閉じる


<<最初から読む

1 / 26ページ

試し読みできます

⚫️大和山の神仏観

 本日は信徒の方々も各地から多数見えておられ、古い信徒の方も多数おります。古い方々は以前から、私の説明する話を聞いておるはずです。ところがこの大和山大神について、意外に理解がない。よく覚えていない方が多いようです。 

 せめて、大和山の神仏については、座談会なりまた月例会の場で、知らない信徒の方にお話してもらいたい。

  このことについては、わかっている方もおりましょうが、今一度お話しいたします。

 では、大和大和大神永遠どんな神か、またこのことをよく知らないと誠に困る。なぜ困るかと言うと、新しい信徒がよく聞きに来る。

  「今までの神さまは知っているから」、あるいは「大和山の神さまを信仰すると、今までの神様や仏様に怒られるのではないか」と言う、愚問に近いことを言って来る。

  このような信徒の方は、大和山大神を理解していない。こういう初歩は、先輩の信徒の方が、しっかり頭にいよう入れておき、後から入信する方々に説明してもらいたい。

  大和山大神とは、ただ一柱の神ではなく、ハ百万全ての神の総称であり、今まで信仰している神仏も含まれている訳です。

  すなわち、例えると大きな組織で、大和山株式会社というようなものです。大和山大神のこの大和と言う言葉は、日本(やまと)という意味にもなります。これは後で気が付いたのですが、実に深い意味を持っています。

  先般ある信徒に霊感で「カムヤマトイワネヒコノミコト」とあった。これは何のミコトか、私も聞いたことがないので、辞典を調べた。

  すると、「カムヤマトイワネヒコノミコト」というのは、神武天皇のことです。漢な字に直すとカムとは「神」で、ヤマトとは「大和」のことです。イワネとは、「岩根」です。つまり土の下が大和山の場合、岩の根が張っている所の命という名前だ。

  それが神武天皇の諡名で、昔はこう呼んでいた。つまり神武天皇のことを「カムヤマトイワネヒコノミコト」と呼んでいた。こういうと語弊がありますが、大和とは「カムヤマ」と言う神武天皇の名前が付き深く関連するのがこの大和山であると考えたらよろしい。

  今言う通り、大和山大神とは、正神の一団体としてのハ百万の正神を総称している。これからの宗教として世に現れれるのが、大和山という名を持ったものであるという意味です。

  他に賤神(せんしん)、邪神があります。

  この「ヤマト」とは、日本、大和と言うことにもなります。それでハ百万神を総称し、菩薩や観音と言う仏が含まれる。死んだ人間の仏ではなく、阿弥陀如来や何々観音とか呼ばれる、今まで信仰して来た仏さまも入っている。

  この仏は我々人間が死んで霊界に逝くと、仏神界で人間の御魂を色々取り扱っている。

  その数は膨大で皆さんが考えている規模ではない。それは最高部の神仏であり、全部で三十三万三千三百三十三仏と云う数の仏神があり、それらの仏神が天照大神のご命令により、仏神界では幽界の守り神、支配の神になっている。

  何れの仏神も神界に帰ると、仏は何々の命、何々の大神と呼ばれる。呼び方は違うが神仏は同一であり、大和山では神道でありながら、先祖の慰霊供養をするのは仏の神も含まれているからです。

  大和山ではこの慰霊供養の為、毎日たくさんの手紙が届きますが、依頼者の病気や色々な相談事が、先祖の慰霊供養をすると、不思議にこの病気や相談事が奇跡的に良くなる。

  なお、人間ばかりではなく、牛馬犬猫までもが病気が治る。羊が大病だ。獣医が幾ら手当てしても治らないものがこの動物関係の供養をしてやると、不思議に助かる例が幾らでもあります。

  この点からしても、如何に大和山大神が偉大な力を持っている神か、理解いただけると思います。

  ハ百万の神がいらっしゃるのですから、病院でいうならば、外科、内科、眼科、婦人科、その他何でもある。そして、代表が院長になる訳です。それだけの力のある神だと、しっかり頭に叩き込んで、新しい信徒の方に説明して下さい。また自分もそんな素晴らしい神を信じているのだと、信念を持って下さい。

  慰霊では皆さんが先祖代々ノ仏と書いていますが、よく調べて、その都度苦しんでいる仏を、大和山では一杯のお茶を差し上げるような功徳ですが、その一杯のお茶を差し上げるつもりで慰霊して上げる。 先祖があっての我々子孫があるのですから、先祖の仏を尊び、慰霊するようにしなければなりません。  

  長いお経を上げたから効くのではなく、大和山の慰霊の功徳を現実に見ているのですから、大和山の信仰に迷わず信念を持ち続けた方が、十中八、、九死の際には大往生を遂げたのを、皆さんよく考えてください。

  大往生を遂げたくても、そう簡単にできるものではありません。大和山信徒には、普通の人が苦しむような大病に罹っても、最後には眠るが如き大往生を遂げた例が幾らでもある。

  それも大和山は神仏両用を司るから、真の力があるのだと理解しなければなりません。

  現在でも大和山では、慰霊をして奇跡が現れた例が、数多くある。そのような体験談に、変に不審を抱く人もいます。ですが、事実は事実です。そんな人はいま一歩進んで、この大和山を信じる心構えを新たにしなければなりません。

  また同じ信徒の方に自分の知ってる範囲で構いませんから、大和山の事を説明していただきたい。分からない事を説明しろというのではなく、自分の分かる範囲で構いませんので、教えていただきたい。また何でも本部に伺えばいいという態度ではいけません。また幾ら伺っても、幾ら慰霊しても、その人の心次第です。つまり神はその人の心と行いを見ている。だから伺っても同じ結果はでない。伺わなくても心掛けのいい人は、万事良きように取り計らっています。

  何でも分からない事、困る事は全て神さまに伺えば、全部解決すると思うのはもっての他です。


試し読みできます

⚫️教徒と信徒の心得

  なお、信者も明確には教徒と信徒と分けています。正規の維持費を納めた人を教徒、家族を信徒と区別し、教徒、信徒の区別なく、誰でもお伺いできるようになっています。

  ところが家族が結婚して、家から出ていく。他家に行っても、信徒だと言う人がいます。それは家族と別になっても自分は拝んでいる、伺っているから信じているという意味なのでしょうが、それは間違いです。そんな人は普段、一向に手紙もよこさなければ、参山にも来ない。それで困った時だけ、信徒ですと手紙で伺って来る人が大半であります。どこの信徒かと聞くと、実は家族が教徒ですと言う人が、先日も参山して来ておりました。

  その女の方は、産後気が触れ大変暴れた。その際、お山に平癒祈願をお願いして、すっかり治りました。そのお礼に遅くなりましたが、本日参りました、と言う。

  それは大変結構な事です。その後、この人が他家に嫁いでいるのが、分かりました。それなら嫁ぎ先が信仰しているかというと、全然していませんし、実家が信仰しているだけで、自分はしていない。またよくある話で、大和山で働いている女の人がいると聞くと、教祖や本部に手紙を寄こさず、その人に手紙をやり、あれこれと伺いを頼む人がいます。

  なるほど本人同士が面識のある親せき、知人なら案外平気かも知れませんが、信仰はそんな態度ではダメです。その女の人に二回目に来た時は、本人が直接伺いなさい。本人が信徒にならなければ、伺いはできないよ、と諭しましたら、今度は家族と揃ってお参り来ました。どうも嫁ぎ先は大和山を信仰してくれない。だから家族とお参りに来た。信仰は自由ですから、強制はできません。しかし、本人が願って救われるためには、自分が嫁ぎ先で教徒になるしかありません。他家に嫁ぐ前は、自分の家では信徒です。でも、私は信徒ですと言っても、真剣に信仰していない人が多い。

  拝むだけ、ただ頼むだけの拝む時だけ信徒であるという考え方ではいけません。皆さんの中にも、子供が嫁いでいる方もありましょうが、やはり離れた以上、子供は教徒となり、信仰しなければなりません。

  そうでなければ神の覚えが悪い。いざ困ってから初めて熱心になる。しかもその時だけ御利益を望む人ばかりです。そういう態度では、最後は救われません。

  家族の誰が信仰していようとも、一家の誰が信仰していても、その一家にいる間は構わないが、分家し独立する人、他家の嫁、婿になった人は、今度は新たに教徒になる。くれぐれも注意しておきますが、こんな人がよくいます。「娘がどこが悪い。身体のここが動きません」

「じゃあ家にいるのか?」

「いいえ。嫁に行き、もう子供が何人もいます」

  こんな事を言ってくる人がいます。それではいけませんので、注意しておきます。


試し読みできます

大和松風の特異性

 今回一部信徒の方に配布していた教祖の教話を一般にも公開する意味で、電子ブックとして刊行することとした。初心者でも理解できるように、解説も新たに書き下ろした。

  なぜ刊行するか、それは教祖の予言がいよいよ実現する時期が近いとの判断による。

  松緑神道大和山教団の教祖大和松風(田澤清四郎)は、大正ハ年青森県東津軽群平内町外童子山で月の神の啓示を受け、病気治しを始め、人々の救済を始めた。病気治しの結果、人の救済は魂の救済にあると、神の教えの降下を願うようになる。

  ついに十三歳の次女松蝶(都美子)が読めない漢字が見えると言い出し、娘を通じて教典の降下が始まる。九ヵ年に及ぶ教典の研鑽を続け、昭和五年、人類救済の理想の下、松緑神道大和山会として発足し布教を始める。津軽地方を契機として、北海道に教勢を伸ばした。戦前第ニ次世界大戦勃発、日米開戦、終戦まで予言した。 戦後、朝鮮戦争で日本が再起を始めると予言、的中させた。松風の悲願は、この世に悪がはびこる限り真の平和な世の中は到来しない。真の神の理想郷の到来には、魔を亡滅させるしかない。そのためには、この世で人に憑き悪を行う魔を、憑く人と共に滅ぼす以外方法はない。そのため、世界規模の大災害が起こる。そして世界の人口は三分の一に激減する。それが大立替である。その時松風自ら陣頭指揮を執る。それまで生き通すと、それまでは百十五歳までかかると予言した。だが昭和四十一年八十四歳で生涯を終えた。

  松風は教典では、神界から降下した大神の御魂とある。宇宙最高界の神命により、人類救済のため遣わされた神であると明記されている。松風が我々人間と違うのは、現世で奇跡を起こすことにある。

  昭和五年大和山会発足の一年前に刊行された機関『永遠の燈火』の体験談には、松風が夢、現実に現れ、奇跡を起こした体験が数多く掲載されている。僅かの発行部数にも関わらず、発会式典当日、五百人を超える信徒が参集したのは、そのためである。

  松風が常人と異なる証拠がある。それは信徒各自に配布した、松風のお手形は奇跡を起こし、津軽では手の平の神さまとして信仰されていたことからも解る。

    松風が風雨を自在に操った話として、戦前のある夏、干ばつのため農作物が全滅すると津軽地方の信徒から泣きつかれ、松風は門人小野寺涛風(繁)を連れ、聖地奥宮に行き、祝詞を奏上し、ご神水山吹の水をご神体に散布して帰路についた。その間僅か十分少々。途中、小野寺は背後の音にふり返り、仰天する。自分の背後が土砂降りの雨なのだ。小屋に戻ると、途端に一帯土砂降りの雨となり、雨雲はどことなく、立ち去った。翌日その信徒から雨が降った、とのお礼の電報が届いた。

  また同門人の体験だが、松風の北海道布教の随行に赴き、ある支部長から家内が一年以上病で床に伏していると相談を受けた。松風は部屋を見渡し、この掛け軸の絵に呪いが込められていると、絵の奥に隠されている絵柄を指摘した。そして呪いを封ずると、一間離れた場所から気合いを放つと、掛け軸は真二つに裂けた。松風からこの掛け軸を近くの川に流すようにと言われ、小野寺はその掛け軸を持つ手が震えたと言う。

  一カ月後、布教を終え北海道を一回りし、元の支部のある駅に降りた。すると、ホームで一人の婦人が松風の姿を見つけ駆け寄ると、松風の手を握り締め、涙を流す。その婦人こそ一年以上床に伏していた、あの支部長夫人であった。

  次に松風が紛れもなく大神の御魂であるのを紹介しよう。


試し読みできます

奇跡を起こす松風

  松風が大神と考えれるのは、写真でも分かる。松風の写真は本部、各支部の神前に飾っているが、この写真の目がどこから見ても、自分の方を向いている。信じられない人は、機会があれば本部、支部の神前で試すといい。本当かどうか分かる。

  大和山の場合、こういう奇跡は珍しくない。神の実在を体験した信徒は無数いる。奇跡は神だから起こして当たり前というのが、当然の考え方である。写真を飾ったら奇跡が起こったという報告は幾らでもある。

  これは松風が神であり、神は本来霊であり、現界では姿を見ることはできないが、松風は肉体の中に降った神だから姿を見ることができる。現世に神が現れた以上、奇跡が起こるのは当然である。こう考えると何の不思議はない。

  松風は自分が大神である証拠を、幾つも境内に残している。松風は自分が大神だとは、周囲の人たちに言明しなかったが、残した遺物から伺うことができる。松風自作の便所があるが、ここで用を足すと、下の病気が治ると言われた。今でも信徒はこのされて便所で用を足し救いに預かっている。

  もう一つは『桃太郎石』である。川から上がった、真ん中に穴が開いた丸い岩だが、この岩に子供を入れて

祈願すると、病気もせず、丈夫に育つと定めた岩である。子供が丈夫に育つと定めた岩だが、今では子供が授かる岩として信仰を集めている。

  松風はこれらの物を作るに当たり、「貴人の発する言葉はそのまま現実のものとなる」と述べた。だが、これは自分が大神なのをあからさまにしないだけで、自分では自覚していた。

  大神の座にあるから、常人には不可能なことも、実現可能だ。

  大神だから可能なのは、松風手作りの箸からも伺える。

  これは食事用の箸ではない。食ベ物を摘む箸ではなく、病気を摘む箸である。松風手作りの箸は、十組余り現存する。この箸で患部を摘む真似をすると、実際に引っ張られる感触が分かる人がいる。悪い箇所が摘めるから驚きだ。打撲の箇所はその場所を摘まむと、本当に良くなるから否定の仕様がない。

  常識では考えられないことを、松風はやっている。これは松風が大神だと、自ら自覚しているからなせる業である。松風が大神の御魂なのは、教典に記されている。実際、松風がそう自覚させられることが、身辺で起こる。大正ハ年、松風は月の神の啓示から、神使えの身になった。その時病気治しに来ていた千田きよのが神憑かりとなり、松風に使えるようになった。そのことからも分かる。

  神憑かりで、神はこの女を松風に授けるから自由に使うがいいとは約束する。松風はその気だったが、承知しないのは当の本人である。

  きよのは松風と別れ、自分の道を行こうとする。だが神から「勝手にするなら、縁を切る」と言い渡され、 断念する。きよのは神からすれば、松風の道具にしかすぎない。

 神にすれば言う通りにしなければ、切るだけである。 

  きよのは神からの厳命に、従うしかなかった。こうしてきよのは、松風に使えた。きよのはしばしば神憑かりになり、神界の実像を伝えた。きよのが伝える神界の模様は、あたかも実況中継そのままだった。

 こうして神秘に包まれた神界が、きよのを通じて明かされて行く。神界の実像は掟により、現界では明かされることはなかった。過去この掟を破ると、厳しい咎を受けた。だが松風だけは、例外として許されたのも神界では高い位の神だからに他ならない。

  きよのの神憑かりを通じて、松風は自分の扱いが神界では高位の神であると直感で気付いた。自分が普通の御魂ではない。こう察した松風は、自分が現世に来た訳を考えた。その結果、神界から立替のため派遣されて来たと、結論付けた。

 自分の思い込みによる結論ではなく、周囲の状況が松風を追い込んだに過ぎない。


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格770円(税込)

読者登録

白川龍一郎さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について