twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション 作者 飛鳥圭
価格 無料
タグ 詩集、愛の詩、さまよえる詩人、飛鳥圭
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

7 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 104ページ (Web閲覧)
123ページ (PDF)
評判
  • 0(平均0 / 0人)
ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
亡くなった最愛の人が久しぶりに帰ってくるとしたら、あなたはどうしますか?
何処へ帰ってくるのだろうか!遥か遠い未来からこの世に帰ってくるって想像もつかない。
けれど最後の言葉をかけていないから、今もずーと気にしてて心に重い記憶だけが残って
いたのである。・・だからなのか新たな恋が育たないと思い込んでしまっていた。
そんな理由から会えるなら今からでも会いたいと思うのである。
 ほんとうに・・ごうの深い妻である。
そんな想いを心に感じながら、数々の詩を書いていたのだから、著者自身はもちろん読者
の方々も果たしてどんな詩なのか気にかかるのではないかと勝手に考えているのである。
そしてこの詩集で、初めてその想いを感じたいと思うのである。
                             飛鳥 圭

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

 あまり記憶には薄いかもしれないが、とある地方の事件としてこんな記事が新聞に躍った。2017年7月、...

この本を開く

tovo が発行するポストカードサイズの小さなフリーペーパーです。311以降の青森県に住むごくごく普...
200円
絶景に出会える道の駅!“全国50選”

この本を開く

全国の道の駅巡りをしています。既に1000か所以上を訪問し、2014年5月に一応全国制覇を果たしたの...

この本を開く

人は神さまに逆らって色のついた羊を造りはじめる。やがて色の付いた羊はふえて、普通になり、名前も変わっ...

この本を開く

幼児向け絵本ですが、大人もどうぞ。ジンベエザメのジンベは海より広いのは何だろうと思いました。コバンザ...

もっとみる