目次
はじめに
目次
第1章 自分に自信がなくても、大丈夫。
1.安定・生きがい・豊かさ・・・将来に何を求めるか
2‐1.「どうせ何の才能もないし」それ本当?
2‐2.「どうせ何の才能もないし」それ本当?(続き)
3.人と比べても何も解決しない
第2章 どっちの道へ進めば、幸せになれるんだろう?
4.“やりたいこと”と“やれること(やるべきこと)”、どっちを選ぼう?
5‐1.周囲の賛成・反対は何の基準にもならない
5‐2.周囲の賛成・反対は何の基準にもならない(続き)
6.『何を得られるか』ではなく『何を与えるか』に視点を切り替えると、変化が起こる
第3章 意欲を持ち続ける人には、何度でもあらゆる扉が開く
7.一度チャンスを逃しても気にしない、引きずらない、1つのルートに固執しない!
8‐1.熟れた美味しい果実を手に入れるのは、どちらの青年?
8‐2.熟れた美味しい果実を手に入れるのは、どちらの青年?(続き)
9.責任と覚悟を持つのならば、どの道を行ってもいい
10.“何を”するかに縛られ過ぎると、何もできなくなる!
11.まずはミニリストをつくってみよう
12‐1.起こってもいない結果をあれこれ心配しない
12‐2.起こってもいない結果をあれこれ心配しない(続き)
おわりに
おわりに

閉じる


第2章 どっちの道へ進めば、幸せになれるんだろう?

4.“やりたいこと”と“やれること(やるべきこと)”、どっちを選ぼう?

 これは私自身、10代の頃からずっと悩んでいたことです。

 

 私の話になってしまい恐縮ですが、大学を出たあと、興味のない会社や職種でもいいから一応“就職”するか、それとも夢を諦めずに勉強を続けるか、本当に日々グルグル考え続け、相当悩みました。

 

 そして結局、私は『やりたいこと』を取りました。20代で脳も体も若いうちに、できることに挑戦してみよう、やりたいことをやっておこう!と資格取得のための勉強やボランティア活動、執筆活動を始めました。

 理解を示してくれた家族には本当に感謝してもしきれません。

 

 まだ若輩者ではありますが、私なりに行きついた答えは、どの道も間違いではなく、正解もないということです。どんな結果でも、自分が納得して選んだ道ならば、後悔はしません。自分の選択を信じて、前だけを見て歩む以外にありません。

 

 一度就職したものの、何らかの事情で1、2年で辞める若者も、最近では急増しています。

 

 上司のパワハラやセクハラ、あまりの過労にうつ病になって自殺する人のニュースも目にするようになりました。そういう現状を見ると、「世間の常識?とりあえず就職したら安心?何それ」と、思わず冷めた気持ちになってしまいます。

 

 どんな結果を招くことになろうと、選ぶのはあなた自身です。『やりたいこと』と『やれること』が一致するなら何も問題はなし。でも一致しないのならば、覚悟をもって選択するしかありません。

 これはあなた自身にしか、決められないことです。


5‐1.周囲の賛成・反対は何の基準にもならない

 あなたがやりたいことに対して、頭ごなしに反対し、批判的に責めてくる人はいませんか?

 

「そんな仕事じゃ食べていけないと思うよ」

「あなたにはちょっと難しいんじゃない?」

「絶対に無理だよ」

 

 夢を追い始めると、このような【余計なお世話発言】をする人が数多く出現します。

 

 親や兄弟、育った環境、人間関係、性格、考え方などは、それぞれみんな違います。

 もっと言えば、理想の職場や収入、パートナーなど、幸せの基準も一人ひとり細かく違うはずです。

 

 月収20万円が少なすぎて不満だと考える人もいれば、「20万ももらえるなんてなんて有り難いんだ。生活が成り立つだけで十分満足。幸せだ」と思う人もいます。

 

 批判をしてくる人々は、自分の主観や人生経験をもとに口出ししているだけで、この世のすべてを知っている神さまではありません。でも彼らの口ぶりは、あたかも自分の経験や知識からくる答えはすべて正しいかのようです。それが相手にとっても正しいかどうかは分からないのに…。

 

 彼らが自分の物差しを持っているように、私たちもまた、自分の物差しで人生を考えて良いのです(それを人に振りかざさない限り)。

 

 なぜなら、これまで歩んできた人生はそれぞれが全く違うもので、得た考え方や価値観も異なるはずだからです。


5‐2.周囲の賛成・反対は何の基準にもならない(続き)

「あなたのためを思って言っているんだ」

「間違った道に行かせたくないから」

というセリフは、一見もっともらしい言い分です。

 

 きっと自分の価値観にそぐわないことは、都合が悪いのでしょう。

 自分が納得できるように修正したくなるのでしょう。諭したくなるのでしょう。

 

 本当にあなたのためを思って言ってくれているのか、それともただの自己満足のために(あなたを思い通りに動かすために)批判してくるのか、相手をよく見る必要があります。

 

 なぜなら、時には的確なアドバイスをしてくれる友人や大人も、世の中には存在するからです。

 ただ【相手の話に振り回されること】と、【意見に耳を傾けること】は全然違います。

 

 賛成意見だろうと反対意見だろうと、もし相手の言葉にあなたが心から納得できて、参考にできそうだなと思ったら、もちろんそれを受け入れていい。むしろ尊敬できる人の意見であれば、受け入れたほうがうまくいくこともあります。

 相手の言葉を受け入れるか受け入れないかは、あなた次第です。

 

 ただ、あとでうまくいかなくて後悔したときに、その人に責任転嫁しないように気をつけましょう。

 人の意見を取り入れた場合、いざというとき責任転嫁しやすいという難点があります。

 

 よほど信頼できて尊敬もできる相手でない限りは、『人の物差しほど当てにならないものはない』と、肝に銘じておいたほうが良いでしょう。

 

 どちらにしろ相手から「こうしたいと思ってるんだけど」「これを目指してみようかな」と言われたら、素直に応援して明るい言葉をかけてあげたほうが、自分も相手も絶対に気持ちいいですよね。やってみなければ何も分からないし、やらずに後悔するよりも、やって後悔したほうがいいと言うじゃありませんか。

 

「いいですね。応援しますよ!頑張ってください」

 この言葉でより良い関係が築けるのです。批判したり反対したところで、何も生まれません。気まずい空気が漂うだけです。


6.『何を得られるか』ではなく『何を与えるか』に視点を切り替えると、変化が起こる

 実は私たちは何かをしてもらうよりも、何かを与えて相手の喜ぶ顔を見るほうが断然幸せだったりします。

 

 友だちや親や恋人が、自分のあげたプレゼントをすごく喜んでくれたら、心が満たされてホクホクした気持ちになりますよね?「あげて良かった!また何か、もっといいものをあげたいな」と思いますよね。

 

 将来を考える上でも、その考え方をするとワクワクした気持ちで進路を選ぶことができると思います。

 

「何を得られるか」と受け身で考えると、積極的・自主的になれないし、何でも人任せになってしまいます。実際に得たものが少しでも期待外れだと「けっ、こんなものか」とふてくされてしまったり、もっといいものが自分の元に来るのをただ待つことになったり…。自分にとって損です。

 

「さあ、あんたは何をくれるんだ?」では、上から目線で感じも悪いし、印象も良くありません。

 

 そうではなく、『何を与えられるか』に視点を切り替えると、世界が一変します。

 プレゼントを配る立場になってみると、姿勢が自然と前向きになりますよ。

 

「この知識を身につけたら、どれだけ多くの人の役に立てるだろう」

「自分がこんなことをしたら、きっとたくさんの人の力になれるはずだ」

「ここで身につけたことを活用して、世の中に貢献しよう」

 

 どれだけの人を喜ばせることができるか、どれだけ役に立てるか。こんな小さな自分でも何か素晴らしいことができるかもしれない…。そう考えただけでウキウキ・ワクワクしてきます。

 

 誰かを幸せにできると思えば、フットワークも軽くなるし、周囲からは感謝されて良いことだらけです。