閉じる


あとがき

あとがき

あとがき

  

  最後まで読んでくださり、有り難う御座います。

  

  「まえがき」にも書いたように、日本は進化論が世界で一番普及している国です。そしてその背景には、日本に聖書的な思想が入り込まないように神経をとがらせた、明治政府の思惑がありました。

  教育システムは進化論を無批判に教え、創造論についてはその存在さえもほとんどの人が知らないほど、この洗脳は成功しています。

  かくいう私も、人はサルから進化したと、何の疑いもなく信じ、聖書の世界を他の神話と同じおとぎ話と思っていました。

  

  そしてこの洗脳のもっとも恐ろしいところは、誰もがその土台にある「神はいない」という信仰を、いつのまにか無条件に受け入れさせられている点にあります。

  日本人に対する福音宣教が困難を極めている理由のひとつには、きっとこの進化論の普及があるのだと思います。

  

  また教会から離れるクリスチャンが多いのも、ひょっとしたらこの進化論の普及に理由があるのかも知れません。

  たとえ教会で聖書的な価値観を学んでも、会社や学校、またテレビやマスコミなどを通じて、いつでもどこでも大量にこの「神はいない」というメッセージを聞き続けたら、救いは放棄せずともいつの間にか信仰が冷めてしまうのかも知れません。

  

  そのような日本の状況を憂う思いから、日本人の救いと信仰者の理論武装のために、本書を執筆いたしました。

  「おことわり」にも書いたとおり、本書はkindleトラクトとして3か月に一度の無料配布をする予定です。内容にご賛同いただけた方は、ツイッターやブログでアナウンスしますので、その際には配布にご協力して下さると嬉しいです。

  

  また他のkindle本でも、Amazonやブログでの書評や、評価などをして下さり、ほんとうに有り難うございます。読んでくださる方々の反応があるので、著者としてやりがいと励ましを受け取っております。

  本書も評価を付けてくださると嬉しいです。

  

  特に本書の内容は、社会派リベラル派と呼ばれるクリスチャンからも、批判を受けやすい内容です。また、話しが複雑になりすぎるといけないので本書ではふれませんでしたが、ニューエイジ的な影響があると思われる「有神進化論(ゆうしんしんかろん)」を信じる人々の批判があるかも知れません。

  読者の皆さんが「聖書はすべて神の言葉」と信じるキリスト者で、本書の内容にご同意くださったのなら、簡単なもので結構ですので是非ともAmazonの書評欄にひとこと推薦のことばを頂ければとても有り難いです。

  

  他書とおなじように評価して下さっても直接のお礼のコメントは致しませんが、この場を借りて感謝申し上げます。

  

  読んでくださった方々の上に、主イエスの平安がありますように。

                                                                            モトイ・トクメイ