twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格500円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション ノンフィクション , ホラー・オカルト 作者 街堂典彦
価格 500円(税込)
タグ 陰謀論カニバリズムテクノロジー犯罪新世界秩序秘密結社情報操作マインドコントロールタブーマスコミ波動人工地震霊性性的倒錯特権階級政治精神世界人喰い族社会問題宇宙格差問題差別イルミナティフリーメイソン陰謀経済人喰い人種宗教監視社会科学
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

0 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 23ページ (Web閲覧)
47ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
世の中に蔓延る「違和感」、「暗黙のルール」、「タブー」……。そこに介在する何らかの意思を感じたことはないでしょうか?
暗黙のうちに世界をある一部の人間にとって都合の良い方向性の秩序で支配する。そういう組織が存在する可能性は昔から指摘されてきましたが、その多くが不発に終わってきました。何故なら、そう簡単に見つかるような存在が黒幕なら、真に闇の支配者たり得ないからです。
しかし、著者・街堂典彦はそうしたタブーのベールに包まれた謎を一つ一つ紐解き、そして全く新しい可能性にたどり着きました。「カニバリスト」……人肉食を楽しむシリアル・キラーたちの秘密クラブこそが、裏社会に多大な影響を及ぼしている、そんなあまりにも意外でにわかにも信じがたい「真実」。本書は、その結論に至った根拠と、支配層の実態、そして裏からの支配からいかに解放されるかを記したものです。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧