目次
プロローグ
もくじ
渓流の鳥
初恋×2なの
山は山
風と雨と君と
夏の日に
花と話そう
そよ風
風と戯れて
まぼろし模様
色づく季節
夏の終わりに
遥か彼方
新しい日に
君と歩いた道
僕のファンタジア
今日から
忘れ物
思い出さなくても
最悪なこと
むかし、昔
好きな人
こんな日に
11月の詩
生きる
新しいこと
初めての
愛について
いつも考えている
明日へ
バイクに乗って
眠れないとき
感謝すること
愛と慈しみと
旅立ち
遠い国へ
輝く故郷
ちょっとしたこと
皆踊れ
希望の光
爛爛ラン
過ぎし日々へ
新たな未来へ
夢の花
大好きだった
別れと出会い
子どもたち
風と花たち
いつの日も
叱られて
丘にある家
終わりの日に
秋風とともに
違った靴
雨のち曇り
思いつき
懐かしきこと
久しぶりです
アルバムって
もう一度
十三夜
君の瞳
ゆっくりと
オレンジ色の風
sing a song
ひとりなら
いちにさんしい
歳を取るって
何をしましょう
はじめての
無駄な時間
駄目なことも
夕陽
今日の空色は
雪の道
待ち合わせ
行きつけの店
花咲く頃に
けじめ
春の雪景色
春風にふかれて
赤い色は
朝もやの日
別れの日
想い
経験
春を待つ花
花とkiss
はるか昔の
楽しいことって
空にむかって
今日から
雨の日
5月に想う
誘いの径
風に吹かれて
潮風のささやき
挑戦
学ぶこと
ハンディ
二十歳になった君へ
エピローグ
奥付
奥付

閉じる


プロローグ

プロローグ

 

 青い鳥って「幸せの鳥」的なイメージを小さな頃から持っていて、青い鳥を見つけるって難しい?
し・あ・わ・せには簡単になれないからそうなのかなあと思っていた。
 事実、僕の場合であるが、この歳になっても未だに青い鳥を見つけられていないのだ。

なのに幸せなのである。・・幸せの程度は人それぞれ、健康でない人には健康であれば幸せです

と多くの人たちがおっしゃるのだ。

だから青い鳥=幸せ・・だけじゃなく、青い鳥=日常の大切な事だと思うことにしている。
 小さな人生 光に満ちて いついつまでも・・天地真理さんが歌う「ミモザの花の咲く頃」の歌詞の

一部分であるが、僕はこのフレーズが大そう気に入っているのです。


 そしてこの小さな?些細な日頃の出来事の繰り返しである日常を過ごせることが幸せなのだと!
そんな訳で幸せを探そうよってことでわたしの青い鳥をタイトルに詩作をしてみようと思ったのです。

このタイトル?チルチルとミチルが幸せの青い鳥を探して旅に出る物語だったり、桜田淳子さんの

歌と同じタイトルのような気がしているのですが、でも完成すればこの詩集「わたしの青い鳥」は僕自身

の6作目となり、今年になって早くも4作品となります。

青い鳥たちは訪ねて下さった皆さんの幸せを心から願っているのです。
                                         飛鳥 圭

 


1
最終更新日 : 2018-06-15 15:09:40

もくじ

 もくじ 

 

Ⅰ:小さなしあわせ 

 *渓流の鳥・・3 

 *初恋×2なの・・4 

 *山は山・・5 

 *風と雨と君と・・6 

 *夏の日に・・7 

 *花と話そう・・8 

 *そよ風・・9 

 *風と戯れて・・10

 *まぼろし模様・・11 

 *色づく季節・・12

 ・・・・・・・・・・ 

 *夏の終わりに・・13

 *遥か彼方・・14

 *新しい日に・・15

 *君と歩いた道・・16

 *僕のファンタジア・・17

 *今日から・・18

 *忘れ物・・19

 *思い出さなくても・・20

 *最悪なこと・・21

 *むかし、昔・・22

 

Ⅱ 夢と現実

 *好きな人・・23

 *こんな日に・・24

 *11月の詩・・25

 *生きる・・26

 *新しいこと・・27

 *初めての・・28

 *愛について・・29

 *いつも考えている・・30

 *明日へ・・31

 *バイクに乗って・・32

 ・・・・・・・・・・

 *眠れないとき・・33

 *感謝すること・・34

 *愛と慈しみと・・35

 *旅立ち・・36

 *遠い国へ・・37

 *輝く故郷・・38

 *ちょっとしたこと・・39

 *皆踊れ・・40

 *希望の光・・41

 *爛爛ラン・・42

 

Ⅲ 恋の青鉛筆

 *過ぎし日々へ・・43

 *新たな未来・・44

 *夢の花・・45

 *大好きだった・・46

 *別れと出会い・・47

 *子どもたち・・48

 *風と花たち・・49

 *いつの日も・・50

 *叱られて・・51

 *丘にある家・・52

 ・・・・・・・・・・ 

 *終わりの日に・・53

 *秋風とともに・・54

 *違った靴・・55

 *雨のち曇り・・56

 *思いつき・・57

 *懐かしきこと・・58

 *久しぶりです・・59

 *アルバムって・・60

 *もう一度・・61

 *十三夜・・62

 

Ⅳ すみれ色した君へ

 *君の瞳・・63

 *ゆっくりと・・64

 *オレンジ色の風・・65

 *sing a song・・66

 *ひとりなら・・67

 *いちにさんしい・・68

 *歳を取るって・・69

 *何をしましょう・・70

 *はじめての・・71

 *無駄な時間・・72

 ・・・・・・・・・・・・

 *駄目なことも・・73

 *夕陽・・74

 *今日の空色は・・75

 *雪の道・・76

 *待ち合わせ・・77

 *行きつけの店・・78

 *花咲く頃に・・79

 *けじめ・・80

 *春の雪景色・・81

 *春風にふかれて・・82

 

Ⅴ 二人で歩く空

 *赤い色は・・83

 *朝もやの日・・84

 *別れの日・・85

 *想い・・86

 *経験・・87

 *春を待つ花・・88

 *花とkiss・・89

 *はるか昔の・・90

 *楽しいことって・・91

 *空にむかって・・92

 ・・・・・・・・・・

 *今日から・・93

 *雨の日・・94

 *5月に想う・・95

 *誘いの径・・96

 *風に吹かれて・・97

 *潮風のささやき・・98

 *挑戦・・99

 *学ぶこと・・100

 *ハンディ・・101

 *二十歳になった君へ・・102

                                         FINE


2
最終更新日 : 2018-06-16 16:45:26

渓流の鳥

-渓流の鳥-

 

青い翼をもった鳥

翼は青く輝き宝石のようだ

誰かが言った

幸せの青い鳥

 

カワセミであろうか

わたしは未だに実物を

この眼で見たことがない

だからだよ不幸なのは

 

そんなことないよ

夢の中では青い鳥を見ているんだ

でも夢の中だろう

 

そうだけど

じゃあ

探しに行くことにするよ

でもしあわせって

身近なところにあるのだけどね

 

じゃあ幸せってなあーに

五体満足で生きていること

 

それって当然だろうって

ほんとのことなのだが

些細なことが大切で

一番幸せなことなのだよ

 

美味しいものを食べれること

健康で元気であること

自分の好きなことができること

心の中ではとっくに

青い鳥を見つけているのだからね

ほんと・・感謝しなければ

 

 


3
最終更新日 : 2018-06-15 15:09:40

初恋×2なの

-初恋×2なの-

手がかるく
ふれ合う度に

心にまで
あなたへの想いが
募ってくる

二度めの
初恋みたい

瞳をじーと
見つめ合ってると
やはり初恋の気持ち

この心模様は
あの時と同じ

そっと
唇を重ねると
やっぱり
レモンの味がした

 


4
最終更新日 : 2018-06-15 15:09:41

山は山

-山は山-

山はやま・・
海はうみ

あるべき姿に
感激したり

山が海に
なることはない

海が山に
なることはない

無理なことは
無理なのです

だから山はやま
海はうみ

見るべくして
見てるから
美しい・・

ほんと
美しいのです
山も海も・・ 

 


5
最終更新日 : 2018-06-15 15:09:40


読者登録

飛鳥圭さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について