目次
はじめに
毒親は子どもの幸せ吸い取り機
愛のない親は大切にしてはいけない
毒親が子どもを精神的なゴミ置き場にする理由
自分の心が「毒親」と判定すれば100%毒親で良い
毒親を相手にできる時間は0.1秒もない
親への激しい憎悪を否定してはいけない
なぜ毒親は子どもをバカにしたいのか?
親を「殺したい」と思ったとき、どうするのか?
親を責めたい子どもの気持ちは愛の権利
毒親に愛を求めてはいけない
子どもを愛せないのは100%親の責任
毒親を怨む気持ちは当たり前
息苦しい人間関係の原因は親からの劣等感
毒親は不幸の発見器
他人の「親を許しなさい!」は無視
「どうせ親は捨てられない」と子どもをなめる毒親
毒親の人生を背負うと不幸になる
毒親を守る世間は敵で良い
なぜ毒親は幸せになれないのか?
どうすれば子どもは毒親にならないのか?
毒親から仕返しされたときの正しい対処
弱く愛のある子どもを狙う毒親
毒親育ちは「なにもかも上手くいかない」が当たり前
毒親問題で疲れきった子どもは早く死ぬ
子どもは何一つ悪くない
毒親は捨てなければならない
毒親は絶対に責任をとらない
毒親の末路
毒親との正しい戦い方
親に奪われた自尊心を取りもどす
なぜ子どもは毒親が幼児だと気づけないのか?
教育ママ的な毒親の末路
親は好きにならなくて良い
「私なんて生きていても意味がない」は毒親の洗脳
毒親から奪われた「心のよりどころ」のつくりかた
毒親は魂の犯罪者
親の呪いから覚める前に死んではいけない。
血縁関係に執着して不幸になる毒親
毒親は誰よりも弱い存在
毒親はあなたを見ていない
毒親とつきあう必要はない
毒親に期待してはいけない
毒親と縁が切れると幸せな人と縁がつながる
孤独になる決意が毒親問題を解決させる
親から愛されなかった寂しさは宝に変えられる
毒親がすぐ感情的になる理由
親からの「良い子評価」はいらない
毒親との戦いのあとは人間関係が楽になる
なぜ毒親と戦わなければならないのか?
毒親が世界を地獄にしている
あとがき
奥付
プロフィール
奥付

閉じる


<<最初から読む

53 / 54ページ

試し読みできます

プロフィール

プロフィール
 
本橋良太
1981年 東京都町田市生まれ。
 
25歳のときに死ぬ気もないのに「もう死ぬしかない!」と公園で3時間くらい大泣きをする。その理由は本気で「だって皆がやさしくないんだもん」であった。
 
しかし考えてみれば「自分がやさしくないのが原因かも」と当たり前の問題に気づき、死ぬ気のなかった自殺を思いとどまる。
 
郵便局で出会った恩師二人に大真面目で「やさしくなるには、どうすれば良いのですか?」的な質問をぶつける。
 
一人の恩師は「本をたくさん読むことだよ」と教えてくれた。
 
もう一人の恩師は、なにも語らず言葉よりも行動の大切さを教えてくれた。
 
恩師に励まされ「やさしく生きればやさしくされる」という完全に見返りの求める動機ではあったが、10年かけて本を1万冊以上読む。
 
勉強のなかで人の幸せの根源は心と家庭が調和していなければ決して得られないことに気づく。
とくに毒親問題は自身の体験から家庭と心を破壊し、世界を不幸せにすると断定。
 
その結果「こんなこと書いたら、世間にすごく怒られるのではないか?」とビクビクするも、妻に「私と世間、どっちをとるの?」と脅され処女作「毒親に殺される」が生まれる。感情的になると、快・不快の判断だけになる妻が世間よりも怖かった利点が発揮された証である。
 
小学校のとき作文「おかあさんにおこられた」で表彰される。その30年後に「毒親に殺される」では「まったく成長していないのではないか?」という疑問が残るも、寝るまえの日本酒で誤魔化す日常をおくっている。犬好き。
 
美容師・郵便局・経理・牛乳配達・専業主夫・ライターを経て、カウンセラー兼作家に勤しむ毎日をおくっている。
 
 【ブログ】
・ココロと家庭の119番:http://shanti2003.hatenablog.com/
 【YouTube】
家庭・毒親問題について動画を更新中
 
 
 

試し読みできます

奥付

 

毒親に殺される ~毒親の正しい捨て方~

心の処方箋




著者 : 本橋良太
編集協力:本橋秀子

 
©2018年本橋良太

試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格500円(税込)

読者登録

本橋良太さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について