかあーいーっ

 

!?!

 

それでも まだあーっ あんったあーっ それおっ 安心 って 呼び続けられるのおーっ まずもってしてえっ どおよおっ


!?!

 

っねーえーっ

 

 

そーだーしょーおーいーっとーさーあーいーよーっ


 

えーっ とー まーあーっ

 

 

そこでえーっ だねえーっ

 

 

このーよーおーんーっ

 

!?!

 

どだい無理な話 でしかない あんたの 心配 備蓄 備え ってえーっ イカサマアーッ ですよなあーっ これえーっ 減らしたり 無くしたり しちゃったらあーっ どおーでしょーかーあーいーなっ ほーおーいーっとーさつ

 

!?!

 

つまりさねーっ

 

 

心配 備蓄 備え を 減らす 無くす とはねっ オラ が あんた に 砂袋 を 持たせない よーに して あんた を 身軽に 本来の 軽さ に 解放 し切って やり 存在 エネルギー の 実体 を 体感 し切らせて 歓喜 に 満たし合い 真実の 喜び 楽しさ に うなずき 微笑み 砂袋を 持たずに 済むよーに なり切っちゃった 両手 全体で バンザーアーイーンーッ て しちゃえるよーに なり切っちゃえることだーあーいーよーっ

 

 

ホーラ-アーンーッ


 

ハト が カラス が 人間 の オラ に ねーっ ねーっ ちょっとーおーっ あんたさあーっ この 砂袋 持っててくれなあーいーっ

 

!?!

 

って つっついて来たことおーっ ありますかあーいーねーっ

 

!?!

 

ないだろーおーっ

 

 

そーやろーよーおーっ そーし合おーっぜーえーいーっ もーおーなーあーっ お互いにさあーっ

 

 

呼吸を 奪い合わない 阻害し合わない よーに するにはあーっ

 

!?!

 

そんだけを 基準に 観じ直してえーっ 変えよっ あれも これも それも さあっ

 

 

ゴミは 特殊ゴミを 除いてえーんーっ 

 

!?!

 

どんなに 大量に 出しても 料金は 増えなあーいーっ

 

 

しかーあーしーっ それを 運び 処理する 人間は それだけ 生命 エネルギー 呼吸 を 奪い取られ 消耗させ続けらているのだったあーっ とかねえーっ それ以外にも 水 空気 土 全て に 対して 迷惑を かける エネルギー を 歪ませる 消耗させ続ける とゆーっ 行為 なのであるうーんーっ このおーっ 責任はあーっ 結局 この 放出者 自身 なのだがねえーっ それは それを 負わないっ


 

これでは 実感が わきっこない わいたとて 十分では ないんだよっ

 

 

私が 今 今日一日 またしても どれだけの 呼吸を 奪い 歪ませ たのかあーっ


!?!

 

と かえりみてえーっ かえりみてえーっ それを 変えよーとしたらねえーっ それは 愛への 接近を 意味するのさねーっ


 

それは 金には なりませーんーっ むしろ 失うことかもしれなあーいーっ そんなことを 考え 実行するよりはあーっ その エネルギーを 金に かえることに 使えるかもしれなーあーいーっ でもさあーっ そのおーっ ためによーおーっ オラが 愛から 遠のき続けたらさあーっ エネルギー の 愛 の 質 量 はあーっ 全体 に おいて 激減 するのだからねえーっ これはあーっ 全体にとっても オラとしてのおーっ ちっぽけとは言えなあーっ この 存在にとってもさあーっ 大損失ーっ ちゅーもんではあるめーえーにかーあーよーおーっとーなーあーうーんーっ

 

!?!

 

ってなあーっ ことおだねえーっ やりましょーおーっ やりましょーおーっ やったほーがーあーっ よかねえーっすかーあーいーっ もーおーだーねーえーっ

 

 

ってこってすうーんーっ

 

 

心配 不安 備蓄 備え と して オラ の 所有物 を 減らす とゆー 意味付け を 変換して 体感 し直し 始めましょおーいーねーっ

 

 

全存在 に 背負わせる ムイミ ムヤミ ヤミクモ ムチャクチャ なるうーんーっ だけのよおーっ 砂袋 をねーっ もーおーっ 何にも 背負わせなあーいーっ オラで いよおーっ 今から さっ さあーっ とねーっ てことよっ

 

 

ホラッ

 

 

軽く なった じゃーんーっ

 

 

第一に オラ 自体 の エネルギー 全体 が さねっ

 

 

そりゃあーっ そおーっ

 

 

だって オラは 全体の一部 であり 一部に 全体は 繋がってるんだからさあーっ

 

 

それは 腹が 重くなったら 全体が 重く 動きも 重く 気分も 重く 頭も重く 全てが 重く にぶく なる ってことに 同じっすからねーっ

 

 

オラ が 軽く なる 毎 に 全体 は 軽く なる 同時 によーっ

 

 

オラ が バランス 回復 すると 全体 も バランス 回復 する

 

 

これが 相乗効果 の 相乗効果 の 相乗効果 の エンドレス 相乗効果 なのでありましてねえーっ 結構 なあーっ スピード ダイナミズム でもさよなあーっ 展開 し出しちゃったらねえーっ やっちゃってくれちゃっていくものだっからさあーっとねーえーっ

 

 

ちぇーえーんーっ オラ 一人 ぽっちーいーんーっ ちょっとやあーっ そっとーおーっ やったーだけではよーおーっ とかねえーっ ナシ でいーよーおーっ もーおーねーっ

 

 

感じる と それは 実感として 感性が 鋭敏に なり出す からさあーっ 分離した 自己 って 存在観 から なる 世界全体観 を 感じる と それが 全体 は どこも かしこも どいつも こいつも そやつも あやつも オラも すっとこどっこいも あんにゃろめえーもだよなあーっ 等価 の 存在 な だけ でしたあーっ しょっせーえーんーっ って 現実中の 一大現実 これを 打ち負かせるものは 何事も なし-ぃーっ 永久保存 バージョン に しちゃっていーのだぞーおーんーっ てなあーっ 存在 ゾーン に 感じ を 近づけ ましてねえーっ そっちが 鋭敏に なり出すとねえーっ それが オラ と 全体 の 本体 であり 本性 だったよーっ わーっはーっはーあーいーよーっ って なり切り 出せるだろーっすーうーっかーあーらーねーえーっとーさーあーんーっ てなこったーあーいーねーっ

 

 

私は 服ではない 体だ と 感じてる から 服を 踏み付けたって 服が 燃やされたって 私は 死んだ 傷ついた ダメになった 廃墟だ 廃人だ 替えが きかないもの だったのにさっ 等と わめかない 大騒ぎしない 笑える 心底なあっ てこと と 同じく 私は 体ではない 無形の エネルギー 存在だ とゆーっ 感じが 優先して ある限り 私は 体を 羽織っている 存在だ と なり切れちゃうのだあーいーねーっ そっちに 近づけよーっ てこと な だけさよっ

 

 

息の 出所へ 近づけよっ

 

 

息の 出所から 息でも 無い 存在 が ただ ある それを 感じ切って しまう のだっ


 

それは がぜん 圧倒的な 真実の ただの 何の 条件も ない 永久の ただ 在る 存在 エネルギー の 体感 それとの 一体感 なのだ から それに おいて 恐怖 は 完全に 破壊される であろう

 

 

体 に 体感 を 合わせた だけ だと 恐怖が 在り続ける のは その為であるよー

 

 

それは オレ では ない のに オレ だと 感じ切っており その 為に オレを 感じる エネルギー を そこに 注いぢゃってる から それが 消えたら オレは どこに 行けばいーのだ どお在ればいーのだ と 落ち着きが無くなる それは 所在の無さ である それは オレ が オレ で ある 所に 感じ切ってない から こそ 起こる 感じ である だけ なので それは オレが 何か を 感じ切る と 消える のだっ

 

 

人間は 心細くなり過ぎた 種族かも しれぬ

 

 

他の 種族は まだ 一匹 一存在 だけで 全体 自然全体 生命 エネルギー 存在 全体 の 中 に あっても 堂々としており 落ち着いている 本源 と 繋がっている 安心感 が そこに あるのだよっ 自分は そこから 来て そこに 帰って行く だけだ と 直観している 無意識に だがねっ そこが 強く ある だから 人間 ほど 寂しがらない それに 触れたくて 人間は ペット 等を 常備したがっているだろう 間接的に それを 体感させて もらい続けると まだ 少しは マシな 感じになれて 落ち着く 安心感が 増すからだろうかねえーっ

 

 

それを 直に 感じ続けておれば 全てに しがみつく ことは 無くなるだろう

 

 

執着 エネルギー は 不安 の 副産物 なので 自己 を 真実 に 体感 し続けてある 状態だと 起こらない

 

 

体 は 上着 と 同じ であり 別に 着なくても 良い ただ 存在してる だけ でも 良い と 言い切れちゃうのだよっ

 

 

っとゆうーっ 体感 呼吸 を 感じ合わせるよーに することに よって 全体は 愛の エネルギーに よる 創造を 再開する ことが できるのだからねっ

 

 

愛 の エネルギー 発芽 発展 進展 の 邪魔 を しないよーに するにはあーっ

 

!?!

 

真実の 豊かさを 感じる のに 必要なもの は 真実の 存在観 との 一体感 を 体感する こと これだけっすよーおーいーんっ

 

 

どうぞ どうぞ あるがまんま の 存在 エネルギー を 十分 に 体感し合い切って ありましょーねーえーっ とさあーっ 時々刻々 配慮し切り合ったならあーねーっ どーおーっすーかーあーねーえーっとーなーあーうーぃーんーっ

 

!?!

 

ぽーおーぃーんーっ

 

 

 

世界全体 存在全体 が 呼吸を 静かに 深く 自然に し続けられるよーに するためにはあーっ

 

!?!

 

それを 阻害してる エネルギー の 相互使用法 を 止め 減らし合う よーに 仕向ける 全て が 必要 であり これを 呼吸 として つまり エネルギー の ありさま 性状 その 流れ 活動 機能性 と 捕えて これに 触れ続けて行く ってこと がねーっ 真の 唯一の 呼吸法 と 言い換えられる 必要が ありそーだよなーっ

 

 

では 呼吸法 やりましょーっ

 

 

って 分けてる 場合 でも なしっ

 

 

ってこと だねっ

 

 

すべてが 呼吸

 

 

とする ことであり 全ての 瞬間に この 呼吸 = エネルギー の 性状 で いーのか 相互に こーやった まんまでえーっ 今 できる こと すぐ 変えられる ことは 変えちゃおっ

 

 

って やるのだあーっ

 

 

これぞっ 絶え間なき ヨーガ 実践者 ヨーガ の 修行 であろーぞーおーいーねーっ

 

 

はいっ

 

 

ではあっ


 

どーおーぞっ

 

 

まるだねっ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

heart-o

 

 

http://hearto.webcrow.jp/

 

 

blog 

 

http://heart-o-one.blogspot.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


44
最終更新日 : 2019-08-20 11:21:25

Whole energy balance in the now moment ! / エネルギー全体バランス復元なのだよおーんっ !

Whole energy balance in the now moment  ! / エネルギー全体バランス復元なのだよおーんっ !

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Whole energy balance in the now moment  

 

!

 

a message 

 

through

 

circle of light

 

!

 

http://mad.ly/signups/93653/join

 

aug-24-2019

 

http://www.circleoflight.net/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jeshua: The Return of the Feminine Christ

 

What is the feminine Christ? I pose this question because this is what is rising now in humanity. This is what Mary Magdalene’s re-emergence now brings. It signifies an awakening of the balance, because the feminine Christ has been missing.

 

I use the word “Christ” very deliberately for it is a message unto itself. It holds in the hearts of many human beings a powerful vibration and the concept of what it means to be God on Earth, the Creator fully embodied in human expression. Until now this focus has been centered on me. But without the feminine, the Circle of Divinity is not complete, and the essence of Love and power is not blended as it must be.

 

It is the time in humanity for the understanding that when the Creator came to dwell amongst humans, the living miracle, the great mystery came balanced in both the masculine and the feminine, expressed in symbols of human beings. Thus, did Mary Magdalene come with me to embody fully the heart of God as the feminine, just as I came to be the living expression of the masculine. Without each other our message is incomplete.

 

We are like a candle flame that can only burn when we are together. The candle itself is the endless life of the Creator within us that fuels our expression outward into the world. In every moment in the realms of life and Light we are giving as one whole life in God, fully expressed, one whole life as God burning the Light of freedom. It is one movement of life that is the Divine as it reaches out and makes more of that which it is, and names it perfect.

 

In the story of my and Mary’s life, we come to the place where she unfolds, where she steps into the truth of her divine nature and becomes for me my full and glorious partner, that together we might be the strength and tenderness that nurtures the Creator’s Love as every heart and see the eternal seed of divinity in each one.

 

I had the honor of watching my Beloved as she became the joy of Goddess unfolding, as she recognized herself as divine Love embodied in a form of living Light and endless given Love. To watch her was to fully grasp God power, as not only the flash and arc of lightning, not only that which shines so bright it must be noticed, but also as the power of Love’s support to bring to every life its richest and its fullness. The Divine Feminine holds life in the cradle of her tenderness as the living all of Love. It honors every life and breathes the breath of the inclusiveness of her joy in every moment, in every spark of life upheld perfectly and eternally in her heart as the Great Mother. She recognizes each one as perfect and loves us all without conditions, with a fierce tenderness that nothing can brook. It is a Love that stands guard for every heart and calls it perfect.

 

It is important to bring this awareness of the Feminine Christ to humankind because for so long the pathways to the spirit have been conditional, born from the human perception of the Christ Light and wrapped up in the energy of the reversed masculine. This view of the Christ has been filled with judgment – with ideas of sin, with thousands of conditions and rituals around the world in every form of religion. Even in the pathways of spirituality that believe themselves complete, the lack of balance and openness to the living whole – the masculine and the feminine -- is apparent when the heart remembers and the great flame of Light and the circle of Love are once more held in every consciousness and every heart.

 

So it is the feminine Love that encircles everything. It is that ocean of Love that is complete within itself, that simply waits beyond all concepts of time and movement and never wavers, never shifts. It is always here, ready for all of us to be immersed in a Love so grand and so unwavering that we are restored.

 I Am the way-shower who holds the Light, who walks forth into the world and lights the way. I am the outward expression of that great explosion of life. I am the masculine Christ and I am simply the representation of what lives within every person, each Twin Flame heart, and must be balanced by the feminine as I am with my Mary.

 

But it is even more than this. In the Real we do not distinguish Him from Her, but simply exist as the Creator’s dance of life energy that together expresses the whole of divine movement and life. Mary, on the other hand, as the Feminine Christ, nurtures in silence, loves with such a Love that the world is changed through her softly in a way that seems invisible but shakes life in the world to its very core. On the threshold of the total grace of Love’s purity that will not be dissuaded, this Love is that which never wavers, never stops, won’t be denied, and embraces all in perfection.

 

The feminine power is majestic in its commitment to being the never- ending circle of the Mother’s arms. While I am made whole and perfect in her and she in me, in the world we express something needed in the symbols of the world and of human life being reborn, reborn into the remembrance of what already exists – that pure life that is all things, that through the perception of human minds and consciousness must be named and so it shall.

 

The living Christ, the heart of God, is balanced as both masculine and feminine together as one, one great Light, the living candle flame ever fed by the Creator’s fuel. It is the atomic energy of life expression in the eternal moment, the moment when Creation knows itself, when the All of Love gains full consciousness and understands it is both the encircling Love, the silence, and the power of explosive Light. It is the movement that together brings life into full expression, the endless joy of the true awareness encompassed by the words I Am.

 

The Moment of Creation is the birth of I Am, the I Am that is the hologram of conscious life. The Moment of Creation is the birth of the whole as two forces of Light, the masculine and the feminine, for one cannot exist without the other and have consciousness, reproduction, increase, ecstasy in which the mystery dwells perfectly balanced.

 

Because human consciousness works symbolically, the symbol that Mary, the Magdalene, brings of the Feminine Christ is like a star rising for humanity’s conscious awakening into balance, into true power. This must encompass both the inclusive embrace as well as the action; the silence, as well as the voice. Without the silence, the voice has no meaning. Without the feminine, the masculine has no foundation and is like a fuse that won’t stay lit, no matter how hard it tries.

 

So for a man who is open to the spiritual life, to seek to become the fullness of Light and life is to go forth attempting to light oneself as a flame without the candle to nourish it. It is the balance of the masculine and the feminine Christ that gives humanity the true vision of who they are, of what they are, as the Creator’s Love and life woven together into an expression of life that is true beauty “en-conscious-ed.”

 

In this time of the unveiling of the Feminine Christ, the heart of the Creator exampled in Mary, we bring back to humanity the tenderness of the great I AM that knows life is beautiful as each person, and feeds the soul, supports the life and gives nourishment to a power internal that accords Creation, accords the source and the Love, well.

 

The Feminine Christ loves completely, loves passionately and fiercely but with gentleness and unwavering devotion and holds the Light within it that supports the great explosion of Divine Masculine. It gives a foundation in the ocean of life, that eternal embrace that soothes the being and gives it vision of the unlimited nature of Love, as endless and personal, as tender and powerful. It is a Love that can be trusted and relied upon, a Love that never wavers and that lifts each person up into the Real and accords each being its beauty.

 

So I present the flame that is true Light, the white Light and the gold, the masculine and feminine. We also express that in the realms of God, in the endless fullness of the eternal mystery, there is only the awareness of what is whole, of what is perfect, of what is moving in perfect accord in gentle harmony, in ecstatic expression in the atomic orgasm of Love, in every expression of life, in the whole of endless Love that is our Creator.

 

In that mystery is the experience of everything -- the All That Is that lies within us and the in-breath and the out-breath. It is Love dissolving into the whole and then emerging as that glorious whole that knows its dance, and it is glorious and ecstatic. Because there is no time, the in-breath and out-breath are simultaneous and thus, consciousness is circular, an all-inclusive awareness of the living whole, of the Creator living, speaking, loving, celebrating as us in eternal movement that is all things at once.

 

You can re-iterate that words cannot encompass this but speak the promise that the heart can accord it all, and that the great passionate flame of God’s ecstatic expression, the heart, two flames in one candle, is known to all and every heart is ready to embrace it.

 

This resonance speaks of the heart’s reality and opens up a glorious elevation that raises the heart in a purity of expression and a perfect moment of waiting for the living Word to be expressed through us. So while even the concept of masculine and feminine as related to life on Earth are very limited, they yet have their place in leading you to the intuition of what is beyond words, leading you where only the heart dwells and bringing that resonance in its fullness into your being, into your heart as an expression of the living hologram moving outward as a Twin Flame Light in service in the world.

 

None of this comes from outside of oneself but rather is the fountain of the Creator’s Love pouring forth from within, and becoming the nourishment for all human beings in the world. “I Am” becomes a statement of this great resonance of the one life of the endless Creator. When you say “I Am,” the masculine and feminine come together and ignite, and become the expression of the Creator’s passionate delight in communion with All That Is within Him/Her.

 

Deep within your heart, Love remembers. That which we gave to the world was this perfect vision, Mary and I together. We spoke continually of the holographic life of the Divine Masculine and the Divine Feminine in balance. Mary stood clothed in living flames of gold. Each person who saw her was left breathless. Each heart that came in contact accorded both of us as the words come forth as well among humanity. Every heart sang with this resonance that is the song of life.

 

Hearts cracked open everywhere we went. Lives changed as the Goddess Love repaired what had been rent by the world’s illusion. Yet, the human ego quickly rushed in with its own agenda of false power, of power over one another, rather than power that moves from within, equally. Thus, that tender Love that is the Feminine Christ and brings to every being their perfection had to be squelched, had to be made wrong, because a person who knows their true worth cannot be manipulated. No one can have power over such a one.

 

So that part of life that brings that flame of truth into heart, soul, mind and awareness – that wraps each life in a mother’s Love, fierce and tender – had to be nipped in the bud for the ego’s agenda. But the time is here when she returns and calls the world back to wholeness that the circle of life may once again be whole.

 

Therefore, my beloved re-emerges into human consciousness as Light, God, Goddess, the Divine Feminine in all her beauty and instantly each heart will know that this is what they have been missing. They will open to the nectar of the Goddess, the power of the divine as Mother and thus, the ego’s world will be dismantled. This shining truth will restore to each person their true worth and the ego structures will have to fall that accorded them less – that named any person less than another or less than perfect.

 

I Am the living truth of Love raising the candle that shall for a while blaze forth with Mary’s image until she has accomplished the healing of every heart which then can return to the Real balance that is the whole – the masculine and feminine as unbroken Love, merged together in an eternal dance, glorious, joyful and perfectly expressed on Earth as it is in the Real of Love.

  

 

(c) Circle of Light Spiritual Center

Eureka Springs, AR 72631

 

  

 

 

 

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エネルギー全体バランス復元なのだよおーんっ

 

 

メッセージ

 

サークルオブライト

 

経由

 

 

http://mad.ly/signups/93653/join

 

201925

 

http://www.circleoflight.net/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上記 リンク 内容 一部 超訳 + α

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神性意識は 全てに おいて バランス する 〇 の よーっさーあーっとーねっ

 

 

女性性 の 復帰 は 男性性 と 完璧 バランス して 中性化 中立化 して 一つ の 統合された 〇 的 な 純粋 エネルギー の 球体 一滴 一粒 の 種 原子 元素 に なれるよーっ

 

 

これは バランス してるのよーっ


 

だから 何かを 求める って 落ち着かない ふらついて 安定しない 欠損感 欠乏感 飢餓感 焦燥感 は なし だねーっ

 

 

これが バランス する とはねーっ

 

 

存在 の 内面 から 中心点 から だねーっ

 

 

男性 女性 で ある とは 反対 の エネルギー の 性質 を 否定 したり 影 に したり してる よーな もの だったのさーあーいーよーっ


 

で 男性 女性 で ある 為に 外に 自己 内面 で 否定 し 影 に した 片割れ 半分 反対側 半分に 割れた 自己 を くっつけて 一つ感 安定感 自己だよね やっぱり これさ感 などを 感じ続けて おかねば感 が あり 続け ちゃった の だったーあーっとーねーっ

 

 

ほいさーあーいーよーっ

 

 

男性 は 女性 の 性質 を 自己中 に 感じる こと を 拒絶し 否定して きたのよーっ

 

 

女性 は 男性 の 性質 を 自己中 に 感じる こと を 拒絶し 否定して きたのねーっ

 

 

だから そこが 弱かったり しちゃってても あったよなーあーつ


 

例えば 男性 は 女性 に してもらわねばあーっ 家事系 は できそこなーいあーいーっんーっ とかだったりねーっ

 

 

だからねーっ

 

 

あんまり 家事が できそこない すぎちゃってる まんま 年月 が 経つ と さねーっ

 

!?!

 

もーおーっ 家事系は すっかり 誰かに やってもらわねばーあーっ どーしよーもなーいーっ そーでなりゃーっ 一日も 精神が 安定化さえ できっこーなーあーっしーいーんーっ なーあーっ 不安定 な 君 でしきゃーあーっ なくなっちゃったり しちゃってたりねーっ

 

 

女性も 同じく 男性に やってもらいっぱなし だった 事を せねばあーっ てなことに 突然 なっちゃったりしたらだねえーっ もーおーっ パ二クル 絶望する 落ち込む 気弱になる プレッシャーを感じる 等が 起こってきたりしちゃっててねーっ

 

 

で これを やれるよーに うまくなくても いーんだよーっ 不器用でも 慣れ 馴染み が あるよーに しておきゃー いーんーだーねーっ

 

 

例えば いきなり 死別 とか 別れた とか 状況 急変 とか しちゃうと さあーっとねーっ

 

!?!

 

いきなり すぎちゃって 何も できなくなっちゃって あわてて 焦ってえーっ 変な 女 や 男 に しがみついてえーっ 一緒に なっちゃったり 頼っちゃったり 騙されちゃったり うっかりして 全く 共鳴も しない タイプ を 引き連れちゃったり してえーっ あーっ まちがえたーあーいーんーっ

 

!?!

 

ってなーあーっ こととかにもだねえーっ なっちゃったりさあーっ まあはあーっつ 嫌なのにだねえーっ 無理して 付き合い 合わせたりしてえーっ その 代わりに 自己 では 出来ない 何かを やってもらおーと したり してもらう ってゆーことでなくてもー 男性 女性 の 何かしらの キャラクター なり 情緒 なり エネルギー 感触 を 得たいが 為に だけでよなあーっ 無理 しまくり 続けて 一生涯 まで 終わりに ふいに し切っちゃったり したりもしてよーっ

 

 

こーゆー 歯がゆさ 虚しさ 口惜しさ 等を し続けない ために こそ だよなーいーんーっ

 

!?!

 

バランス した 自己像 自己観 を ある程度 成立 させて おく ほーが よかろー だねーっ 何より 惨めさ を 感じない よーに だねーっ つまり 爽快 であり 続ける ため に さーあーっとーねーっ

 

 

例えば 男性 なら 料理 洗濯 掃除 裁縫 等 が 上手 不器用 ってこと より は それに 慣れてる 別に 苦ではないよーっ に ときゃーあーっ いーんだーよーさーあーいーねーっ

 

 

効率よく やれなく とも 時間 が かかっても それを 楽しめちゃえば オッケー だよねーっ

 

 

慣れ とは うまく やれるか では なく できる は 苦 なく し続けられる ってこと だけ なの だ から さねっ

 

 

それは 女性 も 同じく ねっ


 

例えば 大工仕事 力仕事 その他 にも 男性 の やる こと でしょっ それはあーっ もーおーっ ぜーえーったーあーいーんーっ て 言い切っちゃえるーうーんーっ ことを ですよねーっ とりあえず やれちゃう やってみちゃえるーうーんーっ てこと だけ なの さねーっ 絶対 嫌だ では なくって 子供 の いたずらあーんーっ

 

!?!

 

のよーで あろーとーおーんーっ だよねえーっ まーあーっ いっかーあーいーんーっ

 

!?!

 

ってーっ 笑っちゃえる 非完璧性 ってのが だねえーっ これこそ だよなあーっ 必需品 的 意識 エネルギー 状態 ってなあーっ ことよだなーっ

 

 

んっ

 

!?!

 

っだしょーおーいーんーっ

 

 

こーする ことに よって だねえーっ 全体 キャラ 表情 までも が 全体的に 男性 には 女性的な ものが 女性 には 男性的な ものが 加味 統合 されて だねーっ かっこよく なって 安定して くる もの だから さーあーっとーねーっ

 

 

例えば 体格 とか はねーっ 女性 なら 筋力が つき 引き締まり ただ ふにゃふにゃ 柔らかく 華奢で 青白い だけの 女性的 に 偏り過ぎた 感じ から 中央に 寄って 来れる の さよなーっ

 

 

男性 なら 繊細さ 柔らかさ しなやかさ 軽さ 優しさ まろやかさ 丸さ 等 が 加味 統合 されて しっかりしてる が 柔軟性 が 高い バレリーナ の よーにーっ 優雅 でも あるとゆーよーなーあーっ 全体性 が バランス した 感じ に なっちゃって くるよーねーっ

 

 

例えば 男性 過ぎる と 女性性 に 強力な 磁石の よーに 引き寄せられ 吸い付かずには いられーんーっ なーあーっ 動き に しか ならなかった のもーんーっ 自己中に 安定 合体 した 男女一体化人形の ミニチュア 球体 オブジェ マスコット が 常時 ある よーなーあーっ エネルギー の 安定感 安心感 いつでも 受け入れ 支え 見守り 続けて くれる 相方が おるよーなーあーっ 安心感 力強さ リラックスして 落ち着いた 感じ が 保てる よーに なるのさねーっ 最高の女が 常に いて それは 自己中 に おる の でねっ いつか 裏切られ 飽きられ 去って行き 見捨てられる 見放される 突き放されるんじゃないのかあーっ 弱い所を みせたら 冷たくあしらわれたり 笑われたり 興冷めされたり 引かれたり するんじゃないのかあーっ などなどのよーおーっとーねーっ どのよーなーあーっ 心配も なしだーあーっ てことに なり切れちゃったり しててねーっ これはさあーっ もはやあーっ 無敵的 なあーっ 安心感 ゲット したあーいーっ てことに なれちゃう からねーっ

 

 

これは 女性も 全く 同じ だねーっ

 

 

何 は とも あれよっ

 

 

自己 に 無い と 信じこみ 外に 求め 置き続けよーと する ものは 自己中 に 否定 し 開発 しよーとしない エネルギー の 性質 状態 の こと だから なあーんーっだーあーってことーよーっ

 

 

やーあーっーほーいーよーんーっ

 

 

そーだーあーったーあーいーよーねーっ

 

 

ってことだけだったからねーっ

 

 

あるいは 男性 女性 だけでは なくて 年齢 とかも あるしさっ 何かに つけ 偏ってる こと は それ以外を 自己中に 認めず 開発せず って ところ の 意識 エネルギー の 性質 状態 ってな だけ の こっとーよ-おーいーねーっ

 

 

それを 自己中で まず 認め 許可し 開発 ゴー サイン で だねーっ 起動 させる こったーあーいーよーっ

 

 

これにより 外に 求めて 来た のが 何 で あれよーっ

 

 

全問 回答 済みっ

 

 

状態 の 安定 した 自己 に なり切れる よんーっ

 

 

もーっ 何 や 誰 何役 が いなけやーあーっ アウト だあーっ もーおーっ 絶体絶命 の 大ピンチ なのさあーいーよーっ などとゆーっ なっさけねえーっ ことにゃあーっ もーおーっ ならずに すみそーおーぃーんーっ

 

!?!

 

っぢゃーあーんーっかーあーよーっほーいーっとーなーあーうーぃーんーっ

 

 

よしゃあーっ

 

 

そりゃーあーっ いーよーなーあーうーんーっ

 

 

おっけーえーいーよーんーっ

 

 

ほいさーあーっ


 

まるだねっ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

heart-o

 

 

http://hearto.webcrow.jp/

 

 

blog 

 

http://heart-o-one.blogspot.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


45
最終更新日 : 2019-08-25 22:32:31

Welcome back home for all of me in this now moment ! / 今 たったのおーぃーんーっ この瞬間にあってさーねーっ 私のおーっ 全体生よーおーぃーんー

 Welcome back home for all of me in this now moment ! / 今 たったのおーぃーんーっ この瞬間にあってさーねーっ 私のおーっ 全体生よーおーぃーんーっ 唯一のおーっ 正真正銘のよーっ 実家 故郷 家 住まい 在処にさねーっ ようこそおーんーっ おかりなっさーあーいーねーえーっとーよーおーぃーんーっ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Welcome back home for all of me in this now moment

 

!

 

a message 

 

through

 

circle of light

 

!

 

http://mad.ly/signups/93653/join

 

aug-29-2019

 

http://www.circleoflight.net/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Come back Home, beloved ones. Come Home to the center of your being. Come Home to this experience of God, of the living, breathing truth of "Both/And," that both this endless and indivisible life is here as you AND I Am ever here to love you. I am here to bring you this awareness of receiving life and breath, receiving your identity directly, receiving your inheritance as the center of the living whole, as the heart of God that beats within My being.

 

From this place you are so full, so joyously provided for, so limitless in your depth and breadth and vision of Reality that nothing in the world can disturb you. Nothing can mar this peace. Nothing that passes before your eyes can take from you your assurance that only Love is Real and Love is what you live by as well as what you are.

  

 

 

 

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今 たったのおーぃーんーっ この瞬間にあってさーねーっ 私のおーっ 全体生よーおーぃーんーっ 唯一のおーっ 正真正銘のよーっ 実家 故郷 家 住まい 在処にさねーっ ようこそおーんーっ おかりなっさーあーいーねーえーっとーよーおーぃーんーっ

 

 

メッセージ

 

サークルオブライト

 

経由

 

 

http://mad.ly/signups/93653/join

 

201929

 

http://www.circleoflight.net/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上記 リンク 内容 一部 超訳 + α

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全存在 の 共通 の 唯一 の 出所 在処 故郷 は たった 一つ の 同じ さねーっ

 

 

そこに ある のは ただ の ある 純粋 エネルギー 存在観 でねっ これが グローバル どころぢゃないからねーっ 何から 何まで ひっくるめ 存在は 全て そこが 出所 つまり そこへ 帰還し 吸収され つまり 消滅 (した と 表現すれば そーだが 結局 そこへ もともと 存在 あるがまま の 完全 状態 へと 戻る しか ねーのさーあーっとーだねーっ!) ってこと だけ なーあーんーだーあーよーさーねーえーったーらーっはーあーぃーんーっ

 

 

そこに 個別 の 存在観 で ある と 同時に 意識 エネルギー を 全開 にし 統合 する こと も もちっ 可能 だっからさねーっ

 

 

そこで 観じられる のは 愛 とゆーっ エネルギー観 その機能 しかしか 所詮 存在し得ない ってーっ  真理 エネルギー 現実観 だけえーっ

 

 

っすっ


 

ほーらーいーんーっ

 

 

まるだねっ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

p.s.

 

!

 

 

 

 

平和 平安 安らかさあっ


 

とはねっ

 

 

何も 音の 無い 完璧な 静寂の 場所に 居続ける こと を 超越してっ


 

表面的 には 一見 大混乱 大騒音 大騒動 混沌 カオス の ど真ん中に あっても それに かき乱され得ぬ 研ぎ澄まされ切れちゃうんだねーっ 愛 という エネルギー の 安定 バランス 状態 に ある ってこと だけねっ


 

無の境地っ

 

 

とかって 言うことも あるよおーいーねーっ


 

あるよーに 感じられる 全てが 無きもの として 存在 意識 エネルギー の 核心 に おいて 究極的 には 全く 一切 作用 影響 しなーいーっ て 存在 の 究極的 現実観 から 切り離して 観じ切り 存在し切れちゃってる 状態 だねっ


 

これを 平和 と 言うーってかーあーいーなーあーっーとーよーおーぃーんーつ


 

騒動に 巻き込まれ切った 極限に ふーうーんーっ と 観じちゃい出し得るのかーあーもーねーっ 全て と 切り離し切った 安らぎ 生命 の 根源的 決して 損なわれ 傷つけられ 得ぬ 完璧に 守られ 切っちゃってる 存在 の 圧倒的 な 実体観 って もの さねーっ

 

 

そこにゃあーっ どんな 言葉 も 音 も 究極的には 不要でねっ つまり どんな 言葉 音 も 介入 し 傷つけ ゆがませ へこませ おいつめたり おいやったり おしだしたり する ことの 全く 歯が立たない 最終的 究極的 ただ一つ の 核心 現実 が あり それは そこに おいて 完全に 体験され切っちゃえる こと なのさねーっ

 

 

ってことで これは この 正反対 が ある から こそ この 最大 の 否定 が ある から こそ 体験され切る ことが 出来る の かもねっ

 

 

だって それだけ そればっかし だったら 体感が 創造 想像 できない もん よなーっ

 

 

それでない って もの エネルギー の 状態 を 頼りに そうである って もの エネルギー の 状態 は 初めて 体験 されてきちゃうーんーだーあーっかーらーさーあーっとねーつ

 

 

だから 一見 正反対 が それを 体験 させる のに 絶対に 必要 必需品 不可欠 だったあーのさーっ